ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年02月27日

カロカン・ディフェンス:パノフ・ボトヴィニク

 雑誌でたまたまハローキティのキャラクターグッズ広告の中にそのプロフィールを見つけた。有名な「体重:リンゴ3個分」には誰もが突っ込みを入れたく なるが(笑、「さそり座A型/得意科目:英語と音楽/夢:ピアニストか詩人になること」は、詩人を翻訳家に置き換えれば、すべて昔の私にあてはまる(だか らどうした)。


A. P. ソコルスキー『現代定跡の理論と実践』
第11章 カロカン・ディフェンス 1 e4 c6
II:パノフ(・ボトヴィニク)・アタック

    2 d4 d5 3 exd5 cxd5 4 c4

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnbqkbnr/pp2pppp/8/3p4/2PP4/8/PP3PPP/RNBQKBNR b KQkq c3 0 4

 これがパノフ・アタックである。白がdポーンを攻撃し、c5もあるとほのめかしている。4 Bd3なら、黒の最善は 4...Nc6 5 c3 Qc7!(フロールの手) 6 Nf3 Nf6 7 0-0 Bg4.

    4... Nf6 5 Nc3 e6

 5...dxc4 6 Bxc4 e6はクイーンズ・ギャンビット・アクセプテッドの一変化に移行する。
 5...Nc6 6 Bg5!だと、黒はd5の守りが難しい。白は以下のようにセンターで優位に立つ。6...dxc4 7 d5! Ne5 8 Qd4 Nd3+ 9 Bxd3 cxd3 10 Nf3!(Botvinnik-Flohrマッチ1935)。
 5...g6には 6 Qb3!で、黒はポーンを捨てざるを得ない。Tal-I. Zaitsev第30回ソ連選手権1962では、6...Bg7 7 cxd5 0-0 8 Be2 Nbd7 9 Bf3 Nb6 10 Nge2 黒は 10...Bg4としてビショップ交換すれば、ポーンを取りもどす見込みがある。

    6 Nf3 Be7

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnbqk2r/pp2bppp/4pn2/3p4/2PP4/2N2N2/PP3PPP/R1BQKB1R w KQkq - 0 7

 6...Nc6には 7 c5! Be7 8 Bb5がひじょうに強力。
 6...Be7でこの変化の基本局面に到達する。7 Bd3だと 7...dxc4 8 Bxc4 0-0で、おなじみのクイーンズ・ギャンビット・アクセプテッドだが、黒が1手得の局面になる。これを避けるために、白は2つの手順から選択する。
 (1) 7 c5 0-0(興味深いのは 7...Ne4 8 Qc2 Qa5) 8 Bd3(8 b4は弱い。8...b6 9 Bg5 Ne5!) 8...b6 9 b4 a5 10 Na4! 黒は 10...Nbd7 11 Bf4 Nh5! 12 Bg3と鋭く指すか、10...Nfd7 11 b5! bxc5 12 dxc5 e5(12...Nxc5はだめ。13 Nxc5 Bxc5 14 Bxh7+...) 13 c6 e4 14 cxd7 Nxd7 15 0-0 exf3 16 Qxf3 Ne5 17 Qb3 Nxd3 18 Qxd3 d4! 19 Bf4 Bb7 チャンスはほぼ互角(Sokolsky-Simagin第6回ソ連郵便選手権1963)。
 (2) 7 cxd5 Nxd5 8 Bd3 または 8 Bc4. 同様の局面はクイーンズ・ギャンビットでも生じる。


 現在ではカロカンの中で最も激しい変化へ発展していて、クイーンズ・ギャンビット的な感覚だけではとても指せない。いずれ補完してまとめたい。
Karpov's Caro Kann: Panov's Attack
071349011X Anatoly Karpov

B T Batsford Ltd 2006-05
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
KITTYのぷろふ、まんま、水野様の
ぷろふと同じと言うのには、驚き!
(昔の事で、偶然だとしても、驚きだ)

マイパソ未だ故障中。
ネットカフェにて入力中です。
Posted by 鷹野晴信 at 2006年02月28日 14:53
 んなしょうもないことにまでコメントどもです。
 ピアノは19からかじっただけだから夢というのは大袈裟ですが(汗。
 そういえば本八幡のあの中古レコード屋のところにもネットカフェがありましたね。
Posted by 水野優 at 2006年03月01日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。