ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年07月08日

水野優の窮境のチェス:GAME 51,52

 かなり先の話になるが、次の連載記事のことは常に考えている。もうすぐ終わるのはEm.ラスカー『チェスの常識』とこの『水野優の窮境のチェス』だろ うが、ヘンリー・バードの"Chess History and Reminiscences"とメイソンの『チェスの原則』の続き第2章中盤編が後釜になりそうだ。
 完全な著作権切れではない十年留保('70年以前初発で以後10年以内に和訳されていないもの。翻訳出版フリーとされる)該当なら、ファインの『チェス プレーヤーの心理 学』『序盤の背景にある考え方』等候補はいくらでもあるので、紙出版の見込みがなさそうなら放出するかもしれない。


『水野優の窮境のチェス--Yu Mizuno's Out-of -the-way Chess Moves』

                                                                4(5段階の難易度)
GAME 51   Yu Mizuno vs G. Telbis(Romania ICCF-IM 2470)
                 1992-95
                 ICCF 12th Olympiad Preliminary Section 3 Board 1

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
1q2rbk1/n5pp/p2pb3/1p6/1Pr1P3/2N1B3/P2Q2PP/1R1B1RK1 w - - 0 28

白番(28手目)

考え方=初手はありきたりでしょうが、駒得までしっかり読み切ってく ださい。

答え=28 Bb3が正解です。28...Rcc8 黒はエクスチェンジ損を避けますが 29 Rxf8+! Kxf8 (29...Rxf8? 30 Bxe6+) 30 Qf2+(二重攻撃) 30...Kg8 31 Bxa7 結局、白のB+N vs Rの交換得となりました。
 当時JPCAレイティングがトップだったので、このオリンピック予選は第一ボードを任されましたが、4/12ポイントしか取れず、問題にできるのはこれ だけです。現在ICCFレイティングがトップクラスのDr. H. Tarnowiecki戦をドローにできたのは、最大の自慢になりました(汗。

Sicilian Defense: Taimanov
1.e4 c5 2.Nf3 e6 3.d4 cxd4 4.Nxd4 Nc6 5.Nb5 d6 6.c4 Nf6 7.N1c3 a6 8.Na3 Be7 9.Be2 0-0 10.0-0 b6 11.Be3 Bb7 12.Qb3 Nd7 13.Rfd1 Nc5 14.Qc2 Qc7 15.Qd2 Rac8 16.Nc2 Qb8 17.b4 Nd7 18.f4 Rfd8 19.Rab1 Na7 20.f5 b5 21.fxe6 fxe6 22.Bg4 Nf8 23.Nd4 Rxc4 24.Nxe6 Re8 25.Nxf8 Bxf8 26.Rf1 Bc8 27.Bd1 Be6 28.Bb3 Rcc8 29.Rxf8+ Kxf8 30.Qf2+ Kg8 31.Bxa7 Qc7 32.Nd5 Qc1+ 33.Qf1 Qg5 34.Be3 Qg6 35.Qf3 Bf7 36.Rf1 h6 37.h4 1-0


                                                                5(5段階の難易度)
GAME 52   Dr. G. J. Bendana(Nicaragua ICCF-IM 2340) vs Yu Mizuno
                 1993-95
                 ICCF 20th World Championship Semi-Final Section 8

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
3r2k1/6pp/1p2bp2/4p3/1PP5/1K1pP2P/rB3PP1/1R5R b - - 0 24

黒番(24手目)

考え方=実戦では無理して最善手を探す局面ではありませんが。

答え=24... b5!!が正解です。本譜通りルックを取ると 25 Kxa2? Bxc4+ 26 Ka1 (26 Ka3?? Ra8#) Ra8+ 27 Ba3 Rxa3+ 28 Kb2 Ra2+ 29 Kc1 d2+ 30 Kd1 Bd3! 31 Rb3 Bc2+ 32 Kxd2 Bxb3+でビショップ得の勝ちになります。しかし 25 Kc3 bxc4でも、白は絶望的でしょう。
 この世界選手権準決勝は国内から一人推薦で出られるのですが、オリンピック以上にボロボロで勝ったのはこのゲームだけです。対戦者は、ニカラグア・チェス・アカデミー校長で会報編集もする弁護士さんだそうで、ご自分の対局どころでなく忙しかったのでしょう。

Nimzo-Indian Defense: Classical
1.c4 Nf6 2.Nc3 e6 3.d4 Bb4 4.Qc2 c5 5.dxc5 0-0 6.Nf3 Na6 7.a3 Bxc3+ 8.Qxc3 Nxc5 9.b4 Nce4 10.Qd4 a5 11.Nd2 e5 12.Qd3 d5 13.Nxe4 dxe4 14.Qxd8 Rxd8 15.Rb1 axb4 16.axb4 Ra2 17.h3 Be6 18.e3 b6 19.Bb2 Nd7 20.Be2 f6 21.Kd2 Nc5+ 22.Kc2 Nd3 23.Bxd3 exd3+ 24.Kb3 b5 25.Kxa2 Bxc4+ 0-1
posted by 水野優 at 13:15| Comment(0) | 窮境のチェス(次手問題&解説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。