ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年03月23日

シシリアン・ディフェンス:ドラゴン前半

 昨日届いて書評した『英語多読完全ブックガイド』で紹介されているめぼしい本をamazonで確認し、「なか見!検索」までちら読みしてたら昨日は終 わっ た。私の場合は翻訳したい本のネタ探しも兼ねているが、和訳されている人気本ばかりなので、強いて言えば古典本の新訳くらいだろうか。


A. P. ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』
第12章 シシリアン・ディフェンス 1 e4 c5
I:ドラゴン・ヴァリエーション前半

 2 Nf3 d6

 2...Nc6, 2...e6, 2...Nf6は後に検討する。2...a6はめったに指されない。とがめようとする 3 c4のメリットは少ない。3...Nc6 4 d4 cxd4 5 Nxd4 Nf6 6 Nc3 e5 7 Nf5 d5 8 cxd5 Bxf5 9 exf5 Nd4 10 Bd3 Nxd5(10...Be7に白の最善は 11 Bg5! Nxd5 12 Bxe7) 11 Be4 Nb4 12 0-0 Rb8 13 Be3 Bc5 緊張した戦いの中で黒に互角のチャンス。
 2...a6後の白の最善は 3 c3であ る。Gufeld-Taimanov(第31回ソ連選手権1963)では、3...d5 4 exd5 Qxd5 5 d4 Nf6 6 Be2 e6 7 0-0 cxd4 8 cxd4 Nc6 9 Nc3 Qd6 10 Be3 Be7 11 Nd2 Nb4 12Nc4 Qd8 13 Bf3 Nbd5 14 Bg5 0-0 15 Qb3 Rb8 16 Rad1 b5 17 Ne5 白に好チャンス。
 Katalimovの興味深い手 2...b6!?は、 3 d4 cxd4 4 Nxd4 Bb7 5 Nc3 a6 6 Bd3 g6 7 Be3 Bg7 8 0-0 d6 9 f4 Nd7 10 Qe2 Ngf6 11 Rae1 0-0 12 h3 b5 13 a3 Rc8 黒は積極的な作戦を始める態勢(Khasin-Katalimovスパルタク選手権1963)。実戦によると可能な手順である。

 3 d4

 3 b4(ケレスまたは遅延ウィング・ギャン ビット)への黒の最善は、3...cxb4 4 d4 Nf6 5 Bd3 d5 6 Nbd2 e6.
 検討に値するのは 3 Bb5+である。d4 を準備する 3 c3は、黒に 3...Nf6か らの反撃を許す。4 Qc2への最善は 4...Qc7と思われ、白の d4前進がさらに難しくなる。興味深い戦いLevin-Shiyanovskyウクライナ選手権1959では、3 c3 Nf6 4 Bd3 Nc6 5 0-0 Bg4 6 h3 Bh5 7 Bc2 Qd7 8 d3 g5!? 9 Bxg5 Rg8 10 Bf4 Qxh3 11 Bg3 Qd7 鋭い戦い。

 3... cxd4

 ときおり 3...Nf6として 4 Nc3を誘発し、ラウザー・ヴァリエーション 3...cxd4 4 Nxd4 Nf6 5 f3を避けることがある。3...Nf6に白は、4 dxc5 Nxe4 5 cxd6 Nxd6 6 Bf4 黒陣へ強力な圧力。

 4 Nxd4

 Tchistiakovの変化 4 Qxd4 Nc6 5 Bb5 Bd7 6 Bxc6 Bxc6も悪くない。7 c4 Nf6 8 Nc3 e6 9 0-0 Be7 10 b3 0-0 11 Bb2 a6 チャンスはほぼ互角(Gunsberger-Gipslis世界学生選手権1959)。

 4... Nf6

 すぐこうするのが最善である。4...Nc6や 4...g6には、白が 5 c4!とでき、d5マスが白の手中に落ちるだけでなく、黒はクイーン側の黒マスでの通常の反撃ができない。


 HPには加筆修正して上げようと思いつつなかなかできないのでどうしようと思っていたソコルスキー訳だが、とりあえず続けてみた。ドラゴンの前半はドラ ゴンまで行かなかったので、以下に 3 Bb5本を紹介する。訳あってZuhoさんからお借りしていた。ゲーム解説が主で枝分かれはあまり整理されていないから、たくさん並べる人向けだろう。だ から ロレンさんに合ってるのかな?(笑。
The Sicilian Bb5 Revealed (Revealed S.)
The Sicilian Bb5 Revealed (Revealed S.) Neil McDonald

B T Batsford Ltd 2005-09-30
売り上げランキング : 106,205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
水野優さん、こんばんは。お久しぶりです。
レイアウトが春めいてやわらかい感じだと思いました。

Bb5ラインをAnti-Sicilianのメインウェポンとして使うならば
とりあえずこの本は読むと思います。
でもEveryman ChessのRichard Palliser著の本も捨てがたいです。
結局、両方並べそうな気がします。

僕はBb5のラインは、ほとんど知りません。
OTBでやってみましたが、知っててやった訳ではなく
GMがトーナメントでやってたのを見て真似た程度です。
基本的にオープニングがあまりにいい加減すぎるのです…。
今になって付け焼刃的に棋譜並べしています(汗←水野優さん的にはこんな感じです(笑)
Posted by loren at 2006年03月24日 22:28
 早速のBb5フォローどもです。これで字が大きめなら申し分ないのですが>レイアウト
 私も黒番でアンチシシリアンをどうするかをちょっと対策した経験くらいしかありません。
 トーナメントへ向けての準備大変そうですが、長期的な準備は逆算して万全を期せるので楽しみもありますね。
Posted by 水野優 at 2006年03月25日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。