ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年05月31日

エドワード・ラスカー『チェス戦略』第2部ゲーム20

 昨日のNTV「Newsリアルタイム」で、メイドカフェの男性版ともいえる世界初の「執事カフェ」開店までの様子をレポートしていた。仕掛け人が25歳 の女性というのがミソである。私はどちらがいいと聞かれれば、お嬢様と呼んでもらえる執事カフェだが、みんな若くて藤村俊二のような人がいないのが残念 (汗。


エドワード・ラスカー『チェス戦略』(1915)第2部
(ゲーム9まではHP「チェストランス」参照)

ゲーム 20

白:エドワード・ラスカー 黒:エンクルント

フォー・ナイツ・ゲーム

1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Nc3 Nf6 4 Bb5 Nd4 5 Nxe5

 黒は 5...Qe7としてeポーンを取り返し、さらに白の貴重なビショップと交換できる。5 Nxe5の代わりにビショップをa4かc4に退くか、5 Nxd4 exd4 6 e5 dxc3 7 exf6を推奨する。ここで黒は 7...Qxf6とすべきで、7...cxd2+は白の展開を加速して黒がキャスリングの時機を失う。例えば、8 Bxd2 Qxf6 9 0-0 Be7 10 Bc3から Re1.

5... Qe7 6 Nf3 Nxe4?

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図131
r1b1kb1r/ppppqppp/8/1B6/3nn3/2N2N2/PPPP1PPP/R1BQK2R w KQkq - 0 7

 6...Nxb5から ...Qxe4としてビショップの道を開けねばならない。7 Nxb5 Qxe4+ 8 Qe2 Qxe2+ 9 Kxe2 Nd5(10 c4 a6)後、黒は展開終了までもう少しかかる(10 Re1 f6 11 Kf1+ Kf7)が、クイーン交換後は差し迫った攻撃の脅威もないので、2ビショップの優位がやがて物を言う。エドワード・ラスカー対コーレ戦(ロンドン、 1913年)では、12 d4 a6 13 Nc3 Nxc3 14 bxc3 d5. 白のダブルポーンが欠点となり、c2のポーンが動けないので、...Bf5の攻撃に悩まされ続ける。12 d3の方が良かった。

7 0-0 Nxc3

 これでもう ...Nxb5とできなくなった。7...Nxb5 8 Nxb5だと、Nxc7に加えて Re1から d3の脅威がある。この段階で、キングがeファイルに迫り来る攻撃からキャスリングで逃れられないので、ほぼ黒の敗勢である。

8 dxc3 Nxf3+ 9 Qxf3 Qc5 10 Re1+ Be7 11 Bd3

 キャスリングの阻止。11...0-0には 12 Qe4でピース得。

11...d5 12 Be3

 黒がクイーンで手損するので、白はビショップを無条件で展開できる。

12... Qd6 13 Bf4 Qf6 14 Qxd5!!

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r1b1k2r/ppp1bppp/5q2/3Q4/5B2/2PB4/PPP2PPP/R3R1K1 b kq - 0 14

 展開が遅れた黒は、すでにサクリファイス含みのコンビネーションにさらされている。ビショップを取ると黒の負け。14...Qxf4 15 Bb5+ Kf8 16 Qd8+! Bxd8 17 Re8# または 15...c6 16 Bxc6+...

14... c6 15 Qe4 Be6 16 Re3 Bc5

 黒は 16...0-0-0とできたかもしれないが、17 Rd1で本譜とほぼ同様の流れになっただろう。

17 Be5 Qh6 18 Rg3 Bf8

 みじめな撤退。しかし、初志貫徹の 18...Qd2だと、白に 19 Rf1から Bf4の狙いがある。

19 Rd1

 この手で白は展開を完了したが、黒にキャスリングの好機を与えただけのように思える。しかし、それは十分ではなかった。

19... 0-0-0? 20 Qxc6+ bxc6 21 Ba6#
posted by 水野優 at 12:24| Comment(2) | Ed.Lasker『チェス戦略2』実戦(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の時代、水野様の嗜好つまり本物=リアル志向は
煙たがられている様な気がする。
の様なモノ、それ風、とかが求められているのでは
と感じます。きちんとやれば手間掛かる。だから
多少間引いてモノをやる。そー言う時代背景だから
で済んでしまう時代ではないでしょうか?
きちんとやれば苛められる時代だからなー・・・
Posted by 鷹野晴信 at 2006年06月02日 16:45
 メイドカフェも執事カフェも、そもそもリアルというより際物、ノーパン喫茶の流れをくむものでしょうしね。
 でも研修は大真面目でしたよ。そのへんをちゃんとやるかどうかで店の良し悪しが決まると思います。
 しかし、本物が評価されないとか、軽いものしか受けないなら困ったものです。
Posted by 水野優 at 2006年06月03日 13:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。