ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2016年10月28日

2016年10月27日のツイッター




posted by 水野優 at 00:01| Comment(2) | チェス(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おら〜、この本持ってるだよ。
ななめ読みだけど、確かに英語は難しくないし、分量も多くないな。

女子のグランドマスターを目指すアフリカ人の少女・・・と言う感じ(環境は悪いのだ)なのだけれども、ちょっとチェス力に貸しては「盛りすぎ」のようです。

英語は簡明だけど、人名地名の正しい読み方がわかんない。
チェスから見たアフリカ(人の女性問題)というところでしょうか。
お話だけです。
Posted by keres65 at 2016年10月29日 12:40
 やっぱり盛りすぎでしたか。試しに買おうとも思いましたが、どうせ訳さないからいいかなと。
 チェスの厳しい現状に関してはやはり『ボビー・フィッシャーを探して』がピカイチなんでしょうね。
Posted by 水野優 at 2016年10月30日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。