ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年05月24日

エドワード・ラスカー『チェス戦略』第2部ゲーム19

 昨深夜TBS「ネプベガス」では10人の中にプロボウラーが3人いる問題があったが、私も知らないプロがいたのでかなり難しかった(笑。しかし、せめて ボウリングシューズくらい履いてもらわないと実際の投球を見ても判然としない。マイシューズかどうかで分かってしまうからなのだろうが。


エドワード・ラスカー『チェス戦略』(1915)第2部
(ゲーム9まではHP「チェストランス」参照)

ゲーム 19

白:エドワード・ラスカー 黒:ヤノウスキー

フォー・ナイツ・ゲーム

1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Nc3 Nf6 4 Bb5 Bb4

 4...Be7 5 0-0 d6なら、ルイ・ロペスになる。

5 0-0 0-0 6 d3 d6

 当然ながら、...d6の前にキャスリングする方がいい。白がすぐに Nd5でピンを活用して迅速な攻撃を始められるからである。例えば、5 0-0 d6 6 Nd5 Bc5 7 d4 exd4 8 Bg5.

7 Bg5

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図128
r1bq1rk1/ppp2ppp/2np1n2/1B2p1B1/1b2P3/2NP1N2/PPP2PPP/R2Q1RK1 b - - 0 7

 図90(訳注:白黒のビショップがそれぞれc4とc5にいるだけの違い)と似た局面だが、それと同様に 7 Be3は薦められない。2つのピースのフォークを狙う 7...d5が、黒のセンターポーンとの交換を強いるからである。一方、本譜後 7...Bg4 8 Nd5 Nd4 9 Bc4 Bc5だと、図90で検討した局面になり、白は 10 Qd2で優勢になる。黒は 9...Bc5の代わりに同様の狙いで 9...Qd7とすべきだった。しかし、黒はキング側ビショップを攻撃に参加させられないので、白はかろうじてドローを逃れる。例えば、 9...Qd7 10 Nxf6+ gxf6 11 Bxf6 h6(11...Bxf3 12 gxf3は Kh1から Rg1とされてだめ) 12 c3 Nxf3+ 13 gxf3 Bh5 14 Kh1 Kh7(図129) 15 Rg1.

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図129
r4r2/pppq1p1k/3p1B1p/4p2b/1bB1P3/2PP1P2/PP3P1P/R2Q1R1K w - - 0 15

 もしもの話だが、ここで黒のビショップがc5にあると、白は攻撃の対処に追われる。まずfポーンを守るために 15 Qe2とせねばならないので、15...Rg8 16 Rg1 Rg6から負ける。17 Bh4は 17...Qh3 18 Bg3 Rf6とされ、17 Rxg6 fxg6後は ...Rf8でfポーンが二重に攻撃されるからである。

 しかし、ビショップがb4にあると黒は勝てない。15...Rg8 16 Rg3 Rg6 17 Bh4でおそらくドローだろう。

 この変化は白黒ともひじょうに難しいので、大会ではこれまで避けられてきた。

 図128では、7...Bxc3 8 bxc3 Ne7が長年いいとされてきた。図90の検討で示した理由によれば、9 Bxf6でgファイルをこじ開けられるのを恐れる必要はない。しかし、白はfファイルを開く準備をする 9 Nh4で f4, fxe5から優位になる。9...Ng6で 10 Nxg6にはfポーンで取り返して黒のルックのためにfファイルを開こうとしてもうまくいかない。10 f4から fxe5後、終盤で実質的に余剰ポーンを持つ白が明かに有利となる。キング側の3つの黒ポーンは、白の2つのポーンで抑止されて突破できないからである。

 9...Ne8から ...f6でやっかいなビショップを追い払ってから ...c6, Nc7, d5でセンターを目指す試みは、白がfファイルを獲得する攻撃のために失敗する。例えば、9...Ne8 10 Bc4 Kh8 11 f4 f6 12 Qh5 fxg5 13 fxe5...

