ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年12月21日

Jan Timman『On the Attack: The Art of Attacking Chess According to the Modern Masters』

 今月発売のJan TimmanOn the Attack: The Art of Attacking Chess According to the Modern Masters』(235ページ、New in Chess)を紹介する。

出版社レビューの訳:
 世界的に有名なグランドマスターがアマチュア棋士に現代風攻撃的チェスを説明する。本書は、優位に立つ方法と、その優位を攻撃的戦略や手順に転換する方法を説く。相手陣内の弱点につけ込む得策を教える。ティマンは、アマチュア棋士に現代風攻撃とその成功例を解説するために、カスパロフ、トパロフ、カルポフ、シロフ、ジュディ・ポルガー等の名人の最も教訓的な攻撃を含むゲームを選択した。On the Attackは、読者の想像力と自信を強化し、いつどこでどのように攻撃したらいいかを理解できるので、多くの勝利をもたらすだろう。

著者についての訳:
 ヤン・ティマンは、世界のトッププレーヤーの一人として20年活躍し、世界選手権の挑戦者決定戦にも何度も勝ち上がった。『Chess the Adventurous Way』『Power Play with Pieces』『Curaçao 1962』等の評価の高いチェス書の著者であり、世界最高のチェス雑誌『New In Chess』の編集長でもある。

ブリティッシュ・チェス・マガジンのレビュー訳:
 ティマンは11人のトップ棋士を選択し、彼らの簡単な紹介とそれぞれ3局ずつを解説している。棋士は、カスパロフ、カルポフ、ティマン自身、トパロフ (校正ミスのせいで、本文内で"Wild Adventures"と呼ばれている)、アナンド、シロフ、ショート、イヴァンチュク、J.ポルガー、I.ソコロフ、Volokitin. Volokitinが入るとはちょっと驚きだ。フィッシャー(おそらくもう現代風じゃないから)やクラムニク(攻撃的といえないから?)らの入る余地はな い。したがって、本書は攻撃的棋士の33局「断片」集だが、卓越した学識と洞察を惜しまない著者により丁寧に書かれている。

 他の情報によると、書き方は『Curaçao 1962』に近いらしい。
On the Attack: The Art of Attacking Chess According to the Modern Masters (New in Chess)
9056911872 Jan Timman

New in Chess 2006-12-30
売り上げランキング : 97542


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 00:03| Comment(0) | チェス(洋書評 その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。