ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年07月12日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Sokolsky-Veresov

Sokolsky-Veresov スパルタカス選手権準決勝 1962 シシリアン・ディフェンス カナル=ソコルスキー

1 e4 c5 2 Nf3 d6 3 Bb5+

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnbqkbnr/pp2pppp/3p4/1Bp5/4P3/5N2/PPPP1PPP/RNBQK2R b KQkq - 0 3

 このシシリアン・ディフェンスに対して実行可能な変化の一つで、白は展開での優位を目指している。白はもうキャスリングできるのに、黒はまだキャスリングするにはキング側を展開しなければならない。
 3 Bb5は、2...d6ではなく 2...Nc6の場合でも可能である。Nezhmetdinov-Boleslavskyソ連スパルタキアド1959では、2...Nc6 3 Bb5 g6 4 c3 Nf6! 5 e5 Nd5 6 0-0 Bg7 7 d4 cxd4 8 cxd4 0-0 9 Nc3 Nc7 10 Bc4 d6 11 Qe2 Bg4 12 Rd1 dxe5 13 dxe5 Qc8 ほぼ互角。
 Kholmov-Keres第26回ソ連選手権1959では、白は堂々たる勝利を挙げた。2...Nc6 3 Bb5 Nf6 4 e5 ここでケレスは 4...Ng4 (4...Nd5の方がいい) とした。5 Bxc6 dxc6 6 0-0 g6 7 Re1 Bg7 8 h3 Nh6 9 Nc3 b6 10 d4 cxd4 11 Nxd4 c5 12 Nc6! Qd7 13 Nxe7! Kxe7 14 Bxh6 Bxh6 15 Qf3 Bg7 16 Nd5+ Kd8 17 Rad1 白の脅威は退けられない。

3... Bd7
 白マスビショップの交換によって、白はセンターに好ポーン形を築き、あわよくば白マス上で圧力をかけることもできる。3...Nc6の方がいい。例えば、4 0-0 a6 (4...Bd7 5 c3 Nf6 6 Re1 a6 7 Ba4 e5 8 d4 b5 9 dxe5 dxe5 10 Bc2 Be7 11 Nbd2 ルイ・ロペスのチゴリン・ディフェンスの白が有利な変化に移行した。Sokolsky-Gellerソ連選手権準決勝1950) 5 Bxc6 bxc6 6 d4 cxd4 7 Qxd4 e5 8 Qd3 Be7 9 Rd1 Qc7 10 Na3 Be6 11 Nc4 Rd8 12 Be3 (12 Bd2の方がたぶんいい) 12...Nf6 13 Bb6 Bxc4 14 Bxc7 Bxd3 15 cxd3 Rc8 16 Ba5 ドロー (Sokolsky-Kholmovウラジーミル1960).

4 Bxd7+ Qxd7 5 0-0
 すぐに 5 c4も可能である。5...Qg4でポーンを取ろうとするのは、6 0-0 Qxe4 7 d4 cxd4 8 Re1以下、白に強襲される。実例は、8...Qc6? (8...Qg4の方がいい) 9 Nxd4! Qd7 (9...Qxc4には、10 Na3から Nb5) 10 Nb5 e6 11 Bf4 白の攻撃は抗いがたい (Sokolsky-Schutinskyハリコフ(ウクライナ)1948).

5... Nc6 6 c4
 白マス交換後は、白はポーンを白マスに置く方がいいと考える。この序盤の精神に背くと、例えば、6 c3は黒の ...e6から ...d5とする反撃を許す。
 Kholmov-Spassky3局大会1964では、6 d4 cxd4 7 Nxd4 Nf6 8 Nc3 g6 9 Nf3 Bg7 10 Qe2 0-0 11 Nd5 Rac8 12 c3 Ne8 13 Bd2 e6 14 Nf4 Nc7 ほぼ互角。

6... g6
 黒は 6...e5でセンターを封鎖することもできるが、そうすると両ビショップの相対的違いが明らかになる。白の良いビショップは黒マスを守り、クイーン側で活動を維持できる。一方、黒の不良ビショップは不活発なピースとなる。

7 Nc3 Bg7 8 d3 Nf6 9 h3 0-0 10 Be3 Ne8
 この黒ナイトの後退後、d4によって白がセンターで優位になる。この突きを 10...e5で防ぐのが戦略的誤りであることは、すでに考察した。しかし、10...Rc8 (訳注:Rac8とRfc8を区別していない。両方を指しているのかもしれない) の方が良かった。

11 d4 cxd4 12 Nxd4 Rc8
 12...Rc8は反撃に不十分で、白はたやすくクイーン側陣形を確保できる。黒は 12...Nc7とすべき だった。

13 b3 Nc7 14 Rc1 Ne6 15 Nde2
 良くないのは 15 Nxc6(e6) bxc6(fxe6) 16 c5 Rcd8で、黒の防御が有望 (訳注:これも 15 NxN PxNと、取るナイトを区別していない。両手順を指しているのかもしれない)。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
2r2rk1/pp1qppbp/2npn1p1/8/2P1P3/1PN1B2P/P3NPP1/2RQ1RK1 b - - 0 15

 白陣の方が優勢である。センターの重要な戦略拠点d5を支配し、Qd2, Rfd1, Nd5と続けてピース配置を強化できる。c5の狙いが白の切り札となっている。このセンターでの戦略に、黒は側方からの一撃 ...f5くらいでしか対抗できず、本譜通り、この局面での黒の反撃は功を奏さない。

15... f5 16 Qd2 Rf7 17 Rfd1 Rcf8 18 exf5 gxf5
 18...Rxf5には見込みがない。f2へ圧力をかけても黒に得るものがないからである。本譜では、黒は半開きのgファイルにピースを結集させる望みにすがる。しかし、事態は急速に進展し、黒はまずセンターとクイーン側の防御を考慮せねばならない。

19 Nd5 b6
 さもないと c5が強烈になる。しかし、これでこの突破を回避できたわけではない。

20 b4 Kh8 21 c5 bxc5 22 bxc5 Nxc5 23 Bxc5 dxc5 24 Rxc5
 ラインが開いた結果が評価できるようになった。白のメジャーピースが開いたc,dファイルにいるのに、黒の両ルックは味方のfポーンに邪魔されている。さらに、黒は開いたgファイルの利用を構想することすらできない−単に時間的余裕がない。ゲームの残りで白の優勢が確定する。

24... Rd8 25 Qc2 e6
 強制的。一見すると、25...Nb4が好手に思えるが、26 Qb3でとがめられる。26...Nxd527 Rcxd5でルック損になる。

