ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年05月14日

バーンスタインBPOのマーラー交響曲第9番

 スターデジオ、442chジェームズ・レヴァイン(指揮)のシューマン2、マーラー5にも触れたいが、やはり441chレナード・バーンスタイン(指 揮)の2回目マーラー9番が良かった。ベルリン・フィルとの一期一会として有名なこの演奏は同曲の決定版として挙げられることが多いが、なぜか聴いたこと がなかった。
 様々な「別れ」のコラージュを駆使した恐ろしく複雑な1楽章から情緒大洪水の4楽章まで、織り込まれた謎解きができなくても死を目前にしたメッセージが 直に伝わってくる曲である。堅固なベルリン・フィルを前にしてレニーも安心して感情を爆発させることができたようだ。もうこれ以上の説明など無用な必聴 盤。

以下、ライナーノーツ(林田直樹)からどうぞ(汗:
   1979年10月、バーンスタインは宿敵・帝王カラヤンの牙城ベルリンに乗り込み、生涯でただ1度だけのベルリン・フィルとの共演を果たした。それは、ア メリカとヨーロッパの音楽の頂点が火花を散らして激突した、戦後クラシック音楽史上最大の"事件"でもあった。その伝説の名演の記録がこのCDである。
   内心バーンスタインとの共演を心待ちにしていたベルリン・フィル楽員は競ってこの演奏会の「出番」を奪い合ったと伝えられる。もちろんこの演奏会に燃えて いたバーンスタインも、真剣勝負のリハーサルに規定以上の時間を要求し、ベルリン・フィル側も最善を尽くしたが練習は全然足らなかった。係の職員が、「終 わり」を告げにくると、激怒したバーンスタインは凄まじい勢いで楽譜をパーンと放り投げて抗議の意思を露わにしたという。カラヤンとの録音のスケジュール がもともと入っており、それを変更することはできなかったのだ。それをバーンスタインは妨害と受け取ったかもしれないと事情を知る人は言う。しかしバーン スタインはリハーサルの延長を何とか獲得し、本番にこぎつけた。
   結果は、いまも語り草として伝えられるほどの、空前絶後の超名演であった。当時多くのリスナーに衝撃を与えたこの演奏は、1992年にCD化され、再び大 反響を巻き起こした。
マーラー : 交響曲第9番 バーンスタイン
B00005FHYM ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 マーラー バーンスタイン(レナード)

ユニバーサルクラシック 1992-04-25
売り上げランキング : 9,861

おすすめ平均star
star畢生の名作 棺桶CD登場
starまさに一期一会!!
star冷静には聴けないベルリン盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 12:23| Comment(4) | Classical Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやもうほんとに「空前絶後の超名演」。何を措いても死ぬまでには聴いておいてほしい一枚ですね。初めて聴き終わった時、私はしばらく放心状態でした。
Posted by maro_chronicon at 2006年05月14日 21:26
 '92年盤を志木にいた頃新星堂で「一期一会」に惹かれながら2枚組で高いので見送りました。市川の図書館にあったはずですが、これを聴いて忘れていたとは考えられないのでやはり聴いてなかったのだと思います。
 '79年はすでにFMとか聴いていたので、ライブとして放送されたのを聴いたかもしれませんが、その頃ではこの曲のすごさ自体が分からなかったでしょうし。
 10番(クック版)に比べると9番は胸が締め付けられるようで正直辛いのですが、この演奏のおかげでまた楽しめ(?)そうです。
Posted by 水野優 at 2006年05月15日 12:26
私は、最初 カラヤンのベルリンフィルとのライブ録音で
この曲にはまりました。特に最終楽章に。

その後、バーンスタインのベルリンフィルのライブ録音も
聞きましたが、すでにカラヤン盤が刷り込まれてしまった
ようです。

弦楽器の美音に目がないほうで、最終楽章の表現の弦の響き、表現には打ちのめされました。 

私にとっては、カラヤン盤こそ、空前絶後の超名演です。
カラヤン盤の難点を強いていえば、美しすぎることです。(笑)

交響曲第9番
作曲: マーラー
指揮者: カラヤン(ヘルベルト・フォン)
演奏者: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサルクラシック - 1998/06/10
CD ディスク枚数:?2
ASIN: B00005FJ75
Posted by middle-mountain at 2006年05月15日 17:39
 おっと〜! カラヤンの逆襲だ〜。
 実はカラヤンがマーラーも振っていたのを最近知ったくらいで、5番しか聴いたことがありません(汗。弦の美音なら3番のフィナーレとかもいいですね。ケント・ナガノ盤とかが好きです。
Posted by 水野優 at 2006年05月16日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。