ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年04月03日

ラスカー『チェスの常識』No.7&8その4

 昨日は阪神に大敗したが、負けるときは大敗しても接戦で勝っていけばいい。去年セリーグ最少得点なのに4位になったのはその戦略(?)のおかげだ。しか し序盤で決定打が出てれば流れが変わっていただろうという試合が多すぎる。采配以前のメンタル面の問題でもあるのだろう。


エマヌエル・ラスカー『チェスの常識』(1917)
No.7 & 8 その4

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
r4rk1/1b2bppp/ppq1pn2/2ppB3/5P2/1P1BP1N1/P1PPQ1PP/R4RK1 w - -

 ゲーム(アムステルダムでの国際大会)はこう続きました。

1 Nh5 Nxh5 2 Bxh7+ Kxh7 3 Qxh5+ Kg8 4 Bxg7 Kxg7 5 Qg4+ Kh7 6 Rf3 e5 7 Rh3+ Qh6 8 Rxh6+ Kxh6 9 Qd7 Bf6 10 Qxb7 Kg7 11 Rf1 Rab8 12 Qd7 Rfd8 13 Qg4+ Kf8 14 fxe5 Bg7 15 e6 Rb7 16 Qg6 f6 17 Rxf6+ Bxf6 18 Qxf6+ Ke8 19 Qh8+ Ke7 20 Qg7+.

 そして白の勝ちです。

 優勢を明確にできないときは、普通のペースの攻撃でよしとすべきです。拠点へと前進し、相手の防御ラインの近くに新たな拠点を順に作り上げていきます。 その際は、プランがすべてで、時間は二の次です(これらの講義の第3,4,5,6ゲームと比較されたし)。一般的に、攻撃の「ペース」が遅いからといっ て、あまり顕著でない優勢が緩和されてしまうことはありません。名人は乱暴で短期的な攻撃をほとんどしません。そういう駒の動かし方はたいてい評価が低い からです。

 モーフィーのゲームをいくつか見ていきましょう。

1 e4 e5 2 f4 exf4 3 Bc4 d5 4 exd5 Bd6 5 Nc3 Nf6 6 d4 0-0 7 Nge2 f3

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnbq1rk1/ppp2ppp/3b1n2/3P4/2BP4/2N2p2/PPP1N1PP/R1BQK2R w KQ - 0 8

 白のキングがeファイルで阻害されているので、モーフィーは、キングが安全にキャスリングできないようにポーンをサクリファイスしました。注目すべき は、サクリファイスの後で、白のhとfポーンがひじょうに弱くなってどちらも孤立することです。

8 gxf3 Nh5 9 h4

 9 Be3といった展開する手で防御した方がましでした。そうすれば以下のように続いたかもしれません。9...Re8 10 Qd2 Qe7 11 Ne4 Bf5 12 Bd3.

9... Re8 10 Ne4

 fポーンかクイーン側ビショップでしか攻撃できない白の拠点の一つを占めるゆえに見事な遮断です。

10... Bg3+ 11 Kd2 Bd6 12 Kc3

 白は、不必要に新たな危険に身をさらしました。c3とすればキングを安全に退却させられました。

12... b5

 白のキングが避難場所に選んだ側へのラインを即座にすべて開きます。

13 Bxb5 c6

 黒の ...Qa5+の狙いが、結果的にe4で好位置のナイトを白に断念させます。

14 Nxd6 Qxd6 15 Ba4 Ba6 16 Re1 Nd7 17 b3 Nb6 18 Bxc6 Rac8

 6手のエネルギッシュな攻撃手順の結果、すべての黒ピースに開いた長いラインができました。

19 Kd2

 黒には、ナイトかクイーンでポーンを取ってピース得する狙いがあります。19 Kb2はすぐに負けます。19...Bxe2 20 Rxe2 Rxe2 21 Qxe2 Na4+ 次の手でクイーン取りかチェックメイトです。

19... Rxc6 20 dxc6 Bxe2 21 Rxe2 Qxd4+ 22 Ke1 Qg1+ 23 Kd2 Rd8+ 24 Kc3 Qc5+ 25 Kb2 Na4+

 白投了。26 bxa4なら 26...Qb4#. 26 Kb1なら 26...Nc3+でまずクイーン取られ、次にルックを取られる。


 気になる新刊だが、分かりにくいタイトルだ。世界チャンプを最も長く保持したエマヌエル・ラスカー、未だ研究され尽くしたとはいえない彼の才 能を、GMソルティスが100以上のゲーム解説を通して洞察するという実戦集である。上記のバード・オープニングの名局も入っているかな。
Why Lasker Matters
0713489839 Andrew Soltis

B T Batsford Ltd 2006-02-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 13:54| Comment(0) | Lasker『チェスの常識』講義(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。