26 Rxc6 exd5 27 Nf4 d4 28 Qc4 Be5 29 Ne6 Re8 30 f4
 これで駒損が避けられない。黒の次手は結末を早めたに過ぎない。

30... Bd6? 31 Qxd4+ 1-0


 「3局大会」はThree-match-tournamentだが、チェスは基本的に奇数局勝負はしないので引っかかる。誰かご存知の方いませんか? (汗。次回はアリョーヒン・ディフェンス。

The Bb5 Sicilian: a dynamic and hypermodern opening system for Black (Everyman Chess)
Richard Palliser
The Bb5 Sicilian: a dynamic and hypermodern opening system for Black (Everyman Chess)
Everyman Chess 2005-09
売り上げランキング : 95322


Amazonで詳しく見る

2007年07月05日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Rashkovsky-Bukhover

Rashkovsky-Bukhover ソ連スパルタキアド 1963 シシリアン・ディフェンス ポイゾンドポーン

1 e4 c5 2 Nf3 d6 3 d4 cxd4 4 Nxd4 Nf6 5 Nc3 a6 6 Bg5 e6 7 f4 Qb6

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnb1kb1r/1p3ppp/pq1ppn2/6B1/3NPP2/2N5/PPP3PP/R2QKB1R w KQkq - 0 8

 シシリアン・ディフェンスの中で最も激しくて未解決な変化の一つ。
 黒は、必要な展開をする代わりに早期にクイーンを出動させてb2のポーン取りを狙い、貴重な時間を費やしている。ポーンの見返りに、白は展開と強力な攻撃でかなりの優位に立つ。しかし、白の課題は一筋縄ではいかない。クイーン側ビショップをキング側へ繰り出してから f4としたために、白陣の多くの黒マスは無防備で、黒の黒マス上での反撃が危険になりうる。白は、攻撃を精力的かつ正確に行わねばならない。この方法によってのみ、序盤の展開原則に反する黒の戦術をとがめることに期待できる。
 7...h6 8 Bh4と準備してから 8...Qb6とする手順もある。この場合、黒はh4のビショップとf4のポーンがどちらも無防備な点につけ込めるかもしれない。白の最善手は 9 Qd3!で、e6でのナイト・サクリファイスをからクイーンをg6に侵入させて決着を付ける狙いである。Mikenas-Talリガ国際大会1959で は、9 Qd3 Qxb2 10 Rb1 Qa3 11 e5 Nd5 (11...dxe5 12 fxe5 Nfd7?は 13 Nxe6!で良くない。どの場合でも基本的にfファイルを開かれるのは無益) 12 Nxd5 Qxd3 13 Bxd3 exd5 14 e6! Nc6 (14...fxe6 15 Bg6+から 16f5も、黒の防御が困難) 15 Nxc6 bxc6 16 exf7+ Kxf7 17 Rb6 c5 18 c4 d4 19 0-0 白優勢。

8 Qd2
 もちろん、白はポーンを放棄しなければならないわけではない。単に 8 Nb3で、8...Qe3+後のクイーン交換で良しとすることもできる。実例は、9 Qe2 Qxe2+ 10 Bxe2 Nc6 11 Bf3 Bd7 12 0-0-0 Be7 (12...0-0-0の方がいい) 13 Na4! 0-0-0 14 Bxf6 gxf6 15 Nb6+ Kb8 16 Nxd7+ Rxd7 17 Bh5 白優勢 (Stein-Gligoricストックホルム1962).
 8 Nb3には 8...Nbd7ともできるが、9 Qf3以下白が活発になる。実例は、9...Qc7 10 a4 b6 11 Bd3 Bb7 12 0-0 Be7 13 Qh3! e5 14 Rad1 (Stein-Parmaソ連対ユーゴスラビア戦1962).
 8 a3なら、黒はbポーンを取れない。9 Na4でクイーンを失う。8...Bd7!とすれば、bポーン取りの狙いが復活する。

8... Qxb2 9 Rb1
 めったに指されないとはいえ、9 Nb3にも考慮すべきメリットがある。

9... Qa3 10 e5
 Gipslis-Korchnoi第31回ソ連選手権1963では、他の道筋が取られた。10 f5 Nc6 11 fxe6 fxe6 12 Nxc6 bxc6 13 e5! dxe5 14 Bxf6 gxf6 15 Ne4! (15 Be2は 15...Qd6!で良くない) 15...Be7 16 Be2 0-0 17 Rb3 Qa4 18 c4! Kh8 19 0-0 Ra7 20 Qh6 白の狙いが強烈。黒は、13 e5に対して 13...Nd5 14 Nxd5 cxd5 15 Be2 dxe5とすべきだったようだ。16 c4以下、白が主導権を保つとしても。
 10 Bxf6 gxf6 11 Be2でも、白は攻勢になる。実例は、11...Bg7 12 0-0 0-0 13 Rf3 Nc6 14 Nb3 Rd8 15 f5 Ne5 16 Rg3 Kh8 17 Rf1 (Tal-Sakarov第31回ソ連選手権1965).

10... dxe5
 この交換は強制的。黒は、キング側ビショップを活躍させないと反撃できないからである。Keres-Fudererガザンバーグ1955では、白が 10...Nfd7後に抗しがたい攻撃 11 f5!を仕掛けた。

11 fxe5 Nfd7 12 Bc4!
 活発な展開手で、攻撃への最強手順である。12 Ne4も試みられたが、12...h6! 13 Bh4 Qxa2 14 Rb3 Qa1+ 15 Kf2 Qa4!で、黒が攻撃を退ける (Korchnoi-Tolush第25回ソ連選手権1958).

12... Be7
 Bednarski-Tringovケチェケメート(ハンガリー)1963では、12...Nxe5 13 Nxe6! Qa5 (13...fxe6 14 Qd8+ Kf7 15 0-0+...) 14 Bd8 (さらに強力なのは 14 Rb6+ Qxb6 15 Nd5) 14...Nf3+ 15 gxf3 Qe5+ 16 Ne4 fxe6 17 Bh4 Nc6 18 0-0 b5 19 Bd3 Be7 20 Bxe7 Kxe7 21 h4 白がポーンの代償分の攻勢。
 Tringov-Fischerハバナ1965では、12...Bb4! 13 Rb3 Qa5 14 0-0 (14 Bxe6 0-0!) 14...0-0 15 Nxe6 fxe6 16 Bxe6+ Kh8 17 Rxf8+ Bxf8 18 Qf4 Nc6 19 Qf7 Qc5+ 20 Kh1 Nf6! 黒が攻撃をはね返した。

13 Bxe6!

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnb1k2r/1p1nbppp/p3B3/4P1B1/3N4/q1N5/P1PQ2PP/1R2K2R b Kkq - 0 13

 華麗なサクリファイス! 最初に現れたのはDuckstein-Dr. Euweスイス1958で、その後さらなるサクリファイスも含めて分析されてきた。
 目標は、どんな犠牲も払っても黒のキングを仕留める! このスローガンが、ゲームの残り部分を支配する。
 Ortega-Ivkovハバナ1963の手順も興味深い。13 Rb3 Qc5 14 Nd5!? Bxg5 15 Qxg5 g6. 黒が攻撃をはね返すには、かなりの犠牲を払わねばならなかった。

13... 0-0!
 絶対手。白の脅威は、以下のクイーン・サクリファイス含みの強烈な手順で示される。13...Bxg5 14 0-0! Bxd2 15 Bxf7+ Kd8 16 Ne6+ Ke7 17 Nd5#.

14 0-0!
 白は、展開してコンビネーションを生み出しながら、依然サクリファイス含みの攻撃を維持する。

14... Bxg5
 上記のDuckstein-Dr. Euweスイス1958では、14...fxe6 15 Nxe6 Nc6 (15...Rxf1+ 16 Rxf1 Bc5+ 17 Kh1 Nc6 18 Nd5! 抗しがたい攻撃).

15 Qxg5 h6!
 見事な変化になるのは、15...Qxc3 16 Nf5 Qxe5 17 Nh6+ Kh8 18 Nxf7+ Rxf7 19 Qd8+ Nf8 20 Qxf8+ 次手でメイト。

16 Qh5!
 16 Qg3には、16...Qc5から 17...fxe6とできる。Bilek-Fischerインターゾーン大会1962では、16 Qh4 Qxc3 17 Rxf7 Rxf7 18 Qd8+ Nf8 19 Bxf7+ Kxf7 20 Rf1+ Kg6 21 Rxf8 Bd7 そして黒が勝った。
 エイベの推奨する 16 Qd2は、16...fxe6 17 Nxe6 Rxf1+ 18 Rxf1 Qe7 19 Qd5 Nb6 20 Qd8+ Qxd8 21 Nxd8 Nc6 22 e6 Bd7 白投了 (Schmidt-Minic第9回世界学生チーム選手権1962).

16... fxe6
 ついに黒はビショップを取るが、実際他に手がない。白が戦力をf7に集中しているので、16...Qe7は 17 Nd5でとがめられる。

17 Nxe6 Qe7
 取れるピースを取って交換する方が単純に思えるが、17...Rxf1+ 18 Rxf1 Qe7 19 Qf5! (20 Nd5の狙い) 19...Nb6 20 Qf8+! Qxf8 21 Rxf8+ Kh7 22 Ne4から 23 Nd6は、黒が絶望的 (Boleslavskyの分析).

18 Nxf8 Nxf8 19 Nd5
 新たなサクリファイス! 白はナイトも捨てて攻撃を強化する。

19... Qc5+ 20 Kh1
 ルックをピンにさらさずに、白は最も正確な方法で攻撃を続ける。Rotstein-Sakharovウクライナ選手権1963では、20 Rf2 Qxd5 21 Qe8 Nd7 22 Rbf1 Kh7! 23 Rxf8 Qd4+! 24 R8f2 Nxe5 白の1ルックに対して2つのマイナーピースを持つ黒が優勢。

20... Qxd5
 Kolpakov-Nikitinソ連スパルタキアド1963で生じた 20...Be6は良くない。21 Nb6 Ra7 22 Qe8 Nd7 23 Nxd7 Bxd7 24 Qf7+ Kh7 25 Qxf8 Qxe5 26 Rae1 Qg5 27 Rf7 1-0

21 Rad1 Qb5
 21...Qc5には、22 Rd8 Nd7 23 Qf7+ Kh7 24 e6.

22 Qf7+ Kh7 23 Qxf8 Bg4 24 Rd8 Be6 25 Qh8+ Kg6 26 Re1 Qa5 27 Re3! Qb6 28 Rg3+ Kh5 29 h3 Kh4 30 Qxg7! Qxd8 31 Rg4+! 1-0


 長かった。黒17手目の解説変化、22 Ne4に対しては 22...Bxe6で単純に黒勝ちにしか見えない。狙いが 23 Nd6とあるので 22 Ne4が誤植とも考えられない。お手上げ(汗。

Starting Out: Sicilian Najdorf (Starting Out - Everyman Chess)
Richard Palliser
Starting Out: Sicilian Najdorf (Starting Out - Everyman Chess)
Everyman Chess 2006-05
売り上げランキング : 41898


Amazonで詳しく見る

2007年06月13日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Spassky-Darga

Spassky-Darga 第15回オリンピック 1962 シシリアン・ディフェンス タイマノフ

1 e4 c5 2 Nf3 Nc6 3 d4 cxd4 4 Nxd4 e6

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1bqkbnr/pp1p1ppp/2n1p3/8/3NP3/8/PPP2PPP/RNBQKB1R w KQkq - 0 5

 シシリアン・ディフェンスの現代的な変化。白はキング側での仕掛け(9 Bf4!)へと余念がなく、黒はクイーン側での反撃(5...Qc7, 7...b5)へと続く手順を示す。この定跡では、黒がわざわざ ...d6としなくてもいい。黒は、必要なら黒マスビショップを活発に展開できるからである。

5 Nc3 Qc7 6 Be3
 6 Ndb5は功を奏さない。6...Qb8 7 Be3 a6後、白のナイトはd4へも どるしかなく、黒のクイーンもc7へもどれる。

6... a6 7 a3
 ...Bb4を防ぐとともに、黒ポーンの前進 ...b5-b4にも備えている。しかし、7 a3は無用にもなりうる。Spassky-Suetinモスクワゾーン大会1964で、スパスキーはそう結論し、直ちに 7 f4とした。激しい変化は、7...b5 8 Nxc6 Qxc6 9 Be2! b4 10 Bf3 bxc3 11 e5 cxb2 12 Rb1 Bb4+ 13 Kf2 Qc3 14 Bxa8 白優勢。

