ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年06月21日

エドワード・ラスカー『チェス戦略』第2部ゲーム23

 光市妻子殺人事件で最高裁が差し戻した。被害者が、家族を失うだけでなく社会へ訴えかける活動を通して人生の目的そのものも変貌していくケースである。本村さんを見ていると、負のエネルギーを糧としている共通性を感じて複雑な気持ちになる。


エドワード・ラスカー『チェス戦略』(1915)第2部
(ゲーム9まではHP「チェストランス」参照)

ゲーム 23

白:イエーツ 黒:エッセル

フレンチ・ディフェンス

1 e4 e6 2 d4 d5 3 Nc3 Nf6 4 Bg5 dxe4 5 Bxf6 gxf6

5... gxf6
  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnbqkb1r/ppp2p1p/4pp2/8/3Pp3/2N5/PPP2PPP/R2QKBNR w KQkq - 0 6

 クイーンで取り返すと白が展開で有利になりるので、黒はダブルポーンで良しとした。キング側が崩壊しても、これがハンデになるとはかぎらない。黒に は2ビショップがあり、白がキング側で速攻できねば強力な兵器となるからである。教訓的な本局では、f6での交換で生じた陣形が双方にチャンスを与えるこ と が分かる。

6 Nxe4 f5

 キング側ビショップを長いダイアゴナルのg7へ置くなら、この前進は正当化できる。そうでなければひじょうに疑問である。fポーンが攻撃の的になりやす いし、それ以外にも黒はe5の支配を放棄したことになるからである。

7 Nc3

 7 Ng3の方が自然に思える。第一に、黒のキング側の弱点への攻撃に白はピースを回す必要があるから、第二に、dポーンは c3として支えないと黒の ...Bg7で攻撃されるからである。

7... Bg7 8 Nf3 0-0 9 Bc4

 ナイトがg3にいれば、白は c3から Bd3とできた。これがビショップの正しい位置であり、g4でダイアゴナルをこじ開けられる可能性がある。

9... Nc6 10 Ne2 Na5 11 Bd3 c5 12 c3 c4

 12...f6がいいと思われる。12...c4は白のd4を解放 してしまう。12...b6 13 dxc5で孤立ポーンができるのは恐るるに足りない。b7のビショップが効果的で(...Rb8)、白はセンターをあまり固められないからである。

13 Bc2 b5 14 Qd2

 ここから興味深い戦いが続く。白はクイーン、両ナイトと、いずれ(g4として)ビショップを使って攻撃を組み立てる。黒は、前もってキングを安全なh8 へ逃がしてgファイルを両ルックで占めれば、ピースの可動範囲がはるかに広がって優勢になる。

14... Bb7 15 Qf4 Qf6

 ...Kh8から Rg8が考えられた。

16 Ng3 Bh6 17 Qc7 Qd8 18 Qe5

 白はbポーンを攻撃して手得する。こんなことを言うと回りくどいかもしれないが、黒が最初からポーン形を ...b5, c4ではなく ...b6, c5としておけば、これらは起こりえず、ゲームはほとんど違った展開になっただろう。さらに、無防備地点へのポーンの前進は常に攻撃目標になる危険を伴う ので、展開プランに不要なときは必ず避けるのが望ましい。

18... Bd5 19 Nh5 Nc6? 20 Qg3+??

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図134
r2q1rk1/p4p1p/2n1p2b/1p1b1p1N/2pP4/2P2NQ1/PPB2PPP/R3K2R b KQ - 0 20

 両者の最後の手が勝敗を決めた。20 Qf6が最低でもポーン得になり(20...Qxf6 21 Nxf6+から Nxd5, Bxf5)、20...Bxf3は 21 Qxh6 Bxh5 22 Qxh5から g4!の猛攻でたちまち黒敗北となることを、双方ともが見逃していた。

 19...Nc6の代わりに、黒は 19...f6, Kh8からgファイルを両ルックで占めるべきだった。20 Qg3+に 対しては、黒がさらに効果的にそうできる。

20... Kh8 21 Qh3 Rg8

 黒は戦場にいる戦力で優勢になったので、ぶっちゃけると、ルックを活用できない白の負けと結論づけられる。

22 Ng3 Qf6 23 Kf1

 23 Ke2の方がわずかにいい。しかし、もはや適切な防御は存在しない。

23... Rg4 24 Re1 Rag8 25 Ne5

 黒は 25...Bxf3から ...Rh4, ...f4を狙っていた。

25... Nxe5 26 dxe5 Qg5 27 Qh5 Bxg2+ 28 Kg1 Rxg3?

 28...Qxh5から ...Be4+が単純で効果的だった。

29 hxg3 Bxh1 30 Qxg5 Bxg5 31 Kxh1 Rd8 32 f4

 32 Rd1の方が、ポーン損になる(...Rxd1から ...Bc1等)とはいえずっと有望である。色違いビショップの終盤は、ここからでも簡単には勝てない。

32... Rd2 33 fxg5 Rxc2 34 Rd1 Rxb2 35 Rd7 Kg7 36 Rxa7 Rc2

 黒はすぐに 36...b4とできた。

37 Ra5 Rb2 38 a4

 38 Ra3でも、苦痛を長引かすだけだったろう。

38... b4 0-1
French Defence Steinitz, Classical and Other Variations
0713489413 Lev Psakhis John Sugden

B T Batsford Ltd 2005-01
売り上げランキング : 168319


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 11:52| Comment(0) | Ed.Lasker『チェス戦略2』実戦(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。