ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年06月27日

東公平『ヒガシコウヘイのチェス入門 定跡編』

 安いだけで買った「ローズラップ」というサランラップ(これも商品名)が切れにくいわ食器にくっつきにくいわでどうにもならない。業を煮やしてクレラップを買ってきた。これはサランラップとともに有名だから大丈夫だろうと思いつつまだ使っていない。
 私はこういう日常的でささいな「ぼやき」ネタを無数に持っているので(お気楽生活ゆえ、ささいなストレスが我慢ならない)、これぞブログねただろうと言われるし、ブログ・ランキングとかを目指すなら最適とは思うが、この最初の一言話にとどめておく。


 チェス和書評「定跡編」を続けよう。東公平ヒガシコウヘイのチェス入門 定跡編』(207ページ、'75年、河出書房新社)である。'00年に復刻されているが、古いのしか持っていな いので改訂されているのかは不明。好評の訳書『ボビー・フィッシャーのチェス入門』の姉妹編として出版された。
 フィッシャー本はほとんどメイトだけを扱っていたので、それを補完する意味もあって本書は定跡編と銘打たれた。著者は著名な将棋記者であり、日本チェスの黎明期には選手としても活躍し、チェス・オリンピック代表や日本チェス連盟時代の第2期選手権者('65年。第1期は大山康晴)を務めた。

目次
まえがき チェスはゲームの王様です

 6ページで、チェスの起源から(当時)最強のソ連、日本の黎明期の話まで。日本は弱いから、特に女性は日本のトップになれるチャンス大と力説(笑。歴代世界と日本のチャンピオンも載っているが、それぞれ'75年のカルポフと浜田健嗣まで。

第1章 チェスのルールは簡単です
 チェスボード チェスメン
 駒の動き方@ルーク Aビショップ Bクイーン
  Cナイト Dキング Eポーン
 ポーンのプロモーション チェック チェックメイト
 キャスリングというルール
 アンパッサンというルール
 『待った』はいけません

 「30分でわかる”西洋将棋指南”」と銘打つ。駒の名称や動き方を歴史から紐解く東節がおもしろい。後のチェス和書は、この説明の仕方にかなり影響を受けたと思われる。「待った」という言葉が英語やロシア語にないという説明も説得力がある。

第2章 チェスは戦争ゲームです
 国際式記号の読み方 駒の評価点をおぼえよう
 手筋をいろいろおぼえてください
 手筋1〜10 卒業試験問題
 チェスには引き分けもあります
 『ステールメイト』という奇妙なルール
 繰り返しのドロー
 ”合意”及び”50手ルール”について
 英米式記号 数字だけの記号もあります
 "BAKA"なんて手もある こんなときどうする?
 チェスクロックという道具

 定跡書といっても「手筋」の例題と問題も最低限おさえてある。"BAKA"とは、もう行われていないだろうが、電報チェス用の指し手例。「こんなときどうする?」は7つのQ&Aで、主にルールに関するものである。
 著者の推薦書は、アリョーヒンの"My Best Games"、"Marshall's Best Games of Chess"、"Great Brilliancy Prize Games of the Chess Masters"。

第3章 チェスには定跡があります
 定跡ってなんだろう?
 第1手はどれがよいか?
 基本型
 定跡1 ツーナイツ・ディフェンス−1
 定跡2 ツーナイツ・ディフェンス−2
 定跡3 フォーナイツ・ゲーム
 定跡4 スコッチ・オープニング
 定跡5 ジオッコ・ピアノ
 定跡6 エバンス・ギャンビット
 定跡7 ルイ・ロペス−1
 定跡8 ルイ・ロペス−2
 定跡9 ルイ・ロペス−3
 定跡10 ルイ・ロペス−4
 定跡11 ルイ・ロペス−5
 定跡12 ルイ・ロペス−6
 オープンゲーム
 定跡13 ペトロフ・ディフェンス−1
 定跡14 ペトロフ・ディフェンス−2
 定跡15 フィリドール・ディフェンス
 定跡16 ビショップ・オープニング
 定跡17 ビエナ・ゲーム
 定跡18 センター・ゲーム
 定跡19 ダニッシュ・ギャンビット
 定跡20 キングズ・ギャンビット・アクセプテッド
 定跡21 キングズ・ギャンビット・ディクラインド
 定跡22 キングズ・ギャンビット・マチガエタド
 セミオープンゲーム
 定跡23 シシリアン・ディフェンス−1
 定跡24 シシリアン・ディフェンス−2
 定跡25 カロカン・ディフェンス
 定跡26 センター・カウンター・ゲーム
 定跡27 ピルツ・ディフェンス
 定跡28 フレンチ・ディフェンス−1
 定跡29 フレンチ・ディフェンス−2
 クローズゲーム
 定跡30 クインズ・ギャンビット・アクセプテッド
 定跡31 クインズ・ギャンビット・ディクラインド
 定跡32 ケンブリッジスプリングス・ディフェンス
 定跡33 キングズインディアン・ディフェンス
 定跡34 グリュンフェルド・ディフェンス
 定跡35 ベノニ・ディフェンス
 定跡36 ブタペスト・ディフェンス
 定跡37 カタラン・オープニング
 定跡38 クイーンズインディアン・ディフェンス
 定跡39 ニムゾインディアン・ディフェンス−1
 定跡40 ニムゾインディアン・ディフェンス−2
 定跡41 ダッチ・ディフェンス
 ユニークな作戦
 定跡42 アレヒン・ディフェンス
 定跡43 オランウータン
 定跡44 バード・オープニング
 定跡45 イングリッシュ・オープニング
 定跡46 パリ・オープニング
 定跡47 レティ・システム
 定跡48 チャイニーズ・ギャンビット

