ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2010年12月20日

ルノー&カーン 水野訳『チェックメイトの技法』宣伝

 発売直前にトラブルが起き てしまいました。印刷所から 届いて表紙が丈夫で見栄えも良くなったと喜ぶ暇もなく、その日にamazonへ初回納入分を発送し たのですが、よく見ると局面図以外、棋譜と本文中のキングの駒フォ ントが白黒逆になっている! そんなはずはないと目をこらすとそれぞれの白黒が反転され て印刷されているのでした。
 これは文字化けではありま せんが、見かけ上駒の白黒が逆になるというのは大問題です。1冊目の「チェス 終盤の基礎知識」では、すべて局面図用のフォントを使ったのでこういう問題は起きなかったのです。chess alphaフォントでは、正方形の真ん中に駒がある局面図用以外に、少し下寄りのテキスト用(?)フォントもあり、今回は図以 外にこれを使ったために こんなことになってしまいました。

 幸い今日やっと印刷所に連絡が取れると、先に謝られて刷 り直しを快諾してくれました。しかし、残念ながらamazonの予約発送分はもう発送センターへ 送られており、止めるのは間に合いませんでした。そこで、21冊の印 刷不良版を手に入れてしまわれた方には、交換サービスでフォローします。方法はい ちばん下を参照ください。
 それにしても久々に憂鬱な週末でした。棋譜で「K」、本文で「キング」としてれば、こんなトラブルはなかったし、編集も楽だったのにとまで思いました。 私自 身、棋譜に関しては絵駒よりアルファベット 駒の方が読みやすいのです。

 さて、今回からチェス・クラシックと いうシリーズを銘打ちました。チェックメイトは、 その1冊目にふさわしいテーマです。内容については原書のレビュー 通りなので、具体的には1月中旬頃に対応するamazonの「なか見!検索」を参照ください。
 もう一言だけ、「どうしたらチェスできみのパパに勝てるか」 で、訳者の浜田寛氏は「チェ スの歴史上、これまで分類さ れることの無かった、さまざまなメイトの パターンを身につければ、読者の実力は飛躍的に向上し、ゲームに対する自信が増し、まちがいなく勝利が得られるでしょう」と述 べていますが、この本を忘れて もらっちゃあ困ります!

amazonで発売日前予約で購入された皆様へ

 印刷不良品の交換を受け付けております。詳しくはHP「チェストランス」を参照ください。

チェックメイトの技法 (チェス・クラシックス1)
ジョルジュ・ルノー ヴィクトル・カーン 水野 優
チェックメイトの技法 (チェス・クラシックス1)
チェストランス出版 2010-12-20
売り上げランキング : 2149
価格:¥1,680 (投稿時)

Amazonで詳しく見る
posted by 水野優 at 22:21| Comment(7) | チェス(和書評) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。本を出版するということは、思わぬ出来事もあったりして大変ですね。

本が到着しましたら、交換の発送をさせていただきます。

チェス終盤の基礎知識とともにロングセラーになりそうですね。

私もアルファベットの棋譜の方が見やすく感じますが、駒フォントが主流なんですかね^^
Posted by hitsujyun at 2010年12月20日 23:22
 申し訳ないです。
 今回の原因はPDFへの変換段階の問題のようですが、よく分かりません(汗。
 hitsujyunさんも予約したと言われていたので、返送は不要です。住所氏名をHPのメルアドへ送ってくださいませ。
 絵駒で最初に親しんだ人は絵の方がいいのかなあと。
Posted by 水野優 at 2010年12月21日 00:33
ありがとうございます。

本日、届きました! 表紙が変わるだけで持ったときの感触がだいぶ違います。確かに棋譜の絵駒表示がところどころ違いますが、それほど気になりませんので、修正版を送っていただかなくていいです^^

棋譜が各手ごとに縦に表記されているのがスッキリした感じで見やすいです。巻末にある 作局者/対戦者名の索引がカタカナで表示されているが、親切でいいですね。

原著と見比べてどのように訳されているのか勉強になります^^;
Posted by hitsujyun at 2010年12月21日 18:33
当方には、アマゾンより「発送遅れる」というメールが来ました。
・・・ということで、修正版が届けられると思いますので、ご心配なく。

日本でのチェス本出版は翻訳を含めて「ハウツー本」が多いと思いますが、「チェス」を知ってもらうためには「序・中・終盤」を自然と学べる(?)「ゲーム集」が必要と思われますので、出版構想?の中に入れて置いてくださいね。
Posted by keres65 at 2010年12月22日 06:45
hitsujyunさん:
 え〜、そんな遠慮されなくても…。いつでも気が変わったらご請求ください。
 本譜は1手1行が見やすいですね。原文がそうでなくてもこうすべきと思いました。
 索引は全部だと5ページにもなるので、分析等で名前だけ引用されている棋士は省きました(汗。

keres65さん:
 お久しぶりです(笑。お待たせしております。
 チェス書は結局ゲームの解説になるので、ゲーム集は意識的に避けてきました。自分があまり教材にしなかったからでもあります。指し手のコメントより難しい理論を分かりやすく訳すことが快感…等、理由は多くあります。
 年に4冊、初心者向け、テーマ系理論本、ゲーム集、読み物(逸話・小説)、という構想もありました。チェス・クラシックスとしてはまずテーマを一通りそろえたい感じはあります。
 しかし、モーフィー、カパ、タリとかはやりますよ。
Posted by 水野優 at 2010年12月22日 12:07
私はチェス教室函館の講師している者です。

「チェス終盤…」と「チェックメイト…」を、
教室の生徒用にとりあえず5冊ずつ注文
したいのですが、どうすればよいでしょうか?
Posted by kamiyakumo at 2011年01月15日 00:43
 お問い合わせ、ありがとうございます。「終盤の基礎知識」をサイトで紹介いただいたのを拝見したところです。

 直販の注文方法はホームページ「チェストランス」(このブログのタイトルのすぐ下あたりのリンク先)に書いております。サイトに記載のgmail.comのメルアドへ氏名、住所、電話番号をお知らせください。すぐにでも発送します。
 5冊ずつだと2割引(送料込み)で840x5+1344x5=10920円となります。これをホームページに記載の郵便振替口座へ払い込みください。手数料(窓口120円、ATM80円)はご負担いただいております。今回は払込用紙を同封しておきますので、到着後にお支払いくださればけっこうです。
Posted by 水野優 at 2011年01月15日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。