ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年12月17日

カラオケ日記12月16日

 途中からもう一人加わるいつものフリータイムカラオケ。変な選曲や記号?は気にしない(汗。表になっていないのは、最初mixiに上げたものを転載したから。
 録音もしたけど、たまに行くだけだと下手になってどうしようもない。ベルトのないルースな格好だから腹に力が入らないし、携帯吸入器が故障だから喉が渇いて咳き込みそうになるし(汗。

ゆ〜坊新松戸店7号室 12:10〜17:55

独りタイム
平原綾香    なごり雪(初)      イルカ曲カバー
       秋桜(初)         山口百恵曲カバー
中森明菜    DESIRE−情熱−(ハウスバージョン)(初)    
荻野目洋子    扉はミラクル(初)     アルバム「Knock on my Door」より
       KNOCK ON MY DOOR(初)     〃
       ANGEL EYES(初)      〃
       Yes, it's me(初)     〃
       Type:B(初)        〃
       JULIA(初)        〃
       BEAT GOES ON(初)     〃
       きれいになりたい(初)     〃
       Birthday(初)       〃
愛内里菜    I can't stop my love for you?(ハウスバージョン)(初)    
浜崎あゆみ    Jewel(初)        新曲
DEF.DIVAと楽天イーグルス応援隊     LET'S GO 楽天イーグルス(初)     楽天応援歌
かないみか     陽春のパッセージ(初)     田中陽子曲カバー
矢野顕子     春咲小紅(初)    
桜田淳子    しあわせ芝居(初)    
ピンクレディー     ジパング(初)    
小沢なつき     きれい?(初)     「花のアスカ組」挿入歌
斉藤由貴     ガラスの天球儀(初)     アルバム「age」より
       In my house(初)     〃
       Christmas Night(初)     〃
松田聖子    Blue Christmas
        I'll fall in love(初)    
本田美奈子.新世界(初)        原曲ドヴォルジャーク
浜崎あゆみ    Jewel           今日2回目(笑
       BLUE BIRD

二人タイム
GT    島倉千代子     人生いろいろ    干1
優    ジュディ・オング     惑いの午後(初)    
GT    ゆず        恋の歌謡日
優    しまざき由理     面影(初)     「Gメン'75」ED
GT    中村中       友達の詩    GIDを公表した歌手
優    倉田まり子      グラジュエイション(初)    
GT    いしだあゆみ    あなたならどうする    干全
優    荻野目洋子     恋にアクセス(初)     アルバム「Knock on my Door」より
GT    三橋美智也     哀愁列車    干2
優    長山洋子      ユア・マイ・ラヴ(初)    
GT    太田裕美      さらばシベリア鉄道
優    大西結花    チャンスは一度だけ 〜TAKE A CHANCE〜(初)     「スケバン刑事III」挿入歌
GT    小林旭       昔の名前で出ています
優    渡辺美奈代     抱いてあげる(初)    
GT    水前寺清子     ありがとうの歌
優    森川美穂      おんなになあれ(初)    
GT    WHAM!        Last Christmas
優    ゆうゆ    もう一度ピーターパン(初)     アニメ「ピーターパン」
GT    荒井由実    ルージュの伝言 ↑曲と類似リズムで選曲
優    早坂好恵    カモン!カラオケ(初)     アニメ「カラオケ戦士マイク次郎」
GT    MAHO堂    DANCE! おジャ魔女
    アニメ「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」
優    小倉優子     胸のRingtone.....(初)    
GT    嘉門達男    ユカイなモッコリ
優    バブル青田    ジーザス
GT    STEPPENWOLF    ワイルドで行こう
優    熊田曜子    Always(初)     デビュー曲
GT    BEN E.KING    STAND BY ME
優    中川翔子    Brilliant Dream(初)     アニメ「吉宗」
GT    小倉優子    オトコのコ オンナのコ    干リフ
優    松田聖子    奇蹟の起る夜
GT    Del Shanon    悲しき街角
    Peter, Paul & Mary    Blowin' in the Wind    
優    中山美穂    遠い街のどこかで…    
GT    ?      I've Never Been To
優    岩崎宏美    聖母たちのララバイ
GT    山口百恵    いい日旅立ち
優♀/GT♂    長山洋子/新藤栄作    新宿たずね人(新宿干され人)    干
GT♂/優♀    中澤優子/高山厳    お台場ムーンライトセレナーデ
posted by 水野優 at 15:17| Comment(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

カラオケ日記9月9日

 帰省時のカラオケ日記をこのブログへもどした。
'06/9/9/土 11:00-14:05 with 弟
カラオケルーム D Kick(ディーキック)(神戸) 402号室 BB Cyber DAM
アーティスト名
曲名
タイアップ等
中森明菜
花よ踊れ
パチンコ中森明菜
安倍なつみ
ザ・ストレス 森高千里曲カバー
バブル青田
ジーザス
弟好きのTKプロデュース
松田聖子
bless you
bless you
鈴木亜美
Alright!
Alright!(DVD付)

Like a Love?
Like a Love?(DVD付)
浜崎あゆみ
BLUE BIRD
BLUE BIRD(DVD付A)

Dolls
アルバム「rainbow」

Close to you

生稲晃子
麦わらでダンス
弟がベスト盤購入
愛内里菜
Dream×Dream
映画「名探偵コナン」
深田恭子
桜の園
アルバム「moon」
小倉優子
だいじょうぶ…
フルーchu タルト (DVD付初回製造盤)アルバム「フルーchuタルト」
華原朋美
I BELIEVE(album earth mix)
アルバム「LOVE BRACE」

A Broken Wing
アルバム「one fine day」
ユンナ
タッチ
映画「タッチ」
玉置成実
Get Wild
TM Network曲カバー
北出菜奈
ムーンライト伝説
DALI曲カバー

 やはりTK曲だからかジーザスが思ったより高く、聖子を3曲目にすべきだった。これが後々響き、最後で朋ちゃんのone fine day歌い潰しの予定を、急遽カバー曲に逃げ(汗。それでもあゆのrainbowはこれでやっと完唱となった。
posted by 水野優 at 13:33| Comment(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

