ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2007年01月03日

ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』Vasiukov-Rabar

Vasiukov-Rabar モスクワ国際大会 1961 ルイ・ロペス シュタイニッツ・ディフェンス・ディファード

 1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Bb5 a6 4 Ba4 d6 5 c3 Bd7 6 d4 g6 7 0-0 Bg7

 シュタイニッツ・ディフェンス・ディファードのアリョーヒン・システム。ここで、白はセンターを封鎖して白マスビショップを交換することにする。

 8 d5 Nce7

 8...Nb8 9 Bxd7+ Nxd7の方 がいい。

 9 Bxd7+ Qxd7

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r3k1nr/1ppqnpbp/p2p2p1/3Pp3/4P3/2P2N2/PP3PPP/RNBQ1RK1 w kq - 0 10

 センターの陣形は固まった。双方にとってこの状況に最適なプランは何だろう? 白の方が課題がたやすく、クイーン側で c4, b4から c5としてファイルを開こうとする。黒は、キング側で ...f5としてチャンスを追求すべきである。ビショップの交換後は、黒陣の白マスが弱点になることも考慮しなければならない。したがって、黒は ...f5後に、白が Nf3-g5-e6で弱くなったe6マスを占めることにも対処する必要がある。白も全く同様に、黒の危険なキング側突破に用心しなければならない。

 10 c4 Nf6 11 Nc3 0-0 12 Rb1 Ne8

 黒は、機会が許せば 12...Nh5から ...Nf4も考慮すべきだった。

 13 b4 h6

 黒は、白の Ng5を防ぐために手損せざるをえない。

 14 Nd2!

 これと次の手は、予防的な防御手段として欠かせない。

 14... f5 15 f3 Nf6 16 c5! Rf7 17 Ba3 Raf8

 17...Bf8から ...f4, Rg7, g5-g4とする方がいい。

 18 b5 axb5

 黒は、ファイルを開かれるのを阻止できない。18...a5な ら 19 b6!

 19 Nxb5 dxc5 20 Nc4! Ne8 21 d6!

 クイーン側の突破に加えて、白はセンターでも一撃をお見舞いした。黒陣は危機的である。

 21...Nc8 22 dxc7 Nxc7 23 Nbd6 b5!

 黒の最善手。ルックが逃げれば、Nxb7から Nxc5.

 24 Nxf7 Rxf7 25 Qxd7 Rxd7 26 Rfd1 Rd4 27 Rxd4 exd4

 27...cxd4 28 Nd6!の方が少しいい。

 28 Bxc5! bxc4 29 Rb8 Kf7 30 Rxc8 Na6 31 Ba3 d3 32 Kf1

 32 Rxc4?は明らかに良くない。32...d2で、ポーンが止められないからである。

 32...fxe4 33 fxe4 c3 34 Rd8! d2 35 Ke2 Be5 36 g3 h5 37 Rc8 Nc7 38 Bb4 Nb5 39 Kd1 Ke6 40 a4 1-0
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。以前、「The Ideas Behind the Chess Openings」でコメントさせてもらった者です。
以来、水野さんの翻訳を楽しみに読ませてもらっています。
元旦から精力的に翻訳をされているご様子、全く脱帽です。
今年もすばらしい翻訳を期待しておるます。がんばってください。
Posted by fianchetto at 2007年01月03日 00:56
 おめでとうございます。日本一暇なチェスファン&翻訳家なだけです(笑。
 本年もよろしくお願いします。
Posted by 水野優 at 2007年01月03日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。