ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年07月06日

ファイン『チェス棋士の心理学』4 チェス棋士の精神病 その2

 メキシコ人マスター、カルロス・トーレ(Carlos Torre, 1904-1978)は、名声を獲得した直後に精神病の発作に襲われた。メキシコからの移民として、トーレはニューオーリンズに生まれ、11歳のときにニューヨークへ移住した。弱冠20歳で(1925年)ヨーロッパへ渡り、多くの国際大会で成功を収める。1925年のモスクワ大会では、たまたま21歳の誕生日にエマヌエル・ラスカーに勝利した。トーレは、前途有望な世界チャンピオン候補と見なされるようになる。メキシコ政府は、まだ1910年に始まった革命の余波の中にあったが、寛大な報酬とチェス活動に必要な援助を約束し、トーレをメキシコへ召還した。その約1年後にニューヨークで発作が起こる。五番街を走るバスの中で素っ裸になったのだという。入院後、メキシコのモンテレーへ送り返され、3人の兄弟と医師たちの介護を受けている。それ以来、トーレは モンテレーを離れず、国際大会には全く参加していない。1934年には、モンテレーで少し対局した。トーレは明らかに異常だが、明白な精神病の特徴を示してはいない。大会から8年も離れていたので、チェスがやや衰えたと思われるかもしれない。実際は、技術的な観点から見て、レベルはほとんど衰えていない。

 トーレには、目立って奇妙なところがあった。熟睡できず、夜は2時間以上寝なかったと言っている。パイナップル・サンデーに目がなく、日に10〜15個も食べていた。浪費の原因になるからといって、仲間に女性と付き合わないようにと警告した。

 モーフィーと明らかに類似したケースである。年齢的にもほぼ同じで、故郷へもどり、引きこもり、チェスを指さない。モーフィーの幻覚が一つ思い出される。共謀した義理の兄と親友ビンダーに服を切り裂かれるいうものである。トーレの精神病も、バスの中で衣服を脱ぐことから始まったのだ。

 ポーランドでのチェス大会中に、アキレス・フリードマン(Achilles Frydman, 1905-1940)というポーランド人マスターが発狂し、丸裸で「火事だ!」と叫びながらホテルを駆け抜けたという報告がある。

 何年か前にヨーロッパの大都市のチェスクラブで、ある強豪プレーヤーが頭から足までコートで覆った出で立ちで現れた。やにわにコートを開くと、その下には一糸まとわぬ姿が露わになったという。男は入院したが、すぐに回復した。

 これらの実例では、多くのケースで自己顕示欲が精神病の形(露出症)で出現している。アリョーヒンのような他のケースでは、風変わりな自己顕示欲が観察されてきた。

 晩年(1929-1935)に際して、ロシアからの亡命マスター、アーロン・ニムツォヴィッチ(Aron Nimzovitch, 1886-1935)は、医者からもっと運動するようにと言われていた。彼はこの助言に従い、大会中でさえ柔軟体操を続ける。自分の手番でないときは、部屋の隅へ行って深く膝の屈伸等を行った。逆立ちして観衆を驚かせることもあった。こういう奇行をしつつも、ニムツォヴィッチはこの時期に立派な成績を残した。

 ポーランド人グランドマスター、アキバ・ルービンシュタイン(Akiba Rubinstein, 1882-1961)は、第一次世界大戦前における世界選手権の代表的挑戦者の一人だった。しかし、戦後は徐々に退き、ついには誰かに追われる被害妄想を抱くようになって引退してしまう。見知らぬ者が部屋に入ってきて走り去り、窓から飛び出して行くこともあったという。1932年以降は、すべてのチェス活動から退き、社会的接触も断った。

 これらのケースに見られる精神病の症状は、偏執病、誇大妄想、露出症(社会的現実感覚の喪失)である。明白な同性愛や、心因性うつ病、自殺のケースは見られない。退行は通常さほど深刻ではなく、入院期間は短いか必要としない。

 これらの症状は、本書の理論的分析によって説明できる。偏執病は攻撃の恐怖からの退行表現、誇大妄想は自己愛の原初的段階であり、露出症、特に自己露出は、身体的接触のタブーに我慢できず、チェス盤上にある象徴ではなく自身のリアルなペニスを見せることで孤独を切り抜けようとする衝動的試みである。深刻なうつ病や自殺にまで及ばないのは、チェスが攻撃のはけ口になっていることで説明が付く。自我の構造は明白な同性愛を許さない。自我は、最悪の退行を回避するだけの強さを保っている。


 ニムツォヴィッチがアクロバットでも観衆を沸かせていたとは知らなかった(笑。次回は、第5章「要約:チェスの理論」。

Chess Secrets:the Giants of Strategy: Learn from Kramnik, Karpov, Petrosian, Capablanca and Nimzowitsch
Neil McDonald
Chess Secrets:the Giants of Strategy: Learn from Kramnik, Karpov, Petrosian, Capablanca and Nimzowitsch
Everyman Chess 2007-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。