 したがって、7...Bxc3から ...Ne7の防御はすたれた。

 本局では、黒は ...Bxc3, Qe7, Nd8-e6から成るひじょうに古い防御を復活させた。これがすたれたのは、白が Re1, d4からいずれ Bc1-a3とすれば、黒のセンターポーン交換を強制し、おなじみの理由で優勢になるからである。本譜では、黒は ...h6!の挿入で防御を強化し、白はピンを保持するかどうかの決断を迫られる。保持すると、白はもう Ba3で黒のクイーンを脅かすことができなくなる。

7... Bxc3 8 bxc3 h6 9 Bh4

 白のビショップがc1かe3に退けば、黒は ...Ne7-g6の防御を使える。その場合の Nh4は、黒が単に ...g5とできるので良くない。ポーンの前進が成立するのは、黒がクイーン側ナイトをg6に運ぶことでキング側のピースが実質1つ増え、...Kh7, Rg8, Ng6-f4から始まる攻撃の見込みがあるからである。

9... Qe7

 9...g5は早過ぎる。10 Nxg5 hxg5 11 Bxg5で、たちまち白の勝ちとなる。白は、黒がナイトを十分に守るか「ピン」を外すまでに、f4から fxe5でナイトを二重に攻撃できるからである。

10 Qd2 Nd8 11 d4 Bg4 12 Qe3 Bxf3 13 Qxf3 Ne6

 13...g5から ...exd4でポーン得を目指すのは誤りである。例えば、13...g5 14 Bg3 exd4 15 Re1! dxc3 16 e5...

14 Bxf6

 黒の狙いは、9手目の解説と同様に ...g5から...Nf4で攻撃を展開することだった。

14... Qxf6 15 Qxf6 gxf6 16 Bc4

 前述したように終盤でビショップより一般的に優れたナイトと交換するため。

16... exd4 17 Bxe6 fxe6 18 cxd4

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図130
r4rk1/ppp5/3ppp1p/8/3PP3/8/P1P2PPP/R4RK1 b - - 0 18

 終盤は白のルックの方が自由度が高くなったので、3段目に沿ってたやすく反対側へ回ることができる。しかし、ポーンはキングで守りやすい黒の方が強固で ある。白のa2とc2のポーンはキングから遠すぎる。したがって白は、黒がルックのためにクイーン側でファイルを開くことを阻止しなければならない。

18... Rac8 19 Rab1 b6 20 Rfd1 Rfd8 21 Rb3

 白は、黒にcかdファイルの支配を許さざるを得ない。21 d5は単純に 21...exd5 22 exd5 c6とされてドローっぽい。

21... d5 22 Rg3+

 やがて来るメイトの狙いを考慮すれば、22 f3が正着だった。

22... Kf7 23 exd5 Rxd5 24 Ra3 a5 25 f4?

 時間切迫状況下でのポーン損になるミス。25 Rad3とすべきだった。

25... c5 26 Rc3 Rcd8 27 Rb1 Rxd4 28 Rxb6 Rxf4 29 h3 Rd2 30 Rb5

 30 Rxc5は、30...Rff2でgポーンを守れないからだめ。

30... Rff2 31 Rg3 f5 32 c4 f4 33 Rg4 h5 34 Rg5 Rxa2 35 h4

 ...Rfc2-c1から ...Raa1とする数手メイトの脅威があった。

35... Rfb2

 35...Rfc2だと、白はfポーンを取るかパペチュアルチェックにできる(36 Rb7+から Rb8-f8)。35...Rfb2にも、白はポーンを取り返せるのでドローにできる。

36 Rxb2 Rxb2 37 Rxh5?

 不注意な手でゲームを落とした。当然ながら白はcポーンを取らねばならなかった。37 Rxc5 a4 38 Ra5ならポーンを後ろから牽制できるし、37...Kf6 38 Rxa5 e5ならドローになる。白のcポーンがやがて脅威となるからである。例えば、39 Ra8 Kf5 40 c5 e4 41 c6 Rc2 42 Rc8 Kg4 43 c7 Kxh4 44 Kh2 e3 45 Rf8 Rxc7 46 Rxf4+ Kg5 47 Re4 Rc3 48 Kg3... または 44 Re8 Rxc7 45 Rxe4 Kg3 46 Re1 Rc2 47 Kh1 Rxg2 48 Re3+...

37... a4 38 Rxc5 a3 0-1

 39 Ra5後は、39...a2から 40...Rb1+ または(40 Kh2なら) 40...f3.


 前回ゲーム18の最後に「本局では白の見事な手腕が光ったので、ラスカーがたぐいまれに局面を把握した実例をさらに続けよう」と締めくくっているのに、 このゲーム19は「ラスカー違い」の著者エドワード・ラスカーのしかも敗局である。自虐的ジョークだろうか。
The Four Knights (Everyman Chess)
185744311X Jan Pinski

Everyman Chess 2003-10
売り上げランキング : 591,779


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 13:22| Comment(0) | Ed.Lasker『チェス戦略2』実戦(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。