ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年09月22日

メイソン『チェスの技術』第2部コンビネーション:図150〜153

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図150
2q2n1k/2r3p1/2n4p/3Q1p2/2P5/1PB2BP1/7P/4R2K w - -

 シシリアン・ディフェンスから。
 黒が困窮しているのは、パスポーンのためだけではなく、こういう開けた局面での2ビショップに対する2ナイトの無力さのためでもある。

1 Qd6! Kh7 2 Bd5 Ng6 3 Be6 Qb7 4 Bxf5! Ne7+ 5 Be4 Qxb3 6 Qd4! 白勝ち。

 6...Ng8等には 7 Bxg6+で、白が圧倒的に有利である。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図151
5rk1/p5pp/1pp1r2q/3b1p2/P2P4/2RQP1P1/5N1P/4R1K1 b - -

 黒は、主としてビショップの優れた利きによって強力な攻撃布陣を敷いている。白のe1のルックは無防備である。

1... f4! 2 e4 fxg3 3 Qxg3 Rg6 4 Ng4 Qh5 5 h3 Bxe4! 6 Rxe4 Qf5 7 Qe1 h5 8 Re5 Qf4! 9 Re4 Qf6 10 Ree3 hxg4 11 hxg4 Rh6! 12 Qe2 Qh4 13 Qg2 Rf2! 14 Re8+ Kh7 15 Qe4+ Rg6 16 Rh3 Qxh3 17 Kxf2 Qxg4 黒勝ち。

 1...f4後、白には実践できる適切な防御がない。3 hxg3なら 3...Rxf2で勝ち。一時的にピース・サクリファイスしてから優勢になるのがおもしろい。11...Rxg4+でも勝ち。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図152
2kr2r1/ppp4p/2n2R2/3q4/1P6/P5B1/3p1PPP/R2Q2K1 b - -

 黒の楽勝。

1... Qd4! 2 Rf7 Qxa1! 3 Rxc7+ Kb8 4 Rd7+ Rxg3 5 Rxd8+ Nxd8 6 Qxa1 Rc3!!...

 7 Qxc3 d1=Q+なら次手でメイト。
 黒の強烈なパスポーンのために白が当然ながら絶望的とはいえ、結末は実に見事。パスポーンの威力の説得力ある実例である。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図153
3rr1k1/3n2pp/2p5/p2qp3/Pp6/1P1P2QN/2P3PP/4RR1K w - -

 ペトロフ・ディフェンスから生じたこの局面では、黒のポーンがばらけているので、白は終盤戦の利を生かした方がいい。しかし、白は優位を求めすぎたために敗れる。

1 Ng5 Rf8! 2 Qh3 Rxf1+ 3 Rxf1 Nf6 4 Rxf6? gxf6 5 Qxh7+ Kf8 6 Qh8+ Ke7 7 Qg7+ Ke8 8 Qxf6 Rd6 9 Ne4? Qxe4! 10 Qh8+ Kf7 黒勝ち。

 エクスチェンジ損からは、白はドローにするのが精一杯。9 Ne4?は、こういう局面ではよくある単純なポカである。
この記事へのコメント
しばらくチェックをさぼってました。今のうちにジャンル別に並べて勉強しとこう。とても追いつけそうにないが。

JCCAのEmail戦は大詰め、返信の遅い私の局だけが残ってる。序盤エクスチェンジアップしたものもあったが終盤の入り口あたりでポカが出て結局全部負けそう。投了のタイミングを考え始めた。あきらめてはいけないのだが、むしろ早く終わらせてコメントをもらいたい心境。
Posted by kathmanz at 2006年09月24日 11:49
 私のような暇人とは正反対に、うちの記事を読む時間も取れない方もたくさんいるのでしょうね。メイソンのコンビネーションは、最新のフリッツとかで調べると穴だらけのような気もします。私はそこまでやりませんが(汗。
 通信戦の終盤だとなかなかポカも出ないでしょうから早く楽になりたい気持ちも分かります。でも郵便のように費用もかさまないからねばれるという考えもあるかと。
Posted by 水野優 at 2006年09月24日 16:30
コメントありがとうございます。JCCAは結果報告がML(ヤフーグループ)上なので自動的に棋譜(PGN)が公開されます。今の組が終わったらどこか(mixiとか)に発表していこうか。
Posted by kathmanz at 2006年09月24日 18:02
 一般サイトの公開だと対戦相手に気を遣って出しにくいとかありそうですね。
Posted by 水野優 at 2006年09月25日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。