7... b5 8 Be2 Bb7 9 f4 Nf6 10 Bf3 d6
 e5の脅威があるため、黒は ...d6とせざるをえなかった。

11 0-0 Na5?
 ナイトの展開 Nc6-a5-c4は、シシリアン・ディフェンスの多くの変化でよく見られる。しかし、この局面では早過ぎる。11...Be7で展開を完了しなければならない。それでも白は 12 e5とするだろうが、12...dxe5 13 Nxc6 Bxc6 14 fxe5 Rd8! (14...Nd7は弱い。15 Bxc6 Qxc6 16 Qh5) 15 Bxc6 Qxc6 16 Qe2 Nd5で、黒は防御できる。

12 Qe2 Nc4 13 e5!
 黒は、常にこのセンター突破に留意しておかねばならなかったが、特にキングがまだe8にいると危険である。

13... Nxe3
 c4の好位置にいるナイトを動かさない手だと、黒は砲火を浴びる。13...dxe513...Nd7には、14 Ndxb5! axb5 15 Nxb5で、白が駒得になる。だから 13...Nxe3とするしかない。

14 Qxe3 dxe5 15 fxe5 Nd7 16 Bxb7 Qxb7 17 Qf4 Nb6
 17...0-0-0!?が可能だったかもしれない。

18 Rad1 Na4
 これまでのところ、黒に好都合な手順はなかなか見つからない。18...Bc5 19 Ne4でも 18...0-0-0 19 Qxf7でも、黒にあまりメリットはない。

19 Nxa4 bxa4 20 Kh1 Bc5
 黒はもう1手でキャスリングできるようになったが、黒のキングが安息地に近づいたように見えた矢先に、不測の事態が起きる!

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r3k2r/1q3ppp/p3p3/2b1P3/p2N1Q2/P7/1PP3PP/3R1R1K w kq - 0 21

21 Nxe6! fxe6 22 Qxa4+ Qb5
 22...Ke7は良くない。23 Qh4+ Ke8 24 Qg4! 黒は同時にe6とg7のポーンを守れない(24...Qe7? 25 Qa4+)。

23 Qg4 Qc6 24 Qxg7 Rf8 25 Rxf8+ Bf8 26 Qxh7 Rc8 27 Qg6+ 1-0


 私なら、ここから白を引き継いで勝ちきる自信がないが(汗。

Boris Spassky's 400 Selected Games (Games Collections)
Sergei Soloviov
Boris Spassky's 400 Selected Games (Games Collections)
SEMKO,Bulgaria 2003-03-12
売り上げランキング : 402623


Amazonで詳しく見る

2007年05月14日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Gipslis-Saigin

Gipslis-Saigin ラトビア対ベラルーシ戦 レゼクネ 1963 シシリアン・ディフェンス ラウザー

1 e4 c5 2 Nf3 Nc6 3 d4 cxd4 4 Nxd4 Nf6 5 Nc3 d6 6 Bg5 e6 7 Qd2 a6 8 0-0-0 Bd7
 要検討は 8...h6である。例えば、9 Bh4 Nxe4 10 Qf4 Nxg5 11 Nxc6 bxc6 12 Qa4 Qb6 13 f4 Nh7 14 f5 Be7 15 Ne4 Rb8 16 Qa3 Qb4 17 Qxb4 Rxb4 18 Bxe7 Kxe7 19 Nxd6 a5 ほぼ互角 (O'Kelly-Simagin, Ragosin記念郵便戦大会1963). 同大会で生じたもう一つのゲームでは、9 Bf4 Bd7 10 Nxc6 Bxc6 11 f3 d5 12 Qe1 Bb4 13 a3 Ba5 14 exd5 Nxd5 15 b4 Nxf4! 16 Rxd8+ Bxd8 黒がクイーンの十分な代償を得た (Estrin-Simagin).

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r2qkb1r/1p1b1ppp/p1nppn2/6B1/3NP3/2N5/PPPQ1PPP/2KR1B1R w kq - 0 9

 ラウザーのシステム。白がクイーン側へキャスリングし、キング側でポーンの猛進を始める態勢になった。したがって、黒もクイーン側キャスリングの準備に取りかかる。

9 f4
 9 Be2 h6 10 Bh4には、10...Nxe4?とできない。11 Bxd8 Nxd2 12 Bb6!でピース損になるからである。黒の最善は、10...Be7 11 Bg3 Qb6.

9... Be7
 危険なのは、9...h6 10 Bh4 Rc8 11 Nf3 Qa5 12 Kb1 b5 13 e5 b4 14 exf6 bxc3 15 fxg7 cxd2 16 gxh8=Q Nb4 17 a3 Nxc2 白は 18 Nxd2で 優勢 (ShkundovとYudovitch Jr.の分析).
 9...b5 10 Bxf6 gxf6 (10...Qf6 11 e5 dxe5 12 Ndxb5は白が強力) 11 Kb1 Qb6 12 Nxc6 Bxc6 13 Bd3 h5 14 Rhf1 0-0-0 15 f5 白有望 (Krogius-Geller第27回ソ連選手権1960).
 9...h6 10 Bh4 Nxe4には、白は 11 Qe1 Nf6 12 Nf5 Qa5 13 Nxd6+でポーンを取り返して優勢。

10 Qe1
 もう一つよく指される手は 10 Nf3である。Lutikov-Malichバートザルツンゲン1960では、10...b5 11 Bxf6! gxf6 12 Qe3 Qa5 13 Nd2 Qc7 14 Nb3 h5 15 Bd3 Qa7 16 Qf3 0-0-0 17 Rhe1 白好局。

10... Qc7
 10...Nxd4 11 Rxd4 Qa5の 方がいい。

11 Nf3! h6
 この手も最善ではない。黒が追い払うビショップは、その後都合良くf2へ行ける。そのために貴重な手番がむだになる。黒は代わりにすぐクイーン側キャスリングをすべきだった。

12 Bh4 0-0-0 13 e5! Ne8 14 Bf2!
 15 Na4の狙いがあり、対処が難しい。

14... Qa5 15 Nd2 d5 16 Nb3 Qc7
 16...Qb4は良くない。17 g3! Bf8 18 a3 Qe7 19 Bc5で クイーンが取られるから。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
2krn2r/1pqbbpp1/p1n1p2p/3pP3/5P2/1NN5/PPP2BPP/2KRQB1R w - - 0 17

17 Rxd5!
 独創的なサクリファイス! ルックは白の攻撃強化のために捨てられた。突如として、黒のピース配置がいかにひどいかが明らかになる。白は、黒の弱点g1〜a7ダイアゴナルと黒ピースの動きが制限されていることを見せしめのように利用する。

17... exd5 18 Nxd5 Qb8 19 Qc3!
 強烈なピン! 狙いは 20 Nxe7+. 19...Bf8には 20 Na5!がある。そこで、黒はピース損を覚悟する。

19... Bd6 20 Nb6+ Kc7 21 exd6+ Nxd6 22 Nc5! Bf5
 もちろん 22...Kxb6は、23 Ne6+でだめ。

23 Nd5+ Kc8 24 Nxa6! 1-0


 先週(昨日まで)のスターデジオではシャイー&ライプツィヒでシューマン(マーラー編)の第2交響曲を聴いたが、ドーバー版のスコアで追いかけてもどう編曲しているのかさっぱり分からなかった(汗。ベートーヴェン〜ワーグナーのように金管パートが主なのだろうが。
 昨日はロストロポーヴィチ追悼で、ETVが小澤とのシュトラウス「ドン・キホーテ」のリハとCG映像付き演奏をやっていた。これもスコアで追ってみたが、映像の方がおもしろかったかもしれない。特に音色が美しい人でもないのであまり聴かないが、以前CSで見たバッハの無伴奏組曲全曲解説は分かりやすく、バッハへの深い愛情が感じられてよかった。

 6月末まで、amazonではドーバーの洋書楽譜、オックスフォード出版ノンフィクションシリーズ、ペーパーバック等(指定の本に限る)で、4冊を3冊の値段で買える(いちばん安い本が無料)セールをやっている。

2007年05月08日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Vasiukov-Malich

Vasiukov-Malich ラスカー記念大会 1962 シシリアン・ディフェンス レーヴェンタール

1 e4 c5 2 Nf3 Nc6 3 d4 cxd4 4 Nxd4 e5

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1bqkbnr/pp1p1ppp/2n5/4p3/3NP3/8/PPP2PPP/RNBQKB1R w KQkq e6 0 5

 一般的に言って、これは陣形原則に反する手である。黒は、半開きのファイル上でd5とd6の2つのマスを弱くした。この手を正当化するなら、黒がいずれ展開で有利になることくらいである。白が対応を誤ると、黒はポーンをd5へ進めることに成功する。しかし、注意深く対応すれば、白は通常黒のポーン形の欠点につけ込むことができる。

5 Nb5!
 当然ながら 5 Nf5は、5...d5!のために良くない。b3やf3に退くのはかなり消極的。

5... a6
 黒はナイトをd6へと誘う。続いて生じる変化に期待して。

6 Nd6+ Bxd6 7 Qxd6 Qf6? 8 Qd1
 8 Qxf6 Nxf6の交換だと、黒が展開で優位に立って ...d5とできる。他の可能性を挙げよう。
 8 Qc7は、Bialas- Joppen1961で、8...Nge7 9 Nc3 Qe6! 10 Bd3 b5 11 0-0? Rb8 白のクイーンが罠にはまった。
 8 Qa3には、8...Nge7 9 Nc3 Rb8 10 Be3 b5! 11 Nd5 Nxd5 12 exd5 Ne7 黒が反撃できる(Bokuchava-Grigorianソ連選手権準決勝1964)。
 最後に興味深い変化は、8 Qd2 Qg6 9 Nc3 Nge7 10 h4 Nd4 11 h5 Qc6 12 b3 0-0 13 Ba3 d6 14 f4 Be6 15 0-0-0 Rfc8 16 Kb2 (Boikovic-Grigorianユーゴスラビア対ソ連戦1964).

8... Qg6
 黒は、白の展開を遅らせ、キング側キャスリングを妨害しようとする。

9 Nc3 Nge7
 9...Nf6には、Boleslavskyが提唱するように 10 Qd6!がひじょうに強 力。

10 h4 h5 11 Bg5
 11 Rh3は魅力に劣る。11...d5! 12 Rg3 Bg4 13 Be2 (13 f3は良くない。13...dxe4 14 fxg4 Nf5) 13...Bxe2 14 Qxe2 Qh7 15 exd5 Nd4 16 Qxe5 Nxc2+ 17 Kf1 0-0! 黒の狙いが強力。

11... d5!?
 黒の反撃の望みは、この手に集約されている。

12 exd5 Nd4 13 Bd3 Bf5 14 Bxf5 Nexf5 15 Qd3 f6 16 Be3 Qg4
 白のクイーン側キャスリングを阻止するためである。16...Qxg2に は 17 0-0-0が強力な攻めになる。

17 Bxd4 exd4
 本譜では、黒はポーンを取り返さないどころか1つ駒得する。しかし、17...Nxd4とした方が良かった。

18 Ne2 Qxg2 19 0-0-0 Qxf2 20 Kb1!

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r3k2r/1p4p1/p4p2/3P1n1p/3p3P/3Q4/PPP1Nq2/1K1R3R b kq - 0 20

 黒は1ポーン得だが…局面は敗勢である。ピース取りの狙い 21 Rhf1がある。20...Ne3は良くない。21 Qg6+ Kf8 22 Nxd4!. 安泰の白キングと違い、センターに留まる黒のキングは白ピースの集中砲火を浴びる。

20... g6 21 Qe4+ Kf7 22 d6 Kg7
 22...Nxd6には、23 Qd5+ Kg7 24 Nxd4! 白の強力な狙い。

23 Nxd4 Nxd4 24 Rxd4 Kh6 25 d7
 7段目のパスポーンの脅威とキングの安泰は、勝利の必須条件を満たしている。

25... f5 26 Qe5 Rhf8 27 Rhd1 Rad8 28 Qe7 Qg3 29 Rd6 Qg4 30 b3 f4 31 R1d5 1-0


 最近はさっぱり音楽のレビューをやっていないが、スターデジオのクラシックは相変わらず全部聴いている。スコアも少しずつ買っているので、将来もう少し具体的な批評ができたらいいと思っている。今年いちばんのヒットは、ハーゲン弦楽四重奏団のヤナーチェクかな。
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番
B00005MMH7 ハーゲン弦楽四重奏団 ヤナーチェク ヴォルフ

ユニバーサルクラシック 2001-08-29
売り上げランキング : 6660

おすすめ平均star
star往年の名四重奏団の名盤を凌ぐ、現代感覚の新傑作定番☆☆☆☆☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年03月16日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Koch-Shagalovitch

Koch-Shagalovitch 西ドイツ対ミンスク郵便戦 1963 フレンチ・ディフェンス アドバンス・バリエーション

1 e4 e6 2 d4 d5 3 e5 c5 4 c3 Nc6 5 Nf3 Qb6 6 Be2

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1b1kbnr/pp3ppp/1qn1p3/2ppP3/3P4/2P2N2/PP2BPPP/RNBQK2R b KQkq - 0 6