カラオケ日記6/10

 昨日は、帰省でもブログ会社のメンテでもないのに、1年ぶりくらいに記事を投稿できなかった。一昨日から昨日のカラオケへ向けておさらいしていたからで (汗、昨日予定の「水野優の窮境のチェス」は来週に順延、今日はスターデジオを休んでそのカラオケ報告とする(汗。


'06/6/10/土 12:00-13:00(GT登場)-13:05(GT歌唱開始)-17:00
カラオケゆー坊 新松戸店 4号室 UGA

 なかなか月1ペースにもどせない3か月ぶりのカラオケはGTちとは1年3か月ぶり。たいてい14時くらいに登場だが意外と早かったので独りタイムは以下 の14曲。ほぼ終わった浅香唯歌い潰しの続きで荻野目洋子のアルバムに挑もうとしていたが準備不足で断念して、オリジナルアレンジ曲に逃げた(汗。
 ハウス バージョン等は音高が取りにくいだけだし、どのバージョンもその歌手の代表曲が重複しているので、今後くまなく歌っていく気がしない。備考の「干」は、最 近特に転職問題を反映したGTちの干され替え歌(笑。私も少しだけ便乗した。

独りタイム
歌手

備考
中森明菜
少女A(ボサノババージョン)
ウォーミング

ミ・アモーレ[Meu amor e…] 〜JAMMIN' JAMAICA STYLE〜(レゲエバージョン)
アップは

難破船(ボサノババージョン)
やはり明菜

セカンド・ラブ 〜JAMMIN' JAMAICA STYLE〜(レゲエバージョン)
しかない。
荒井由実
魔法の鏡
中森明菜がカバー
安室奈美恵
RESPECT the POWER OF LOVE(ハウスバージョン)

杏里
オリビアを聴きながら(ピアノ弾き語りバージョン)

アン・ルイス
あゝ無情〜HYPER GROOVE VERSION〜(ハイパーグ ルーブバージョン)

石川さゆり
天城越え(フォークバージョン)

石川ひとみ
まちぶせ(ハウスバージョン)

いしだあゆみ
ブルー・ライト・ヨコハマ(ハウスバージョン)

岩崎宏美
聖母たちのララバイ(フォークバージョン)

岩崎良美
タッチ(ハウスバージョン)
「タッチ」
Wink
愛が止まらない〜Turn it into love〜(ハウスバージョン)


二人タイム

歌手

備考
GT
ABBA
Dancing Queen


荻野目洋子
ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)(ファンクバージョン)
↑とDancing合わせ
GT
三橋美智也
哀愁列車


釈由美子
釈お酌(初)

GT
大川栄策
さざんかの宿


渡辺真知子
唇よ、熱く君を語れ(初)
まえけんを連想?
GT
及川光博
愛のメモリー
松崎しげる曲カバー
「富豪刑事」ED

長山洋子
雲にのりたい(初) 黛ジュン曲カバー
GT
ジェリー藤尾
遠くへ行きたい


麻丘めぐみ
女の子なんだもん(初)
GT
欧陽菲菲
雨の御堂筋
The Ventures作曲

ザ・リリーズ
好きよキャプテン(初) Wがカバー
GT
渚ゆう子
長崎慕情


天地真理
虹をわたって(初)
GT
河島英五
酒と泪と男と女


大場久美子
大人になれば(初)
GT
ゴジラVSモスラ コスモス
モスラの歌


ちあきなおみ
X+Y=LOVE(初)
GT
堀内孝雄
愛しき日々(スタジオ録音曲)


サディスティック・ミカ・バンド
タイムマシンにおねがい(初) 「下妻物語」
GT
小倉優子
恋のシュビドゥバ
1st Single

平原綾香
TRUE LOVE(初) 藤井フミヤ曲カバー
GT
チェッカーズ
ジュリアに傷心
↑と合わせ

平原綾香
いとしのエリー(初) サザン曲カバー
GT
Billy Joel
Honesty


平原綾香
翼をください(初) 赤い鳥曲カバー
GT
Billy Joel
The Piano Man

優/GT
長山洋子/新藤栄作
新宿たずね人
片方のマイクがハウってデュエット参った
GT
Billy Joel
The Stranger


宇多田ヒカル
Wait&See〜リスク(ハウスバージョン)

GT
橋幸夫
潮来傘


Every Little Thing
愛のカケラ(ハウスバージョン)

GT
平原綾香
Jupiter(クリップ)
最初サビだけ

鬼束ちひろ
流星群(ハウスバージョン)
TRICK2
GT/優
ヒロシ&キーボー
三年目の浮気(初)

仲間由紀恵 with ダウンローズ
恋のダウンロード(初)
GT
中森明菜
飾りじゃないのよ涙は
陽水版と間違い

浜崎あゆみ
everlasting dream(初) album'rainbow'
GT
ザ・ピーナッツ
恋のフーガ
先日見たナベプロドラマにちなみ

鉄腕ミラクルベイビーズ
TALK SHOW
ねるとん紅鯨団
GT
サトームセン
サトームセンCMソング


ヒットソングメドレー 70's(女性編)ヒットソングメドレー

GT
渚ゆう子
京都慕情
The Ventures作曲

テーマ別メドレー
〜ハッピーウェディング編(女性)〜

GT
テーマ別メドレー 〜ドラマ編(男性)〜

GO!GO!7188
GO!GO!7188メドレー
GT
植木等
スーダラ伝説


浜崎あゆみ
「Memorial address」まるごとメドレー
Bメロ〜サビがきつい
GT
石川さゆり
天城越え


松田聖子
赤いスイートピー(ヒップホップバージョン)

GT
渚ゆう子
京都の恋(ヒップホップバージョン)


Mi-Ke
想い出の九十九里浜(ファンクバージョン)

GT
美空ひばり&ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
真赤な太陽(ファンクバージョン)


欧陽菲菲 雨の御堂筋(ハウスバージョン)

GT/優
山内賢・和泉雅子
二人の銀座
The Ventures版しか知らずにあせった

青い三角定規
太陽がくれた季節(フォークバージョン

GT
森田健作
さらば涙と言おう(ピアノ弾き語りバージョン)

釈お酌
B00006JOKZ釈由美子 タコースティック・チカ・バンド

ポリスター 2002-10-23
売り上げランキング : 111944

おすすめ平均star
starリストライヌネコ
starファン以外の方にも。
star釈お酌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 14:34| Comment(7) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

歌うグラビアン魂!

 クラシック音楽ネタは書評で続けたし、今週のスターデジオもパッとしな かったので、今回は418chのグラビアアイドル曲特集である(汗。以下のように4時間プログラムの最初の1時間に13曲がかかった。熊田曜子念願のデビュー曲Alwaysは新しすぎたからか入っていない。

歌うグラビアン魂
オンナのコ・オトコのコ 〜テレビ東京系アニメ「School Rumble」EDテーマ〜 小倉優子
Natural 森下千里
愛のカケラ 若槻千夏
May Be Tomorrow 安田美沙子
Private Venus 安めぐみ
Can't Hide 佐藤寛子
シーソー 小野真弓
Peace☆ 市川由衣
風のゆくえ 磯山さやか
にゃぁあ! ほしの★あき
予感 花井美里
100 MAGIC WORDS (ANNE'S ENGLISH VERSION) 杏さゆり
kiss and hug ほしのあき X 佐藤寛子 X 磯山さやか

 最近リリースが止まっているとはいえ最も実績のあるゆうこりんで始 まった。森下は意外とうまく、キャライメージに反してしっかり歌って いる。時代が違えば杏里やhitomiのように「スタイルいいけど顔は今一」歌手としてブレークできたのかもしれない。
 若槻も意外とコンスタントにリリースしているが、森下に比べると小 さくまとまりすぎている感じで、キャラとの相乗効果もないのが残念。安田は ひどい。とりあえず出したのだろう。同事務所の夏川純もバラエティ番 組で歌ったのはそうとう下手だった。

 いちばん期待している安めぐみだったが、かかったのは'00年のデ ビュー曲で、言われないと誰だか皆目分からない声。インディーズデビューしたほど実は歌に執心していてバラード系に向いた声質だが、ELT初期をアイドル 調 にしたこの曲は合っていない。これでつまづいたのなら実に残念だ。
 小野は実力優先ならゆうこりん以上の実績があるし、グラドルよりも う女優だ。市川も女優で十分なのに、この歌唱力でリリースを続けるの はよほどの事情がある のだろう(笑。磯山は、地声に近いが元々いい声質なので心地よい。音 程がふらつかなければいいのだが。

 ほしのの曲はきわもの系。歌唱力に自信がなければ正しい選択だろ う。花井はまずグラドルとして知らないのでコメントできない(汗。はカバーだろうか。鼻声気味だが英語歌詞の選択は合ってそう。最後の三人での 企画盤は佐藤が独りで引っ張ってる感じ。グラドルレベルではないので 抜け出すなら彼女かな。
 ポップスは女性アイドルしか聴かないので、彼女らにはがんばってメジャーな歌番組に出るほどの活躍を期待している。アイドルはやはり歌ってなんぼであ る。いつかは歌手にと思いつつも歌唱力が空回りしているという状況は相変わらずだが、それがアイドルなのだ。
Can’t hide
B0007YVWWE 佐藤寛子 濱地毅 大久保治信

クライムミュージックエンターテインメント 2005-05-25
売り上げランキング : 1,315

おすすめ平均star
starすごくよかったです!!
star良いと思います
star唄うまいし、映像いっぱいだし、ホントお得

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 10:53| Comment(5) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ボウリング・ドラマのアイドル

 昨日の記事で触れたNTV「プリマダム」の主役が黒木瞳なので、昨日ま で、金城武と彼女が主演した「ゴールデンボウル」の再放送があった。CSホームチャンネルでは懐かしい「美しきチャレンジャー」を放送中である。(あくま で女性アイドルを中心に?)ボウリング関連のドラマ(映画)をおさらいする。

 まず「美し きチャレンジャー」('71年)は、私が小学生だった'70年代前半ボウリング大ブームに乗じて作られた。これはアイドルといっても、主役の新藤恵美らのミニスカお色気路線を強調していることが、このタイトルのリンク先 を見れば一目瞭然だ。中山律子や野村三枝子プロが出る回もある。
 当時の子供にとっては、まだボウリング場はゲーセンと同じく不良の行くところとされていたので、私は投球経験もなく見ていた(おそらく再放送)。どう考 えても、ビッグフォー(スプリット)を取る魔球の練習よりストライクを取るのが優先事項だが、自分の経験がない分それでも楽しめたと思う。

 しかし、当時(今では考えられない)「ゴールデン」タイムのプロボウリング中継を家族で見ていたから、スコアの計算方法は知っていた。オールストラ イク、パーフェクトゲーム300点(ちなみに私のハイゲームは287)という「減点ゲーム」に過ぎないのがボウリングをドラマチックにしにくい最大の要因 である。
 ピンが吹っ飛ぶ爽快感と少ない投球数で多く倒した方が勝つ分かりやすさは、チェスのようなボードゲームの比ではないが、9回二死から10点差を逆転でき る野球とは違い、ゲームの途中で早々と勝敗が確定する場合も多い。しかも、負けが決まったボウラーも最後まで投げねばならない。

 脚本家野島伸司が、アットホームなボウリング場を舞台にして残りピンを人間模様に見立てたドラマを作りたいと発案した「ゴールデンボウル」は、ボウリン グ業界の全面協力もあって、世界的にもボウリングドラマの最高傑作になった。(洋画「キングピン」「ビッグ・リボウスキー」等は少なくともボウリングの描 写がなってない)
 結局、最後の山場は難しいスプリットだが、理不尽さは比較的目立たない。何と言っても世界一のレフティ、パーカー・ボーン三世が出演したのは最大の見 所だった。金城は実際にアベ170くらいありそうな腕前だし、黒木も十分なフォームだった。この点だけを取ってみても他のドラマ(映画)と格が違う。