 有田本より定跡数は多いが、各1,2ページの割り当てで図面が2/3を占めるから解説は簡略。そのせいかメインラインよりもあえておもしろい変化を選 んでいる定跡もあるようだ。ところどころに過去の名人の逸話等が挿入されている。
 「定跡22 キングズ・ギャンビット・マチガエタド」は、はめ手を茶化している。ユニークなものでは、「定跡46 パリ・オープニング」(1 Nh3)が特にレアもの。「定跡48 チャイニーズ・ギャンビット」(1 e4 f5)は、もはや定跡なんてものではない(笑。

第4章 情無用頓死定跡
 頓死定跡1 カロカン・ディフェンス
 頓死定跡2 カロカン・ディフェンス
 頓死定跡3 カロカン・ディフェンス
 頓死定跡4 シシリアン・ディフェンス
 頓死定跡5 ツーナイツ・ディフェンス
 頓死定跡6 フィリドール・ディフェンス
 頓死定跡7 キングズ・ギャンビット
 頓死定跡8 キングズ・ギャンビット
 頓死定跡9 ブタペスト・ディフェンス
 頓死定跡10 ブタペスト・ディフェンス

 定跡が本来白黒双方が最善を尽くした手順とすれば頓死定跡とはおかしな表現だが、その実体は主に窒息(smothered)メイトである。メイトの理由 「検死報告書」があり、定跡9の死因黒死病(ペスト)は、定跡5の考案者ブラックバーンへ回したいところだ(笑。

第5章 実戦解説・ビギナーからチャンピオンまで
 実践1 ビギナーのチェス
 実践2 筆者と初心者の対局
 実践3 チェスオリンピック日米戦から
 実践4 思い出の同時試合
 実践5 世界選手権の名局

 実践3は、'70オリンピックでの第3ボード、著者対ベンコー(米)戦。GMに対して終盤まで持ちこたえただけでも大したもの。ちなみに、第1ボード:宮坂幸雄対フィッシャー、第2:レシェフスキー対松本康司、第4:ロンバーディ対星野栄造という豪華な組合せだった。
 実践4は、'73年にラルセンが来日したときの著者との同時対局戦。当時、自由圏ではフィッシャーに次ぐ強豪にドローも立派(だから掲載なんだろうけ ど)。実践5は、スパスキー対フィッシャー戦(世界選手権第5局)でアニメ「美少女戦士セーラームーンR」にも使われた局面を含む(笑。

あとがき

 これほどよくまとまった本書が、著者が最悪に忙しい'75年に生まれたのは意外だった。東さんを始め日本チェス界黎明期を支えた方々には、当時の話を風化させずに何かの形で後生に残していただければと願う。
ヒガシ・コウヘイのチェス入門 定跡編
4309260012 東 公平

河出書房新社 2000
売り上げランキング : 132680

おすすめ平均star
star盤なしでも読める!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 01:18| Comment(2) | チェス(和書評) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「待った」という言葉が英語やロシア語にないという説明も説得力がある。

英和辞典によると「retract」に「待ったをする」という意味があるようです。

ICC(Internet Chess Club)では「takeback」を「待った」の意味で使用しています。対局の時「Resign」や「Draw」ボタンの他に「Takeback」ボタンが用意されています。ただし「Takeback」ボタンを押しても自動的に指し手が戻る訳ではなく相手が同じく「Takeback」ボタンを押して承諾することが必要です。実際には承諾するプレーヤーはほとんどいません。
Posted by Yamagishi at 2006年06月27日 20:59
 ようこそ、Yamagishiさん。

 この件は補足しようかとも思ってました。本書でも明言はしてませんが、「チェック」のような間投詞に相当する「待った」の英語やロシア語がないと言ってるのだと思います。
 ただ、私も確認はしてないので、へぼチェス界でretractやtakebackと言ったら実質的に「待った」になるのかもしれませんね。

 私はもう対戦から退きましたが、ヤフーチェスの待った機能なんて人間関係悪くなるからなければいいのにと思いました(笑。
Posted by 水野優 at 2006年06月28日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。