ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年06月07日

Morozevich他『The Chigorin Defence According to Morozevich』

 たまにはマニアックな定跡の本を紹介しておこう。Alexander Morozevich, Vladimir Barskijの 『The Chigorin Defence According to Morozevich: The Lines and Ideas in His Most Original Weapon』(236ページ、New in Chess)である。
 クイーンズ・ギャンビット(1 d4 d5 2 c4)に対して、黒が早くも2手目に 2...Nc6でセンターに挑む。私も郵便戦のテーマ大会で集中的に指したことがあり、古い本も持っていた。白の3手目 3 Nf3と 3 Nc3で主に2つの変化に分かれる。黒は悪形を受け入れつつカウンターを狙う。

IM Jeremy Silman
 「世界最高棋士による、情熱、魅惑的な(しかも多くが独創的)分析、名局、ひいき目なしの評価にあふれたすばらしい本」

ChessVibes.com
 「好定跡書のみならず名局集でもあり、トップ棋士の定跡研究方法への一般的な疑問にまで深く切り込む」

David R.Sands, The Washington Times
 「ありがちな定跡書とは違い、モロセヴィチはお気に入りの定跡の珍妙さを主張するわけではない」

 アレクサンダー・モロセヴィチは、その激しく独創的な棋風により世界中で高い人気を誇っている。彼は現在世界第7位にランキングされている。この定跡は彼の長年のお気に入りとなっている。激しく不屈の戦いへ導かれるので、「モロ」がチゴリン・ディフェンスを始めてからは、多くの支持者が追随した。

The Chigorin Defence According to Morozevich: The Lines and Ideas in His Most Original Weapon
Alexander Morozevich Vladimir Barskij
The Chigorin Defence According to Morozevich: The Lines and Ideas in His Most Original Weapon
New in Chess 2007-05-27
売り上げランキング : 33884


Amazonで詳しく見る
posted by 水野優 at 11:22| Comment(2) | チェス(洋書評 序盤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこれはオススメ。
Posted by maro_chronicon at 2007年06月07日 20:36
 最新情報にうとい私ゆえ、「マロ」さんの推薦、参考になります(汗。
Posted by 水野優 at 2007年06月08日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。