 「ゴールデンボウル」のアイドルを忘れていたが、金城の元カノ吉川ひなのの 初登場シーンが印象的だった。このドラマのおかげでボウリング場の入りはたしかに良くなった。当時毎週センター大会で投げていた私には、マナーの悪いにわ かボウラーが増えるのは全く歓迎しなかったが。
 その頃ボウリング場の壁面には映画「キュー ティーガール 美少女ボウラー危機一発(危機一髪ではない)」のポスターが貼ってあった。これも一昨年くらいにCSで見た。主演小倉優子の珍しいツッパリぶりが貴重だが、脚本、演技ともにひどく、投球フォー ムも「美しき〜」以下のレベルでは救いようがない。

 結論:これほどのチャンスを得てもさほど活性化しない競技ボウリング界(レジャーとしてはカラオケとともに安定しているが)を見るかぎり、日本で競技 チェスを普及させることが、いかにとてつもない難事だということがよく分かる。これはどのジャンルの記事だろう(汗。
美しきチャレンジャー DVD-BOX
B0000677MT 新藤恵美 森次晃嗣 進千賀子

ジェネオン エンタテインメント 2002-06-25
売り上げランキング : 54,174

おすすめ平均star
starタイトルの「美しき」は新藤恵美さんあってのもの
star風化させてはいけない作品
starやっぱりフィルム30分作品はイイ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 11:44| Comment(3) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

カラオケ(3/14)〜華原朋美『華』

 帰省から昨日もどった。実家はオフラインなので、音楽と読書三昧を予定するが、いつもそれどころではなくて果たせない。そこそこ元気にやっている両親だ が、一緒にテレビを見ながらいろいろ話すくらいのことしかできない。私がテレビっ子なのはまさにこの影響だ。
 相変わらず「水戸黄門」とかが定番だが、木曜22時に「ガチバカ!」を見ていたのは意外だった。私は、酒井彩名だけではなあとあまり見ていなかった。 WBCはまた韓国に惜敗した試合を見たが、帰りの新幹線車中で棚ぼた準決勝進出を知った。8回の川崎には宮本を代打で出して欲しかった。


 まず片づけておかねばならないカラオケは、前回帰省から4か月ぶり。弟 もよく知っている'80年代アイドルと最近の曲ではっきり二分した。珍しく用意した曲が収まりきらなかったが、弟がこの後予定があったため4時間で終え た。全部初歌唱曲。
 いつもの土曜と違って(弟の休日は火・土)平日は空いていて大きめの部屋に案内されるのはいいが、気を抜かれているのかリモコンとマイク1本が充電切れ になった。マイク交換のときはフロントが無人だったので勝手に交換した。そんなに安くない(1人380円/h)からいつも別の店を探そうと思っているのだ が。
 CAN'T TAKE MY EYES OFF YOUは当然BOYS TOWN GANGを予想したのに、男版Frankieのキーに不完全燃焼。キーを上げる冷静さも失ってしまった。今HPで調べるとBOYS TOWN GANGに加えてTommy february6版等もあるではないか(汗。大西、早見、斉藤等、'80年代曲は意外とノリがいい。
 新曲系は、あゆはギリギリ何とかキーが持つが、朋ちゃん宇多田のバラードはきつかった。以前は地でEまで出ていたのに最近はDでも厳しいし、堅くて平板 な声にしかならない。今回は肺活量的にも初めて負担を感じたので、今後やはり月1くらいは心身両面からの健康のために歌わねばと思った。

'06/3/14/火 11:00-15:00 with 弟
カラオケルーム D Kick(ディーキック)(神戸) 407号室 BB Cyber DAM
アーティスト名
曲名
タイアップ等
中森明菜
The Heat〜Musica Fiesta〜

Frankie Valli
Can't Take My Eyes Off You(生音)
邦題「君の瞳に恋してる」
鮎川いづみ
冬の花
「必殺仕事人III」
大西結花
シャドウ・ハンター
「スケバン刑事III」
浅香唯
夏少女
デビュー曲
Wink
イマージュな関係

早見優
ハートは戻らない

松本伊代
月下美人

渡辺美奈代
愛がなくちゃ、ネッ!

斉藤由貴
N'oublie pas Mai(5月を忘れないで)
"age"より
木村由姫
Fall in YOU

松田聖子
奇蹟の起る夜
"The Sound of Fire"C/W
鈴木亜美
Crystal(本人映像)

浜崎あゆみ
Body & Delicious(本人映像)

Pride
"(miss)understood"より

is this LOVE?(本人映像)

Ladies Night


Will

Sugar
ひまわり
「幸せになりたい」
華原朋美

「世界ウルルン滞在記」
倉木麻衣
ベスト オブ ヒーロー
「ガチバカ!」
宇多田ヒカル
誰かが願いが叶うころ(本人映像・生音) 「CASSHERN」
鈴木亜美
Fantastic(本人ライブ映像)

鉄腕ミラクルベイビーズ
TALK SHOW
「ねるとん紅鯨団」
華 / Keep On Running
B000CSUXKW 華原朋美 H.U.B. INC. 2SOUL for 2SOUL MUSIC

ユニバーサル・シグマ 2006-02-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 13:32| Comment(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

11/12カラオケ〜鈴木亜美『AROUND THE WORLD』

 ヘッドホンの音の良さは、もちろん原音の質しだいだ。MDはスターデジオの放送音にややもやがかかった感じがするが、まあ許容範囲か。それに比べると PCに保存したMP3はひどい。ビットを最大にしてCDから録音したものでも、少なくともクラシックでは聴けたものではない。スピーカーではほとんど気に ならないのに。


 最近は忙しいくせにチェス本のレビューのような単純作業なら毎日やりたい気分だが、週に2回はスターデジオと他1つの記事でチェスを「休む」ことにし ている。今日はその「他1つ」で、遅ればせながら実家で弟と行ったカラオケでの歌唱曲目を書く。HPの「カラオケ日記」はまだ前回のも更新していない (汗。
 いつも通りほとんど初歌い曲で、弟が音源を所有している曲や一緒に見たドラマの主題歌、弟が好きな小室哲哉(以下TK)ファミリー関連を中心に、新曲を混 ぜた。HyperJOYの番号まで控えてきたのに、DAMだけになったとフロントで聞いて弱ったが、BBサイバーだか らかなり曲も増え、本人PV対応も多くて結果的にはよかった。

