ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2010年01月05日

Burgess『The Mammoth Book of Chess』レビュー

 次の翻訳出版はチェス総合書を優先させると言っていたが、以下の本の訳を見切り発車で勝手に進めている。
 
【書名、著者】
"The Mammoth Book of Chess NEW, FULLY REVISED AND UPDATED EDITION"
Graham Burgess 1988-2009 Running Press Book Publishers(USA) p.570
 私のはイギリスのRobinson版だが、同じく最新の第三版。安いが紙質と製本は全くのペーパーバック仕様。
 
【概要】
 大きくは「チェスの習得」「チェスの世界」「チェスの基本情報」という一風変わった3部に分類されているが、その内容は目次にあるようにルールから序中 終盤、メイト、戦術、コンビネーション、対局時計、競技会、コンピューター、ネットチェス、スタディ、さらに用語集、歴代世界チャンピオン、名人たちが始 めたきっかけといったコラム的要素まで含み、戦術や攻撃防御の説明には19世紀から2009年の名局までが惜しげもなく使われている。
 
【推薦理由】
 2度の改定で研ぎ澄まされたむだや無理のない説明に加えてテーマや難易度がバラエティに富んだ問題。初心者はルール、メイト、戦術…と学習できるが、コ ンビネーションは中級者以上をうならせる良質な難問ぞろい。読むだけでも1400、完全にマスターすれば1800。そうならない者はチェスに向いていない と断言していい!
 数十年間に日本語で書かれたチェスの入門書は20冊を超えるが、情報が古くなるとはいえロングセラーは少ない。ピノー氏の「ダイナミックチェス入門」は やや主観的とはいえボリューム的にも良書なのに絶版。古すぎる定跡が改められることもなく「ヒガシコウヘイのチェス入門」が未だに再版されている状況は、 初心者をバカにしているとさえ思わせる。
 単行本1冊でルールから中級までカバーするのは無理だからシリーズを組んだのが河出書房新社のチェス・マスターブックス。微妙な改定で続いているが、そ もそも1冊ずつのボリュームが少ないから、せっかくのシリーズのメリットを十分に果たしたとはいえない。
 訳じゃなく自分で書くなら総合書(事典、百科)と思っていたが、訳の半年に比べて1年以上かかるだろうし、実戦例の解説部分には著作権があるので丸々パ クれないもどかしさもある。そう考えると、本書を訳せば、あまり知られていないのがもったいなかった3冊シリーズの翻訳書「チェスの教室」のはるかにしの ぐものになり、以後10年は新たにチェスの入門書を出す必要がなくなるだろう。よほど子供向け以外は出す意味すらなくなる。
 
【翻訳】
 できれば「チェス戦略大全」の2,3巻の間、今年の夏から秋頃に出したい。訳自体は半年で終わると思うが、局面図入りのデータを効率よく処理する方法が 必須。海外にはありそうだし、対局ソフトにコメントを付ける形でいいのがあれば使いたい(買いたい)。ネットチェス等には日本ローカルな補足が必要。
 装丁は400ページ、横書き、左右段組、ソフトカバー。3000円でも、通読後も手元に持っておきたい内容なので売れるだろう。
 
【目次】
GMジョン・ナンの序文
記号と略号
序文
第2版への序文
第3版への序文
FAQ

第1部:チェスの習得
メイト問題 解答
戦術
コンビネーション 解答
終盤 解答
定跡
 オープンゲーム
 セミオープンゲーム
 クイーンポーンゲーム
 その他雑多
攻撃と防御 解答

第2部:チェスの世界
始めるきっかけ
対局時計
競技会
コンピューターとネットチェス
パズル 解答
女性、ベテラン、ジュニアと通信チェス
終盤スタディ
メディアのチェス

第3部:チェスの基本情報
チェス用語集
簡単な世界チャンピオン史
付録A:チェスのルール
付録B:記譜法
付録C:基本的なメイト
付録D:文献
ゲーム索引
定跡索引

 せっかく中級者以上向けの『チェス戦略大全』シリーズが出たのだからもっとレベルの高い本が続いてほしいと思っている方は多いと思うが、同書が難しすぎ るという意見も聞かれる。私は長らく入門から中級までを1冊にまとめるのは無理と言ってきたが、ルールの説明から『チェス戦略大全』までの橋渡し を1冊で済ませられる(他の入門書がいらない)なら、こういう本こそ世に出すべきだ。もちろん実戦も並行してやらないとなかなか上達できないけどね(笑。

The Mammoth Book of Chess
Graham Burgess
The Mammoth Book of Chess
Running Press 2010-01-05
売り上げランキング : 11350


Amazonで詳しく見る
posted by 水野優 at 12:52| Comment(0) | チェス(洋書評 その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。