ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年07月26日

Dickins『フェアリーチェス入門』1 歴史 その1

 西暦600年頃にインドで発祥して以来、チェスというゲームは、絶え間ない「変異(mutations)」による進化発展または一足飛びの飛躍を長い間続けてきた。約1500年を経ても、2つのピース、ルック(またはキャスル)とナイトだけは当初と同じ動き方を保っており、チェックメイトもしかりである。しかし、他のすべての駒とゲームの「ルール(laws)」の多くは変化を被ってきた。

 これらの変化が生じるのは、主にチェスが新しい文化によって初めて取り上げられたときである。したがって、チェスの様々な変種が、ヨーロッパ、インド、ビルマ(現ミャンマー)、タイ、中国、日本、マレー諸国に見られる。

 チェスがヨーロッパ、おそらくイスラム教の影響によってスペインや南イタリアへ伝播した後に、いくつかの重要な変化が生じた。12,3世紀頃からのことである。Shah(キング)、Fers(大臣、現代のクイーン)、Baidaq(ポーン)が、初手の動きを1マスから2マスに拡張された。最初、これら新たなオーソドックスではない動き方は「フェアリーな」動きと見なされていたはずだが、時が経つにつれてオーソドックスなゲームの中に組み入れられた。付録Aに、イスラム圏や中世のチェス・プロブレムを少数集めた。すべてが500〜1000年前の作品であり、ファイルライダー、セルフメイト、シリーズムーバー、ダブルムーブ駒等、「現代」フェアリーに特有の形式を使ったものもある。

 次の重要な進歩は、ちょうど15世紀末になされた。2つの駒、Fers(クイーン)とAlfil(ビショップ)の動きが拡張されたのである。Fersの動きは斜め四方に1マスと制限されていたが、この動きが盤の端までに拡張されるとともに縦横四方にも同じ動きが認められ、現代のクイーンの動きになった。当初、この新しい駒は「狂った(Mad)」または「激怒した(Furious)」クイーンと呼ばれた(フランス語では、激怒した婦人のチェス(eshécs de la dame enragée)、イタリア語では、激怒するチェス(scacchi alla rabiosa))。Alfilは斜め四方の2マス先への動きに限られていたが、現代のビショップのようにこの斜めの動きが盤の端まで延長されて当然と見なされるようになった。この新たな駒は、当初はキングの「顧問(adviser)」を意味する名前で呼ばれていたが、ゲルマン系言語圏では「賢人(Sage)」や「老人(Old Man)」を意味する言葉が広く採用された。しかし、ドイツ人は後にこの駒を「走者」(Läufer)と呼ぶようになる。本章の後で扱うクーリエゲームに出てくる「急使」(Runner)におそらくちなんでいる。アイスランドとイギリスでは「ビショップ(Bishop)」という名前が採用されたが、フランスとプロバンス語圏では、冗談、戯れ、道化師を意味するFolまたはFouと呼ばれるようになった。
 *注 H. J. R. MurrayのA History of Chess (p.426, 注29)によると、フランス語のFouが、アラビア語のFil(象)が転化したものとする歴史的証拠は発見されていない。


 盤上をどう猛に駆けめぐる狂った女王に道化師が加わることで、新たなゲーム形式への増大する関心と移り気は、一世代ほどの期間で古いオーソドックスな形式を廃止に追い込みそうに思える。しかし、旧形式のゲームも、一定の地域や社会階層内で確かに生き延びた。

 西暦1500年頃以来、チェスのルールはヨーロッパ中でほぼ統一されてきたが、キャスリング、ポーンの昇格、ステイルメイト、アンパッサンについては地方によって違いがあった。1924年に世界チェス連盟(Fédération Internationale des Eshecs)(FIDE)が設立されてからは、すべての国際大会と多くの国内組織やチェスクラブのために、国際的相互合意の下でこれらの変則ルール問題は解消されている。それでも、依然として「国内」や「内輪」と呼べる、伝統的ルールが変化したチェスの形式は存在し続け、私的に非公式に楽しまれている。現在、これらは非オーソドックスまたは「フェアリー」チェスと定義されるようになった。


 目次、序文、記号表、謝辞は飛ばし、おいおいHPで対応する。特に通常の駒を逆さや横にしたデザインのフェアリー駒記号は、最初に一気に作るのは骨である。ウェブ上のどこかに画像が転がっていそうだが、通常の駒とデザインを合わせるためにも作った方がいいだろう。
 チェスの起源のところではthe Game of Chessと述べるものの、その後中世まではチェスをthe gameでぼかしている。通常the gameはチェスと訳していいが、現行とは違うチェスのニュアンスを感じさせる。日本語では回りくどいので結局全部チェスにした。

Guide to Fairy Chess
Anthony Stewart Mackay Dickins
Guide to Fairy Chess
Dover Publications Inc. 1971-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。