11月12日(土) 11:05-15:00 D-Kick(神戸) 401号室 BBサイバーDAM
Enya
Wild Child
タイアップ多数 弟所有
松任谷由実
ANNIVERSARY
弟所有
観月ありさ
春のとびら
「TOO SHY SHY BOY」c/w 弟所有
伊藤麻衣子
不良少女と呼ばれて
同名ドラマ挿入歌
椎名恵
今夜はANGEL
ドラマ「ヤヌスの鏡」主題歌
中島みゆき
命の別名
ドラマ「聖者の行進」主題歌
雛形あきこ
揺れる心 乙女色
弟所有
TRUE KiSS DESTiNATiON
Girls be ambitious!
弟所有
鈴木亜美
Hopeful


ねがいごと


AROUND THE WORLD
同名アルバムより

Times
アルバム「AROUND THE WORLD」より
Tommy heavenly6
Hey my friend
映画「下妻物語」主題歌
華原朋美
涙の続き

浜崎あゆみ
WE WISH
アルバム「rainbow」より 弟所有

HEAVEN[良音]


fairyland

小倉優子
ビタミンLOVE
アルバム「フルーchu タルト」より
星野真里
永遠の海
TK曲カバー
日置明子 Winter Comes ArounD TM Network曲カバー 弟所有
荻野目洋子
NONSTOP DANCER
同名アルバムより TK作曲
上戸彩
あの人に会いたい 〜hatsu ratsu style〜
「オロナミンC」CM曲

松浦亜弥
神田川
かぐや姫曲カバー

 「ボウリングをやめた訳」「チェスを再開した訳」に続いて「カラオケを続けている訳」でも書こうと思っていたが、カラオケの動機付けが減ってきた今と なってはこれも風前の灯火だ。しかし独りで行くよりははるかに喉の持ちがいい(独りでも休憩を取ればすむことだが)ので、久々にすっきり高音が出てまだま だ年のせいではないと安心した(汗。
 ついでだからあみ〜ゴのアルバムを貼っておこう。「ねがいごと」のPVが神々しいまでに美しい。あゆのavex後継者としてはいちばん近いところにいる と思うが、ブランクの間に上達したとはいえ早く も枯れたような声質になりつつあるのが気になる。話題性と実力はあっても顔では魅せられない(笑)倖田來未とは違う「アイドル」の王道を突き進んでほし い。
AROUND THE WORLD (DVD付)
B000AJTN22 鈴木亜美 原田憲 オーヴァーヘッド・チャンピオン

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-10-12
売り上げランキング : 136

おすすめ平均star
star待望のNEWアルバム♪
star復帰して・・・
star☆5つ!『AROUND THE WORLD』

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 12:27| Comment(5) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

深田恭子〜『Dolls』

 世界の北野武映画も、私にかかれば深キョンだけなのだ(笑。ずいぶん前に横目で見たときは、全編赤いひもでつながれた男女(西島秀俊、菅野美穂)が延々 と歩くシーンしか記憶になかったくらいだが、マイ深田ブームのせいで見直すと、出番は1時間過ぎからだがけっこう出ていた。
 深田は別名の人気アイドル役で出ていて、当時の持ち歌「キミノヒトミニコイシテル」のおそらく当時のPV撮影シーンも使っている。映画祭で見る 外国 人にはそんな事情は分からないだろうが、ずいぶん安易な転用だ。出てくる写真集やポスターもほとんど名前だけすげ替えたのだろう。

 このアイドルは、ある事件に巻き込まれて左目失明と顔に傷を残して引退を余儀なくされる。熱狂的なファンの一人が会いに行くが、顔を見せたくないと拒 む。しかし、ファンは自らカッターで両目の視力を失っていた。「なぜ?」と聞かれて「顔を見ない方がいいと思って」と答えるファン。
 谷崎の『春琴抄』を連想する話である。ファンはこの多大な代償のおかげでしばし憧れのアイドルと至福の時間を過ごすが、足を踏み外して転落死する。年 取ったやく ざとその昔の恋人という全部で3つのカップルが交錯しながらストーリーが進んでいく。

 最初と最後で文楽の映像が流れるからDollsに込められた意味はすぐ分かる。日本独自の雰囲気を感じさせつつ映像美で見せるところに「賞取り」の臭い がプンプン するが、血なまぐさいシーンが抑えられている分好感は持てる。私は北野映画も久石譲も好みではないのだ。
 それにしても、たけしはどうしてこうやくざが好きなのだろう。幼い頃から極道への憧れと憎しみがない交ぜのコンプレックスを抱いてきたのか。あれだ け毒舌を吐いてきながら内心は臆病でビクビクしてきたとはよく言われることである。まあ、極限の愛や心理状態を表現するには暴力が手っ取り早いだけなのか もしれないが。

 『下妻物語』はあれからもう10回近くリピートして見ているが、そのおもしろおかしく誇張されて描かれているレディースやバイクの暴走シーンでさえも、 未だに目障りなくらいだ。「○○警察24時間」等も気分が悪くなるから見ない。そんな番組に見たいアイドルが出たらと思うと心配だ(笑。
 私が好きに映画を作れるとしたら、腐れ外道などいっさい出す気はない。もし出すなら、それをヒーローがやっつけるのではなく、ごく一般の通りがかりの人 間が突然一致団結してタコ殴りにするとかがおもしろそうだ。初期の北野作品の変形になるかもしれないが。
Dolls [ドールズ]
B00006K0HG 菅野美穂 北野武 西島秀俊

バンダイビジュアル 2003-03-28
売り上げランキング : 15,950

おすすめ平均star
star典型的な日本的世界をわざと示してみました
starぜひ観て欲しい
star静寂の中に展開される3つの愛

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 13:22| Comment(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

深田恭子〜『下妻物語』

 CS日本映画chで「下妻物語」を見た。もちろん深田恭子目当てだが、作品としてもストーリー映像共にすばらしく、去年劇場公開時のしつこいまでの宣伝の訳が分かった気がす る。とにかく文句なしにおもしろかった。

 いきなり交通事故で亡くなって「下妻物語 終」チャンチャンとつかみをとってから、その回想という形で進行する。なので、深田のナレーションがかなり多い。これが台詞以上ともいえるほど重要で、しかも「絵本 の読み聞かせ」のような語り口が心地よい。
 ロリータファッションは当然として、最大の見所はもちろんクライ マックスの乱闘で、覚醒したかのように豹変して啖呵を切る深キョン だ。石原さとみがやればもっとドスが利いただろうなという感は否めないが、ここまで両極端のイメージを表出できる女性ってやっぱり得だとしみじみ思う。

 初めてファンクラブに入った榊原郁恵以来、ホリプロのアイドルは、'80年代の堀ちえみ一色時代を過ぎると、'90年代のJ-POP時代から低迷し、昨今のモデルから女優という図式に乗り遅れている感じがするが、優香あたりからまた盛り返した。
 深田や石原のように体型的に?でも地道に女優を育てようというスカ ウトキャラバンの変わらぬ姿勢は、私のようにとキャラクターにだけ 自分の羨望を投影する者にとってはありがたい。163cmに水泳で鍛えた厚い胸、幅が狭いとはいえ26cmの足でもフリヒラが着られて若作りできる深 田は希望の星だ(笑。

 ついでに書くと、先月は同じchでサトエリ主演の実写「キューティーハニー」 を見たが、これにはガッカリだった。誰が出ているかで決まってしまう私には、見たい出演者がいない時点でどうしようもないとはいえ、単なる庵野の永井豪へ の媚びへつらったオマージュにしか思えない。
下妻物語 スタンダード・エディション
B0002X7IXC 中島哲也

東宝 2004-11-26
売り上げランキング : 2,163

おすすめ平均star
star大作☆
star優秀作!万歳!
star観終った後にまた観たくなる、色々詰まった贅沢な映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 12:11| Comment(2) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ドラマ&映画『がんばっていきまっしょい』レビュー

 最近はチェスばっかりだが、今回は見終わった連続ドラマについて書く。『がんばっていきまっしょい』、実は最初から見ていな い。3話くらいから岩佐真悠子をちらちらと見るためだけにかけていて、主演の鈴木杏は太ったなと思っていたくらいだった。
 ところが、少しレトロな松山が舞台という素朴さや、ちゃんとボートをこいでいるシーンを見ていてだんだんはまってしまった。最近はジャズブラスバンドや シンクロナイズドスイミングなど、役者がほんとうに「プレー」して見る方もそれを楽しむものが多いが、CGも使えないボートでは撮影もたいへんだったろ う。

 衝動的にボートを始めたいといって女子ボート部を自ら作り、人間的にも成長していく主役を鈴木は好演した。しかし、高校生「らしい」甘えで思い悩む前半 の展開にはかなりイライラさせられた。学校の活動としてボウリングやチェスができなかった個人的悔恨から考えると境遇の贅沢さには腹が立つ。
 その一方で、『エースをねらえ!』『アタックNo.1』からの流れで女子高生のスポーツドラマを見てきて、「女子」としての学園生活には素直に羨望を感 じた。こればっかりは、自分が逆立ちしてもかなわなかったのだからしょうがない。

 CSの日本映画chでもタイムリーに映画版の『がんばっていきまっしょい』があった。田中麗奈のデビュー作である。実は前半しか見ていなくて、再放送も なかったのか見逃したのかでそれきりになってしまったから、田中の異常にぶっきらぼうな演技と、テレビ版とは違ってオールを片側だけでこぐスタイルだった としか言えない(汗。

 テレビ版は、最後に主役がぎっくり腰になって琵琶湖での全国大会に出られず、ほろ苦いラストを迎えるのだが、偶然にも『アタックNo.1』のラストと酷 似する。この展開はかなり重要なのでおそらく原作もそうなのだろう。坊ちゃん文学賞受賞作の原作も読んでみたい。和書のフィクションなんていつから読んで ないだろう。
 原作がしっかりしているとはいえ、フジテレビの学園ドラマとしては意外なほどシリアスな傑作だった。22時のドラマなんて10年前はドロドロしたのが多 かったが、ずいぶん変わったものだ。とりあえず無責任に、最近特典映像が加わった映画版DVDを紹介しておく。
がんばっていきまっしょい コレクターズ・エディション
B000AHQFZ2 田中麗奈 磯村一路 真野きりな

ポニーキャニオン 2005-09-21
売り上げランキング : 277


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 00:00| Comment(2) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ドラマ『H2〜君といた日々』レビュー

 最近、amazonアソシエイトの注文が急激に伸びている。チェス書もだが、若槻千夏関連(写真集、DVD)がどばっと増えている。思い当たる注文主はあの方かしら。グラドル内では色物としか見ていなかった千夏様が女神に見えてきた(お。
 
 
 TBS『ジャスト』亡き後のドラマ再放送枠で先週『H2〜君といた日々』を見た。本放送のときはちらっと見たタイミングが悪く、やはりあだち充の野球漫画はろくに野球シーンがないからだめと思ってそれきりだった。
 今回は事情が違う。まずは、『時空警察ヴェッカー D-02』で私的評価が上がった市川由衣と、顔フェチの私としては唇の千変万化が最近大いに気になる石原さとみの豪華ダブルヒロインが出ているということである。
 
 野球シーンは思ったより多かったし、山田孝之の投球フォームと田中幸太朗のバットスイングは様になっていたと思う。脇役にまでそれを期待するのは酷だ。ボールはCG処理で済むからテニスやバレーほど派手に動かない分ドラマとしてはやりやすいだろう。
 中尾明慶演じるキャッチャー野田は原作では太っているらしいが、いい味は出していた。しかしさすがに4番打者の迫力には乏しい。原作を知らない私にはどうでもいいことだが、タッチからの類推で何となく分かる。タッチにしてもアニメの一部しか知らないのだが。
 
