ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年01月25日

Anatoly Karpov『Karpov's Caro Kann: Panov's Attack』

 どうもこのカルポフのカロカン本は発売が遅れに遅れているのか再発か分かりかねるが、また発売になっているので取り上げよう。Anatoly KarpovKarpov's Caro Kann: Panov's Attack』 (244ページ、バッツフォード)。

出版社レビューの訳:
 チェス史上最高のポジショナル・プレーヤーと見なされている偉大なアナトリー・カルポフは、30年余りに渡ってチェス界に大きな影響力を持ち続けてき た。今その該博な知識を、カロカンに絞った権威ある必携の定跡書で披露する。本巻では、生涯こだわり続けたカロカンで、白の攻撃的なパノフの開いたラインからの攻撃に対し、持ちこたえるだけでなく反撃かつ優勢になる方法を示す。黒が安全を確保するだけでなく積極的に指す多くの変化を選択して分析している。

著者について:
 アナトリー・カルポフはチェスの生きる伝説である。1975年から85年までの世界チャンピオン在位を含めて10年以上もの間チェス界をリードした。彼 をチャンピオンから引きずり下ろしたガルリ・カスパロフとは、以来イデオロギー的にも対立するロシア人同士の辛辣なライバル関係となる。カルポフは、 160以上の優勝という大会最多勝棋士でもある。他にもいくつかのチェス定跡書を著している。ロシア在住。
Karpov's Caro Kann: Panov's Attack
071349011X Anatoly Karpov

B T Batsford Ltd 2007-01-15
売り上げランキング : 49970


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 15:28| Comment(0) | チェス(洋書評 序盤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。