 6 a3で b4を準備する作戦には、6...c4か 6...a5で対処できる。Randviir-Shagalovitchソ連スパルタキアド1959では、6 a3 a5 7 Bd3 Nh6 8 dxc5 Bxc5 9 0-0 Ng4 10 Qe2 Qc7 11 b4 ここで 11...axb4 12 cxb4 Nd4に 13 Qb2!とされるより、黒はよりチャンスのある 11...Ba7とすべきだった。

 6... Nh6
 黒は ...Nf5でd4への圧力を増そうとしている。6...Nge7は、7 dxc5 Qxc5 8 Be3とされるので良くない。

 7 b3
 7 Bxh67...Qxb2とはできない。8 Bc1! Qxa1 9 Qc2で黒のクイーンが捕まる からである。7...gxh6は 8 b3 cxd4で本譜に移行する。

 7... cxd4 8 Bxh6
 白はh6のビショップを取る誘惑に負けた。もっと堅実なのは 8 cxd4 Nf5 9 Bb2 Bb4+ 10 Kf1 0-0 多くのゲームで試されてきた変化である。

 8... gxh6 9 cxd4 Bb4+ 10 Kf1 f6!
 黒はfファイルを開こうとしている。同スパルタキアドの一戦Hecht-Sokolskyでは代わりに、10...0-0 11 a3 Be7 12 Nc3 f6 しかし 13 Na4 Qc7 14 exf6 Bxf6 15 Qd2 Qg7 16 Rd1 黒は有利にならない。

 11 exf6 0-0
 黒はfポーンを取り返し、半開きのfファイルから圧力をかける。2ビショップの威力が主導権を後押しする一方で、キング側のわずかな弱点はほとんど問題にならない。

 12 a3 Bd6 13 Nc3 Rxf6 14 Na4 Qc7 15 b4 Qf7
 fファイルにメジャーピースを重ねて、黒は ...e5とできる態勢になった。いきなりの 15...e5は、16 Nc3 Qf7 17 dxe5 Nxe5 18 Nxd5で とがめられる。

 16 Rc1 e5! 17 Rxc6
 f2への圧力のために白が悪くなるのは、17 dxe5 Nxe5 18 Nxe5 Bxe5! (18...Rxf2+は 19 Kg1 Bxe5 20 Bf3!でだめ) 19 Bf3 Bg4! そして 20 Bxg4 Rxf2+ 21 Ke1 (21 Kg1? Rf1+ 22 Qxf1 Bd4+) 21...Re8! または 20 Bxd5 Rxf2+ 21 Ke1 Bc3+! 22 Nxc3 Re8+ 23 Ne4 Rxe4+! 24 Bxe4 Bxd1は、どちらも黒優勢。

 17... bxc6 18 dxe5 Rxf3 19 Bxf3 Bxe5 20 Nc5
 20 b5には最強の応手 20...Rb8! 21 bxc6 d4で、...Bf5 か ....Qa2から ...Rb1の狙いがある。

 20... Bf5 21 Be2
 21 g4 Bg6 22 Kg2として白はで きるだけ早くルックを参戦させる必要があった。この好機を逃すと白の敗北は早まる。

 21... a5!

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r5k1/5q1p/2p4p/p1Npbb2/1P6/P7/4BPPP/3Q1K1R w - a6 0 22

 aファイルを開こうとしている。22 b5には 22...cxb5 23 Bxb5 Rc8 24 Nd3 Bd4で ...Bxd3+の狙い。ここで白にはクイーンを動かす手くらいしかないが、それでも助からない。

 22 Qa4 Qg6! 23 h4
 23 bxa5には、23...Rb8! 24 a6 Rb1+ 25 Bd1 Bd3+ 26 Kg1 Bc2.

 23... Bd4 24 Nb3 Be4!
 しかし、24...Bc2は 25 Rh3!で時期尚早。f3と指させることが重要で、そうすれば白陣は絶望的となる。

 25 f3 Bc2 26 Rh3
 26 bxa5なら 26...Ba7で、...Rb8か ...Qg3の狙い。

 26... Re8 27 h5 Qd3!
 とどめ! 28 Nxd4には 28...Rxe2! 29 Nxc2 Qd1+. したがって白投了。


 ラト「ビ」アといった国名や地名表記は国が決めているからそれに従っていたが、他はアド「ヴァ」ンス・「ヴァ」リエーションと書く主義だった。しかし、どちらももうカナで定着しているので意地を張ることもないだろう。最後の砦の人名も、世界チャンプはエイ「ベ」、ボト「ビ」ニクで妥協することにした。
 レイアウトにしても無駄に長くなるのは嫌いなので、HPほどにはしないとしても改行は減らしていくつもり。変化手順に下線を付けるのも多すぎると意味がない。黒の手から始まる表記は、本譜だと 1... e5、変化だと 1...e5と、なぜか意味もなく区別してきた。途中で基準を変えても、もう全部統一する気にはならない(汗。
The French Advance (Everyman Chess)
1857443918 Sam Collins

Everyman Chess 2006-05
売り上げランキング : 20843


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年01月31日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Spassky-Arutiunian

Spassky-Arutiunian スパルタキアド 1955 ルイ・ロペス スミスロフ・ヴァリエーション

 1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Bb5 a6 4 Ba4 Nf6 5 0-0 Be7 6 Re1 b5 7 Bb3 d6 8 c3 0-0 9 h3 h6

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1bq1rk1/2p1bpp1/p1np1n1p/1p2p3/4P3/1BP2N1P/PP1P1PP1/RNBQR1K1 w - - 0 10

 スミスロフが提唱したピースの再構築を準備する手。黒は、...Re8, Bf8としたいが、すぐに 9...Re8では 10 Ng5とされる。

 10 d4 Re8 11 Nbd2 Bf8

 スミスロフ・ヴァリエーションの基本局面。黒は、gポーンを強化しただけでなく白のeポーンに圧力を加えている。これは黒番でスパスキーがよく指す変化で、ケレスのような強豪に対してマッチで用いた。

 12 Nf1

 Keres-Spasskyマッチ第2戦では、12 a3 Bd7 13 Ba2 a5 14 Qb3 Qe7 15 Nf1 a4 16 Qc2 g6 17 Ne3 Bg7. キング側ビショップをフィアンケットした黒が優勢。

 12... Bd7

 センターポーンをかすめ取ろうとするとピース損になる。例えば、12...exd4 13 cxd4 Rxe4? 14 Rxe4 Nxe4  15 Bd5!.

 13 Ng3

 ポーン交換 13 dxe5がKeres- Spasskyマッチ第4戦で生じたが、白には何ももたらさなかった。13...Nxe5 (13...dxe5も悪くない) 14 Nxe5 dxe5 15 Qf3 c5 16 Rd1 c4 17 Bc2 Qe7 全く十分な黒は、以下の白の弱い手以降優勢になる。18 b3 cxb3 19 axb3 Rec8 20 Bb2 a5 スパスキーが主導権を取った。

 13... a5 14 Bd2 a4 15 Bc2 Na5

 黒はナイトをc4に据えたく、白はこれを阻止する。

 16 b3! axb3 17 axb3 c6

 後にもう1手かけて ...c5とするので、手損である。

 18 Be3 Qc7 19 Nd2 c5 20 d5 b4

 20...b4は急がなくてもよく、20...Nb7で緊張を維持した方が良かった。

 21 cxb4 cxb4 22 Bd3 Rec8 23 Qe2 Qb7

 さもないと 24 Ba6!. しかし、もうほとんどの黒ピースはクイーン側へそらされているので、白のスパスキーは、aファイル上の圧力とキング側への攻撃を組み合わせて優勢になる。

 24 Ra2 Be7 25 Rea1 Bd8 26 Nh5! Nh7

 黒はナイトを交換したくない。26...Nxh5 27 Qxh5後にh6でサクリファイスされる恐れがあるからである。しかし、交換は必須だった。

 27 Qf3 Nf8

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1rb1nk1/1q1b1pp1/3p3p/n2Pp2N/1p2P3/1P1BBQ1P/R2N1PP1/R5K1 w - - 0 28

 ここまでは平穏な駒繰りが続いているが、驚くべきサクリファイスの連続がゲームの性格を一変させる。

 28 Rxa5! Bxa5 29 Rxa5 Rxa5 30 Bxh6! Nh7

 最後のサクリファイスには応じられない。30...gxh6 31 Qf6で、メイトが避けられないからである。f6を守っていた黒マス・ビショップがなくなったのが致命的。

 31 Nxg7 f5

 自暴自棄! しかし、Qg3の脅威に対して満足に守れない。

 32 exf5 Kh8 33 Nh5 Rg8 34 f6! 1-0

 34...Raa8としても、35 Bg7+ Rxg7 36 fxg7+ Kg8 37 Qe4 Ng5 38 Qg6で、完膚無き 39 Nf6#の狙い。


 最後あたりの「自暴自棄」は原文desperationである。あまりお目にかからないし、一般語から十分類推できる用法はチェス用語とするほどでも なさそうだ。「悪あがき」としてもいいだろうが、31...f5には駒損してもクイーンの横利きで守りを強化する狙いがあり、全くでたらめのはったりというわけではない。
The Masters: Boris Spassky Master of Initiative (Masters (Everyman Chess))
1857444256 Alexander Raetsky Maxim Chetverik

Everyman Chess 2006-12
売り上げランキング : 17915


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年01月16日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Stein-Spassky後半

 前半の手順:
 1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Bb5 a6 4 Ba4 Nf6 5 O-O Be7 6 Re1 b5 7 Bb3 O-O 8 c3 d5 9 exd5 Nxd5 10 Nxe5 Nxe5 11 Rxe5 c6 12 d4 Bd6 13 Re1 Qh4 14 g3 Qh3 15 Be3

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1b2rk1/5ppp/p1pb4/1p1n4/3P4/1BP1B1Pq/PP3P1P/RN1QR1K1 b - - 0 15

 マーシャル・ギャンビットのほとんどのゲームは、実質的にはこの局面から始まる。黒のすべてのピースが白のキングに狙いを定めている。クイーン側ビ ショップがすぐにg4へやって来て、クイーン側ルックはe8経由でe6に繰り出す。白は、敗北を防ぐためにはかなりの正確さが要求される。本局で指されたように、一つの防御手段は白がクイーンをf1へ運ぶことである。

 15... Bg4

 Boleslavsky-Saiginベラルーシ選手権1961では、黒が興味深い展開をした。15... h5 16 Qf3 h4 17 Nd2 Bg4 18 Qg2 hxg3 19 fxg3 Qh5. ここでは 20 Bd1としてビショップを交換すべきで、それなら防御しやすかった。

 16 Qd3 Rae8

 黒には他の攻撃方法もある。例えば、16...f5 17 f4 (...f4を防ぐために必須) 17...Rae8 (弱いのは 17...g5 18 Qf1 Qh5 19 Nd2 Kh8 20 Bxd5 cxd5 21 fxg5 f4 22 Bxf4 Bxf4 23 gxf4 Bh3 24 Qe2! クイーン交換後、白は攻撃を駆逐) 18 Nd2 Kh8 19 Bxd5 cxd5 20 Qf1 Qh5 21 a4! g5 22 axb5 axb5 23 fxg5 Rxe3(!) 24 Rxe3 f4 25 gxf4 Bxf4 26 Rg3 Qxg5 27 Kh1 Rg8 28 Nf3 Qf5 ここで白は 29 Ne5で優勢になれた。Boleslavsky-Talソ連チーム選手権1962.
 チェコスロバキアのプレーヤーたちは、無線同時対局で巧妙な作戦を使った。Tal-Trapil 1961では、16...g5! 17 Bxg5 f5 (サクリファイスの意味は、白が 18 f4とできないこと。18...h6 19 Bh4 Bxf4) 18 Qf1 Qh5 19 f4 Rae8 20 Nd2 Kg7 21 Bxd5 cxd5 ここで白は 22 Qf2とすべきだった。黒が2つ目のポーン・サクリファイスを正当化するのは難しくなっただろう。
 最後は、Spassky-Gellerマッチ1965で試みられた新しい変化である。16...Nxe3 17 Rxe3 c5 18 Bd5 Rad8 19 Nd2 Bb8 20 Bg2 Qh5 混戦。

 17 Nd2 Re6

 Valiev-Mamatovソ連スパルタキアド1963では、17...f5 18 f4 Kh8 19 Bxd5 cxd5 20 a4 g5 21 Qf1 Qh5 ここで 22 axb522...a5!で、白にa6でポーンを取らさない。23 Qf2 Re4! 24 Nxe4 fxe4 黒が攻勢。

 18 a4

 他の防御には 18 Qf1がある。 Suetin-Geller第31回ソ連選手権1963では、18...Qh5 19 a4 bxa4 20 Rxa4 f5 21 c4!? 途方に暮れる混戦。21...f4! 22 cxd5 Rxe3 23 fxe3 fxg3 24 dxc6+ Kh8 25 hxg3! Rxf1+ さらに激しい交換後、ドローに終わった。

 18... bxa4

 黒のクイーン側ポーンが弱体化する。Tal-Spasskyマッチ1965の最初のゲームでは、18...Qh5! 19 axb5 axb5 20 c4 (20 Nf1の方がいい) 20...bxc4 21 Nxc4 Bb4 22 Rec1 Be2 23 Bd1 ここから黒は互角にできた。23...Bxd3 24 Bxh5 Bxc4 25 Rxc4 Nxe3 26 fxe3 Bd2.