 三角関係の中で優柔不断なお決まりの主人公を山田はうまく演じていると思ったが、これも原作に比べると暗すぎるらしい。amazonカスタマーレビューは、原作寄りの意見が主である。それより、このDVDまで買う石原さとみ等のファンの意見を聞きたい。
 高校球児がこんなのんきに恋愛してられるかという意見もごもっともだが、それなら原作に言うべきだ。漫画との違い云々といいながら、ドラマでやるなら漫画よりリアリティが必要というのは矛盾している。
 原作に忠実でないというなら、まずは現代風に携帯電話が出てくるのはどうなのか。そのわりには他の時代風景はあか抜けしない。中尾が'70年代ヒット曲トライアングルの『トライアングルラブレター』を口ずさむシーンには驚いた。原作連載が始まった'92年よりずっと古い設定なのか、単なる作者のノスタルジーか。
 
 野球漫画はやはり野球そのものを突き詰めた水島新司ものに限る。漫画をほとんど読まない私が唯一コミックスを100冊以上読んだ作家である。真面目な話、古田敦也は『ドカベン』で捕手の何たるかを学び、ついにはその『プロ野球編』に登場する。
 古田が実写で(本人曰く)下手な演技を見せた『アストロ球団』は放送時間が遅すぎたので、タイマー録りすらしなかった。私は気が長いからそのうちCSででも見られればいい。
 
 野球に脱線したが、翻訳等にも関連する「原作云々という話」にももっと脱線したいところである。それはまたの機会ということで、石原さとみは上戸彩を唇の厚さ以外でも抜き去ると予言して終わりにする(笑。
H2 ~君といた日々 DVD-BOX
B0007WG6C2山田孝之 あだち充 石原さとみ

メディアファクトリー 2005-06-10
売り上げランキング : 2,352

おすすめ平均star
star元気になれる
starまだ最終回をみてませんが・・・・・・
starいいドラマでした^^

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

『時空警察ヴェッカー D-02』レビュー

我々の意識が、未来を変える。なぜなら我々が未来をどう見るかはわれわれの意識次第だからだ。ユージン・ウィグナー博士(Eugene Wigner 1902〜1995)
 
 久々にアイドルねたである。昨日でスカパーNECO放送の「時空警察ヴェッカー D-02」全12話を見終わった。3年前にテレ朝深夜で放送されたものだが、当時は全く知らず、今回初めて見た。

 アイドルのアクション物は「スケバン刑事」を筆頭に昔から大好きだが、当時は浅香唯のようにある程度名が売れたアイドルがやってくれたからさらによかった。最近はCDデビューしたアイドルがこんなものにはまず出ないのが残念だ。
 本作にしても、市川由衣や小倉優子がメジャーになっている今だからこそ見る気になれた。イベントコンパニオン風メタリックミニのいかにもな戦闘服はむしろどうでもよく、アイドルがどこの馬の骨か分からない方が問題なのだ。
 
 4話まではひどかった。本部のスタジオセットと郊外の幹線道路脇での深夜ロケばかりの単調さでは、戦闘シーンのCG処理がさらにチープに見えてくる。未来シーンのロケは無理としても何とかならないものか。
 過去にさかのぼった5,6話の時代劇が最もよかった。小倉が町娘になってその時代に溶け込む。12歳で博士号を取った天才で戦っても実は強いという設定はファンにはたまらないだろう。しかし、なぜかドジでお約束のようにつかまってしまう。
 他には、ゆうこりんの妹分桜木睦子(どこいった?)扮する無表情なアンドロイドが、感情に目覚めて表情を得る回や、本シリーズの中核である市川と小野愛のボケ突っ込み、ではなくて命がけの友情を見せる最終回がいい。

 しかし、全体的には非日常すぎて、「スケバン刑事」のように主人公の過酷さがアイドルの実生活とダブる(当時の南野陽子の赤貧生活のように)ようなリアリティがないのは物足りない。
 そう考えると、自称異星人で元来現実味のないゆうこりんは、逆にこういう設定の中では抜群のリアリティを発揮する。ちなみにタイトルのレインボーブリッジ(?)上Gメン風行進では一人だけフラフラと蛇行している(笑。
 ヴェッカーのシリーズ自体がそもそも変身後は顔を隠す戦隊ヒロイン物の流れをくんでいるから、例外的に顔を隠さないこのD-02だけがたまたま琴線に触れたということにしておこう。私自身は放送の録画すらしていないが、5,6話のDVDを紹介しておく。
時空警察ヴェッカー D-02(3)
B0000677WE市川由衣 小野愛 小倉優子

ビデオメーカー 2002-06-21
売り上げランキング : 35,980

おすすめ平均star
star中々面白いよ!
star...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

今日カラオケで歌った曲目(64曲)

 カラオケねたはまだ書いてないが、日記に載せる前の速報を記事かせぎに上げておく(汗。

中森明菜 愛はかげろう
柏原芳恵 ロンリー・カナリア
三原順子 ド・ラ・ム
松本伊代 すてきなジェラシー
早見優 PASSION
石川秀美 あなたとハプニング
山瀬まみ 可愛いゝひとよ
堀ちえみ 夕暮れ気分
荻野目洋子 ディセンバー・メモリー
斉藤由貴 眠り姫
福永恵規 ハートのIgnition
麗美 愛にDESPERATE
BaBe Give Me Up
石川さゆり 天城越え(スタジオ録音曲)
Mi-Ke ブルーライトヨコスカ(スタジオ録音曲)
仲間由紀恵 ONE MORE CHANCE
PUFFY 愛のしるし(スタジオ録音曲)
松本英子 Squall(スタジオ録音曲)
桜井智 アシタノキミ
安田一葉 化粧
RUI 月のしずく
BON-BON BLANCO 手のひらを太陽に
浜崎あゆみ CAROLS (MY STORY Classical Version)
愛内里菜 空気
DROPS ふられ気分でRock'n'Roll
SweetS 暑中お見舞い申し上げます
aki 愛を止めないで
城之内早苗 渡良瀬橋
W 好きよキャプテン
hitomi Venus
福田沙紀 アタックNo.1 2005
上戸彩 夢のカケラ(クリップ・カラオケ)
鈴木亜美 Eventful(クリップ・カラオケ)
和田アキ子 あの鐘を鳴らすのはあなた
あべ静江 みずいろの手紙
園まり 逢いたくて逢いたくて(スタジオ録音曲)
ちあきなおみ 四つのお願い
小柳ルミ子 私の城下町(スタジオ録音曲)
はしだのりひことクライマックス 花嫁(スタジオ録音曲)
青山和子 愛と死をみつめて
森山良子 この広い野原いっぱい(スタジオ録音曲)
芹洋子 四季の歌
田代美代子/和田弘とマヒナスターズ 愛して愛して愛しちゃったのよ(スタジオ録音曲)
山本リンダ こまっちゃうな
スリー・キャッツ 黄色いさくらんぼ
ザ・ピーナッツ 情熱の花
アグネス・チャン 妖精の詩
浅田美代子 しあわせの一番星
桜田淳子 十七の夏
山口百恵 夢先案内人(スタジオ録音曲)
麻生よう子 逃避行
荒井由実 中央フリーウェイ(スタジオ録音曲)
トワ・エ・モワ 誰もいない海(スタジオ録音曲)
ピンクレディー ピンク・タイフーン (In The Navy)
紙ふうせん 冬が来る前に
渡辺真知子 ブルー
庄野真代 モンテカルロで乾杯
ペドロ&カプリシャス ジョニィへの伝言(スタジオ録音曲)
大場久美子 エトセトラ
石川ひとみ プリンプリン物語
桑江知子 私のハートはストップモーション
倉田まり子 HOW! ワンダフル
大沢逸美  ジェームスディーンみたいな女の子
Every Little Thing 愛のカケラ(ACOUSTIC:LATTE Ver.)
posted by 水野優 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

テレビドラマのアイドル

 番組改編期なので久々にアイドルねたを書こう。6月で終わったのは「アタックNo.1」。いくら展開で引っ張るといっても主役が最後に大けがでギリギリに復活ではちょっと不満足だが、確実にスペシャル版があるだろうからそれに期待しよう。
 番組的にいちばんおもしろかったのは、「タイガー&ドラゴン」だった。現実と落語の混同が度を過ぎていき、落語家じゃないのに落語をやったり、現代に時代劇の人物が出て来たり。しかし、伊東美咲が出てなかったら見てなかっただろう(笑。
 あともう一つ挙げると「夢で逢いましょう」だが、「アタック〜」の裏なのであまり見られなかった。矢田亜希子が最初の方で着ていた白のスプリングコートが欲しいと思ったが、高いんだろうな(汗。
 
 今月からはまず、昨日始まった「はるか17」。テレ朝のこの時間は少し意外な配役が見られておもしろいが、今回は(も?)漫画原作で、主役は平山あや。年をサバ読むアイドルの話は今後に期待できる。平山も正念場だろう。
 TBSの「赤い」シリーズリメイクは、石原さとみ主演のが終わったが、次は綾瀬はるかのに続いて最後の深田恭子のが楽しみ。深キョンは別の連ドラも始まるし、昔のコギャルっぽいメークの頃よりずっといい顔になってきた。
 あとは、「電車男」。伊東美咲、白石美帆というプライベートも仲良しの二人が久々にまた共演だ。ドラマの内容はどうでもいいからほとんど頭に入らないとは思うが(笑。それと「黒革の手帖SP」の米倉じゃなくて釈由美子。

 最近はアイドルらしいアイドルがいなくなったのが寂しいが、その分女優にアイドル系(モデル上がり)が増えた気がする。それでも、単なるグラドルよりやはり歌手や女優といえるアイドルの方が、格が違う感じがしていい。
 顔(面)を作る私の商売には、普段からのこういうインプットが欠かせないのだが、鑑賞している間にも手は動かせるのだから、どんどんアウトプットしなければならない。最近いい調子だが、明日チェス例会なのでそれまではまたストップ(汗。
posted by 水野優 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

『5分間でいい声になる本―ヴォイ・トレ・マジック』書評

 ボイトレはカラオケを始めた頃数冊の本を買ってけっこう熱心にやった。『月刊歌謡曲』でプロ歌手やボイストレーナーが書いていることも参考になった。結果的にかなりの成果は上げたが、それらは同じ説明の繰り返しや抽象的な表現が多かったと思う。

 本書は、手軽に実践できる方法の宝庫である。出版された頃にはテレビで著者自らが芸能人相手にデモンストレーションしていた。私はもう自分の声に特に不満はないが、たまたま図書館でパラパラめくると「裏声を使う女性が多い云々」とあったので借りてきた。
 本書の地声・裏声の分け方は一般的に言われる場合より地声を広く扱っている。歌の世界では地声をさらに喉声と中間音に分けることがあるが、これは一般的な呼称かどうか疑わしい。だから一般的には地声=喉声に悪いイメージを持つ人が多いことになる。

 女性は声は高いほどいいなどという根拠のない風潮が小倉優子のような犠牲者(?)を生んだわけだが、MtFトランスジェンダーでも一般的に使うにはどうかというアニメ声にこだわる人たちがいたりする。
 最初に歌で女声を獲得した私は、話し声の女声が長らく苦手だった。少しテンションを上げて軽く響かせればいいと分かっていてもなかなかコツがつかめず長続きしなかったのだ。そういう人(いるのか?)にお勧めしたいのは台詞の多い歌をカラオケで歌うことである(笑。

 音声の男女差やその認知に関する研究は一般の予想より進んでいるが、その応用に関しては需要が少ないからかまだまだと思われる。有名なメラニー法をビデオを見ても身に付かなかった人は多い。私も何かできないかと機会があるたびに思うが、生来の商才のなさと声という説明の困難な代物にただ途方に暮れるばかりである。
posted by 水野優 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | GirlPOP/Idol/カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする