ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2005年08月24日

Reuben Fine『The Psychology of the Chess Player』レビュー

 録画ボタンをダブルクリックすると30分切れになるなどという危険な機能(そのときボタンの見た目も変わるが30分未満のときは気付かなかった)を装備したVAIOのバンドルソフトも困ったものだが、ソニー(タイマー)製品とはなぜか腐れ縁がある。
 最初に買ったウィンドウズPCはVAIOノートで、これは液晶が先にいかれたが、浅くて軽いタッチのキーボードはお気に入りだった。未だに単品のノートタイプのいいキーボードを探しているが、あれほどにソフトなパンタグラフキーにはお目にかかれない。
 
 タッチパッドもよかった。信じられないと言われそうだが、私はマウスよりタッチパッドの方が使いやすい。右手をいちいちタイピング位置から大幅に動かして、さらに大きな動作を強いられるマウスはうっとうしくてしかたない。
 マウスの動作速度は最大にしても遅い。ダブルクリックの間隔は最短にしている。ファイル名の変更をするときなど、2回のシングルクリックをダブルと反応されてファイルが起動するのがいやだからだ。おそらく中年になってからPCを始めた人だと「一生」ダブルクリックできない設定だろう(笑。
 
 
 今回はまた変わったジャンルをと考えて、ファインの『チェスプレーヤーの心理学』(邦題だとこれしかない)にした。安いDover本の中でも74ページの薄っぺらだから買った当時で2.25ドル、JCA事業部でも770円で買えた。
 精神分析の博士号も持っていたファインは、実戦を退いてからチェスと心理学の著作に邁進したから、本書はその境界線上に位置することになる。'56年初出なのでフィッシャーとエゴについて書かれていないのが残念。
 
1. Review of the Literature 過去の関連文献のおさらい
2. Genaral Remarks on Chess チェスに関する総括
3. The World Champions スタウントン〜ボトビニク、チャンプ9人の精神分析(イラスト付)
4. Psychoses Among Chess Players 精神病と思われるプレーヤーに言及
5. Summary: Theory of Chess 1〜4のまとめ
6. Appendix: Two Letters by Ernest Jones 出版前に読んだジョーンズの感想
Bibliography 参考文献(2ページ)

 出だしからフロイト流精神分析の臭いがプンプンで、男子プレーヤーのみを対象にすればいい時代はそれでよかったろうが、今日ではそうはいかない。最近出たMarilyn Yalomの"Birth of the Chess Queen"はその対極にありそうだ。
 偏見かもしれないが、学者肌のプレーヤーは概してまともな方だったと思う。病的なモーフィーやシュタイニッツに比べてのラスカーやエイベである。一般に知られているチャンプの人柄以外にさほど目新しい事実は出てこない。
 
 「まとめ」の第2段落(p.68)を引用しよう。
The symbolism of the game lends itself particularly well to these conflicts. Central is the figure of the King, which as a piece is both all-important and weak, and derives its three meanings from this combination. The King stands for: the boy's penis in the phallic stage, the self-image of the man, and the father cut down to the boy's size. Both technically and psychologically the King is unique and gives the game its distinctive flavoring.

 チェスの記号化は、これら(チェスプレーヤー)の葛藤を説明するのに特に役立つ。中心的役割を成すのはキングであり、極めて重要でありながら弱いというこの駒の二面性から以下の3つの意味が派生する。キングが表象するものは、男根期の少年のペニス、男子の自己イメージ、少年サイズに切り詰められた父親である。キングは、駒の機能的にも心理学的にも特異で、チェスに独特の風味を醸し出している。
 
 私が買ったときは、心理学が実戦に役立つことを多少は期待していたが、全くそのような本ではない。それと、フロイト流精神分析の基礎知識を前提として書かれている。
Psychology of the Chess Player
0486215512Reuben Fine

Dover Publications 1956-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | チェス(洋書評 その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック