ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年04月11日

掃除機ツインバードTC-D779SBK

 昨日届いたツインバードの掃除機TC-D779SBKはスティック型、コードレス、サイクロン方式の三拍子そろった中ではおそらく最安値のトップセラー 製品である。値段も検索すると通販で6千円ほどのところがあるが送料がかかるし、amazonだと500円のギフト券バックがあるから大差ない。
 私は整理片づけに関しては鬼だが掃除は全く無精で、かつて大阪で1年弱しか住まなかったマンションでは引っ越し前後の計2回しか掃除機をかけなかったと いうこともあった。独り暮らしになってから15年ずっと使っている普通タイプの掃除機は、紙パックをたしかまだ2回しか交換していない(汗。

 普通タイプは、本体をゴロゴロころがしながら、つかず離れずの範囲をできるだけ本体を動かしたり方向転換しないように順序よく掃除しなければならない。 無理すると 本体がひっくり返る。コンセントとの距離も考えないといけない。
 どちらのコンセントからも遠いところはどちらを使うか。後でやり残しがあってまたさっきのコンセントに差し直すこともある。本体がコードの上や敷居をま たぐときもうっとうしい。コードの収納は途中で止まったり、逆に勢いよすぎて手を傷つけたこともある。

 この「ひきずる本体」と「コード」の2点で私はとにかく掃除機が嫌いだった。スティックコードレスタイプにはずっと興味があったが、非力のわりにうるさ いという評価のためにずっと静観していた。欲しいのは、あくまでメインの掃除機だから要求は高い。
 今回、音はでかいが吸引力は予想以上というamazonのカスタマーレビューを見てやっと踏ん切りがついた。使ってみるとたしかに音は大きい。15 年前の普通掃除機よりでかい。「音程」が高いから特にそう感じる。サイクロン式のせいもあるだろう。

 予想はしていたが、本体が一体になっているからそれだけ重い。普通に床を滑らせている分にはいいが、高いところは持ち上げねばならない。非力な私にはそ こがネックでもある。ヘッド交換も、敷居用はあるが、小さい刷毛状のはない。このへんは本体を肩掛けで持ち上げるタイプに軍配が上がる。
 他に重要なポイントは充電時間で、12分ほどの使用時間に対して6時間必要だ。ニッカド電池の寿命は約500回で週1回使用で10年、私ならもっともつ だろう(笑。充電は台の上に立てた収納形でできる。ヨーロッパ産東芝には2時間充電のもあって黄色いデザインがいいが、もっと重いし紙パック式な のでやめた。

 スケルトンのサイクロンはゴミが見えておもしろいし、紙パックがいらなくてゴミ捨てが簡単なのがいい。おそらくはハウスダストのせいで年中鼻の中が赤 く、花粉症でもないのにこの時季ムズムズする私には、空気清浄機以前に頼りになる機械がやってきたことになる。
TWINBIRD コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンスリムEZ スケルトンブラック TC-D779SBK
B00070FT9U
ツインバード
売り上げランキング : 835

おすすめ平均star
star使いやすい!
star便利です。
starコストパフォーマンス高い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 14:42| Comment(2) | 家電/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ごぶさたしております。
なんといいますか、ある時期を境にものすごい勢いでブログが更新されて、帰省とメンテ以外は休まず更新、「チェス界のブログ女王」という印象です。(チェスも分からず毎日読んでます)
以前、ヘッドホンを買ったときもそうでしたが、掃除機の乾燥でここまで話の膨らんだ内容になっているのは脱帽ものですし、面白いです。これからも続けてください。
ちなみに私の部屋はギターがついに7本に!邪魔で掃除機もかけられません。たぶん2本ぐらい売却します。
チェスがメインだというのに、久しぶりのご挨拶でこんなところにコメント付けてすみません(汗)
Posted by GT at 2006年04月12日 19:15
 ご無沙汰というか、良く来てくれました。
 あのときは、発展的解消した方がお互いの将来のためかと思ったけど、私は自分のメディアチェックだけになっても本業は相変わらず(汗。

 ブログはamazonに刺激されて以降、妙な意地で続いてる。最近やっとまたマイナージャンルも書き出したけど(ほんとうはチェスがいちばんマイナーな気も)、読まれていたとは。元気にしてるかと私もLS○○をたまにチェックしてました。

 私の銭金ぶりを知る人にこそ、このぼやき節は受けるのでしょう。また久々にカラオケでもしましょうか。うちは、電子レンジの中がさらにすごいことになっています(笑。
Posted by 水野優 at 2006年04月12日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。