ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年04月11日

エドワード・ラスカー『チェス戦略』第2部ゲーム13

 いくら短くてもチェス書の書評は単独記事にしないとブログのカテゴリーが機能しない。これから分けることにしよう。しかし、最初の一口日記は残りそう。 シーサーのジャンル別新着記事表示で、タイトルと無関係の序文だけが表示されるのはやむなし。


エドワード・ラスカー『チェス戦略』(1915)第2部
(ゲーム9まではHP「チェストランス」参照)

ゲーム 13

白:タイヒマン 黒:シュレヒター

ルイ・ロペス(第1部参照)

1 e4 e5 2 Nf3 Nc6 3 Bb5 a6 4 Ba4 Nf6 5 0-0 Be7 6 Re1 b5 7 Bb3 d6 8 c3 0-0
 8手目までゲーム12と同じ。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図118
r1bq1rk1/2p1bppp/p1np1n2/1p2p3/4P3/1BP2N2/PP1P1PPP/RNBQR1K1 w - - 0 9

9 d3 Na5 10 Bc2 c5 11 Nbd2 Qc7

 白がまだ d4としていなくても、このようにeポーンを守るのは手損にはならない。11...Qc7は、(...Nc6後に) ...d5とするために、白の exd5後に二重に攻撃されるeポーンを十全に守ったのである。

12 Nf1 Nc6 13 Ne3 Bb7

 13...Be6から ...d5とする方が理にかなっていた。それなら黒の展開はひじょうに良く、白はやや未展開のクイーン側に苦労していた。14 d4でセンターに圧力をかけて黒の ...d5を防ぐ試みは手遅れである。14...exd4 15 cxd4 cxd4 16 Nxd4 Nxd4 17 Qxd4 Ng4!. 13 Ne3が 13 Bg5だったとしても良くない。13...Be6 14 Ne3 Rad8 15 d4 cxd4 16 cxd4 exd4 17 Nxd4 Nxd4 18 Qxd4 Qc5 黒は有利な終盤にできる。本譜の13...Bb7は、すでに見たように良くない。ビショップはf5を守るダイアゴナルに必要だからである。

14 Nf5 Rfe8 15 Bg5 Nd7

 依然 ...d5としたいところなので 15...Rad8が良かった。

16 Bb3

 白ピースの陣形は、相手のキング側を威嚇し始める。

16... Nf8 17 Bd5!!

 見事なコンビネーションの始まり。Bxc6の狙いがあるので、黒はまずe7のビショップを守らねばならない。

17... Ng6 18 Bxe7 Ngxe7

 18...Ncxe7は、19 Bxb7から Nxd6とされるためできない。

19 Bxf7!! Kxf7 20 Ng5+

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
図119
r3r3/1bq1nkpp/p1np4/1pp1pNN1/4P3/2PP4/PP3PPP/R2QR1K1 b - - 0 20

 魅惑的なコンビネーションを数多く秘めた局面である。20...Kg6か Kg8なら 21 Nxg7!、20...Kf6なら白はまずhポーンをチェックで取れる。

20... Kg8 21 Qh5 Nxf5 22 Nxh7+ Kf8 23 Qxf5+ Kg8 24 Qg6!!!

 急所。...g6を阻止して、黒のクイーンがg7に守りに来るのを許さない。これで、Re3-f3 または Rh3の脅威に対して黒はなすすべがない。

24... Qd7 25 Re3 1-0

 局面の卓越した判断力によって、自身が混沌としたサクリファイス含みのコンビネーションを使った白兵戦の名手でもあることを実証したタイヒマンの名局で ある。
posted by 水野優 at 15:03| Comment(0) | Ed.Lasker『チェス戦略2』実戦(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。