ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年05月11日

メイソン『チェスの技術』第2部コンビネーション:図274〜277

 40回で160題紹介してきた本訳連載は今回で終了です。これらはHPチェストランスでも見ることができます。Mason『The Art Of Chess』の残り、第3章定跡編はすでに訳した定跡書より古いので翻訳予定はありません。巻末のチェスQ&Aのようなものは何かの形で役立てるつもりです。


  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図274
6rr/1pp2pk1/pb1p4/3PP2n/4P2q/2PQ1R2/PPB3PP/5R1K b - -

 ブラックバーンがチゴリンに勝ったゲームから。

1... Qxh2+!

 容赦ない驚愕の手。

2 Kxh2 Ng3+ 3 Kxg3 Kf8+ 4 Kf4 Rh4+ 5 g4 Rhxg4+ 6 Kf5 R4g5+

 次手でメイト。
 白は危険に全く気付いていなかったようだ。しかし、開いたファイルからキングに向かって多大な戦力が集結していたことが、何よりの警告だったはずである。予防手を1つ指していれば、(上記の)悲劇は起こりえなかっただろう。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図275
2r3k1/1rq2ppp/p2p1n2/n1pPp3/1p6/2PP2NP/PPB1QPP1/2R1R1K1 w - -

 ルイ・ロペスから。

1 d4 exd4 2 Nh5! Nd7 3 Qg4 g6 4 Re7 Kf8 5 Rce1 Qd8 6 Qg5 Ne5 7 Qf6 Nac4 8 f4 gxh5 9 fxe5 Nxe5 10 R1xe5

 白勝ち(10...Rxe7 11 Qh8#!)。
 黒は、白のキング側攻撃をそらす意図でクイーン側へ戦力を集中した。白ビショップの利きが邪魔され、黒のセンターが防御されていたから、もっともなプランである。しかし、白は一手で黒が想像していた平穏を消し去り、勝ちを決める美しい攻撃を得る。強制的ゆえに見事である。黒は、1...Re8で敗北を遅らせることができたかもしれない。シュピールマンがカールズバッド大会(1911)で指した名局である。
 2...Nxh5には、3 Qe8+...がある。
 7手目は、7 R1xe5!! dxe5 8 Qf6!!の方が勝ちがさらに早かった。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図276
2krr3/ppp3pp/2n5/2Bq1b2/Q2P4/5N2/P4PPP/3R1K1R b - -

 状況はかなり白に不利である。事実、白は(ナイトの)速さ(canter)で負けている。

1... Qxf3! 2 gxf3 Bh3+ 3 Kg1 Re6! 4 Qc2 Rxd4! 5 Bxd4 Nxd4 黒勝ち。

 後数手でのメイトが避けられない。d4経由でナイトが跳んで「けりを付ける」。メイソンが勝った。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図277
r1b1kbnr/pp2q1pp/n3pp2/1N1p4/3B4/4PN2/P1P2PPP/1R1QKB1R w Kkq -

 クイーンポーン・オープニングから。

1 Nxa7 Nc5 2 Nxc8 Rxc8 3 Bb5+ Kf7 4 0-0 Qc7 5 c4 dxc4 6 Bxc4 Ne7 7 Ne5+! fxe5 8 Qf3+ Kg6 9 Bxc5 Qxc5 10 Bxe6 h5 11 Bf7+

 後2手でメイト(11...Kg5 12 h4+ Kxh4 13 Qg3#)。
 本局の特徴は、図277から理解できる。黒は ...c5後に ...Qb6から白のbポーンを取り、クイーンがe7へもどった。黒がクイーンが追われて手損する間に、白は手得して迅速に展開したのである。1ポーンを得るために黒の戦力がほぼ初期位置のままだったので、1 Nxa7後も劣勢な陣形となり、シュレヒター(白)が芸術的な棋風で決着を付けた。


 図276の解説が洒落ているので原文を以下に引用しておこう(太字は私)。
 A situation much against White. In fact, he lost in a canter:-
解答手順
 Mate in very few moves inevitable; the Knight going in through d5 as a "settler." Won by Mason.

 canterは一見してcenterの誤植か(そう解釈してもしっくり来ない)と思うが、元々イギリスの古典チョーサーの『カンタベリー物語』に由来し、馬のtrotより速くgallopより遅い足踏みの意味である。しかし、手順以前の文だけだとその意図が見えない。
 次に、黒のナイトがc6-d4-f3と跳ねる狙いの説明があるので、ナイトの速くも遅くもない適度な前進を巡礼者が馬を駆る様子になぞらえたのだと分かる。settler「決着を付ける」は、元々19世紀に南アフリカの植民地へ移住した人たちのことだから、2つの比喩が呼応している。
この記事へのコメント
>40回で160題紹介してきた本訳連載は今回で終了です。

お疲れ様でした。盤面はJCCA日本通信チェス協会の棋譜再生ソフト「PigeonLog」でFENを貼り付けて鑑賞できます。勉強になります。
Posted by kathmanz at 2007年05月11日 21:44
 序文があったので41だったようです(汗。
 私は相変わらずWinboardですが古いからかバグるときがあります。PigeonLogもフリーなら試してみます。
Posted by 水野優 at 2007年05月12日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。