 19 Rxa4 f5 20 Qf1!

 Novopashin-Spassky第31回ソ連選手権1963では、早く決着が付いた。20 f4 Bxf4! 21 Bf2? Rxe1+ 22 Bxe1 Re8 0-1.

 20... f4 21 Qxh3 Bxh3

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
5rk1/6pp/p1pbr3/3n4/R2P1p2/1BP1B1Pb/1P1N1P1P/4R1K1 w - - 0 22

 一見すると、黒の攻撃は狙いを達成したかと思われる。22 gxf4 Rg6+ 23 Kh1 Bg2+ 24 Kg1 ここで黒は 24...Bh3+で強制的にドローにできるし、24...Be4+ 25 Kf1 Bd3+で勝利を目指すこともできる。しかし、Steinは驚くべきピース・サクリファイスを用意していた。

 22 Rxa6! fxe3 23 Rxe3!

 23 fxe3は良くない。23...Bb8 24 e4 Kh8から、黒にはfファイルにルックを重ねる狙いがある。

 23... Rxe3

 23...Nxe3には 24 Rxc6!.

 24 fxe3

 ここで黒は、25 Rxc6と 25 e4に対して防御しなければならない。

 24... Be7 25 Rxc6

 優位がなくなるミスである。好手は 25 e4! Bg5 26 exd5 Bxd2 27 dxc6+ (Parma-Spasskyユーゴスラビア対ソ連マッチ1965).

 25...Bg5! 26 Bxd5+ Kh8

 白はかなり駒得だが、27...Bxe3+の狙いがあるため、ある程度駒を返す必要がある。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
5r1k/6pp/2R5/3B2b1/3P4/2P1P1Pb/1P1N3P/6K1 w - - 0 27

 27 Bg2!

 27 Nf3?としたくなるが、これは敗北へ向かう。27...Bxe3+ 28 Kh1 Ra8! 29 Ng1 Ra1. この変化では、すべてが黒に有利に働いている。白のルックがビショップのh1〜a8ダイアゴナルを邪魔している一方で、黒のビショップは急所のc8マスを 守っている。

 27... Bxe3+ 28 Kh1 Bxg2+ 29 Kxg2 Bxd2

 混戦の結果、白の3つのポーンと黒の余剰ピースが均衡を保つ終盤に到達し、ドローとなる。

 30 b4 g5 31 g4 Be1 32 d5 1/2-1/2.


 知る人ぞ知る強豪シュタインとマーシャル・ギャンビットを仕掛けるスパスキーのゲーム、2回に分けても見応えがありました。黒17手目変化の解説「白にa6でポーンを取らさない」も、最後まで読めば意味が分かりますね。プロブレムのような終盤もおもしろい。
Leonid Stein: Master of Risk Strategy
0938650548 Eduard Gufeld

Thinkers' Press 2000-11
売り上げランキング : 758243


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年01月03日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Vasiukov-Rabar

Vasiukov-Rabar モスクワ国際大会 1961 ルイ・ロペス シュタイニッツ・ディフェンス・ディファード

 1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Bb5 a6 4 Ba4 d6 5 c3 Bd7 6 d4 g6 7 0-0 Bg7

 シュタイニッツ・ディフェンス・ディファードのアリョーヒン・システム。ここで、白はセンターを封鎖して白マスビショップを交換することにする。

 8 d5 Nce7

 8...Nb8 9 Bxd7+ Nxd7の方 がいい。

 9 Bxd7+ Qxd7

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r3k1nr/1ppqnpbp/p2p2p1/3Pp3/4P3/2P2N2/PP3PPP/RNBQ1RK1 w kq - 0 10

 センターの陣形は固まった。双方にとってこの状況に最適なプランは何だろう? 白の方が課題がたやすく、クイーン側で c4, b4から c5としてファイルを開こうとする。黒は、キング側で ...f5としてチャンスを追求すべきである。ビショップの交換後は、黒陣の白マスが弱点になることも考慮しなければならない。したがって、黒は ...f5後に、白が Nf3-g5-e6で弱くなったe6マスを占めることにも対処する必要がある。白も全く同様に、黒の危険なキング側突破に用心しなければならない。

 10 c4 Nf6 11 Nc3 0-0 12 Rb1 Ne8

 黒は、機会が許せば 12...Nh5から ...Nf4も考慮すべきだった。

 13 b4 h6

 黒は、白の Ng5を防ぐために手損せざるをえない。

 14 Nd2!

 これと次の手は、予防的な防御手段として欠かせない。

 14... f5 15 f3 Nf6 16 c5! Rf7 17 Ba3 Raf8

 17...Bf8から ...f4, Rg7, g5-g4とする方がいい。

 18 b5 axb5

 黒は、ファイルを開かれるのを阻止できない。18...a5な ら 19 b6!

 19 Nxb5 dxc5 20 Nc4! Ne8 21 d6!

 クイーン側の突破に加えて、白はセンターでも一撃をお見舞いした。黒陣は危機的である。

 21...Nc8 22 dxc7 Nxc7 23 Nbd6 b5!

 黒の最善手。ルックが逃げれば、Nxb7から Nxc5.

 24 Nxf7 Rxf7 25 Qxd7 Rxd7 26 Rfd1 Rd4 27 Rxd4 exd4

 27...cxd4 28 Nd6!の方が少しいい。

 28 Bxc5! bxc4 29 Rb8 Kf7 30 Rxc8 Na6 31 Ba3 d3 32 Kf1

 32 Rxc4?は明らかに良くない。32...d2で、ポーンが止められないからである。

 32...fxe4 33 fxe4 c3 34 Rd8! d2 35 Ke2 Be5 36 g3 h5 37 Rc8 Nc7 38 Bb4 Nb5 39 Kd1 Ke6 40 a4 1-0