ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年02月06日

フレンチ・ディフェンス:序論〜エクスチェンジ

 昨日のテレ朝「アタック25」最後のヨーロッパ旅行をかけての視覚問題にチェスが出てきた。最初の映像でビニール製公式盤と駒が映り、手前の黒が ...Bg4と動かすシーンだけだが、その後、独立宣言、雷、100ドル紙幣等が続いて解答はベンジャミン・フランクリン、今年が生誕300年である。
 解答者はジェファーソンと間違えたが、私はちょうど「マスターズ」で書いたばかりのアメリカン・チェス大会について調べたときに、彼が新大陸最初 のチェスプレーヤー&作家と見なされていることを知ったばかりなので、すぐにフランクリンだと分かった。


A. P. Sokolsky "The Modern Openings in Theory and Practice"
第10章 フレンチ・ディフェンス 1 e4 e6 2 d4 d5
序文〜I:エクスチェンジ・ヴァリエーション

 黒は、1 e4に対して 1...e5と対称的に応じねばならないのだろうか? 論理的に言うと、黒が対称形に固執するかぎり、白の先手の利が生き続ける。そこで、黒は独自の手 順に従った方がいいという考え方が生まれた。
 ひょっとすると、dポーンの一突きでもeポーンの前進に対抗できるかもしれない? たしかに、1 e4 d5(センター・カウンター・ディフェンス) 2 exd5 Qxd5 3 Nc3だと、白は展開しながら手得になるが、前もって 1...e6としておけば、黒は展開でハンデを追わずに ...d5とできる。
 1 e4 e6 2 d4 d5で、よく知られたフレンチ・ディフェンスの出発点にたどり着く。

  a b c d e f g h  
 8   8 
 7   7 
 6   6 
 5   5 
 4   4 
 3   3 
 2   2 
 1   1 
  a b c d e f g h  
rnbqkbnr/ppp2ppp/4p3/3p4/3PP3/8/PPP2PPP/RNBQKBNR w KQkq d6 0 3

 この定跡の特徴は、白に、センターポーンの前進 e5で黒陣を抑えつけ、黒のクイーン側ビショップをc8に封じ込める機会があるということである。逆に、黒には ...c5による反撃がある。続く指し手は、双方ともにチャンスがある複雑な戦いとなる。白のeポーンが攻撃されている上図から、白は 3 exd5と交換するか、3 e5と前進するか、3 Nc3か 3 Nd2でeポーンを守ることができる。これらの選択肢がフレンチ・ディフェンスの4つの基本変化となる。

I:エクスチェンジ・ヴァリエーション

    3 exd5 exd5

 この変化だけが対称的な局面になる。おそらく白には、センターでの活発なプレーが大いに見込まれるに違いない。いずれ d4とする 1 e4 e5や 精力的に c4で圧力をかけられる 1 d4 d5と対比すると、白はセンターで安定して固定されたポーンがある中で戦うことになる。
 白のプランに不可欠なのは、キング側キャスリングをしてできるだけ早くルックでeファイルを占めることである。通常この駒組みでは、c3としてdポーン を守る。黒は白と同様に、つまりキャスリングから開いたeファイルでの交換を指向できる。
 対称的な局面では白がわずかに有利になるが、黒はドローにできることが多い。ニムツォヴィッチは別の作戦を抱いた。クイーン側キャスリングからの猛烈な 戦いを提案したのである。この場合も、経験的に黒のチャンスは白と五分五分となっている。

    4 Bd3   Nc6

 4...Bd6なら 白の最善は 5 Nc3で、5...Nf6には 6 Bg5で 0-0-0を準備する。5...c6なら 6 Ne2から Bf4とする。

    5 Nf3

 5 c3なら、黒は 5...Bd6 6 Nf3 Bg4と応じる。白はナイトをe2にも繰り出せるが、慎重さが要求される。例えば、5 Ne2 Bd6 6 Nbc3(6 c3には、アリョーヒンが 6...Qh4を推奨している。7 Nd2なら 7...Bg4で 8 Qb3を恐れず 8...0-0-0のポーン・サクリファイスで強攻) 6...Nge7... キング側ナイトをe2へ展開することで、白はeファイルを迅速に占拠するプランを放棄することになる。

    5...       Bg4
    6 c3     Qd7
    7 0-0    0-0-0
    8 Re1   Bd6

 双方が互いに違う側へキャスリングしたので、それぞれがいずれ相手のキングをポーンの前進で攻撃する。白は 9 b4としてから、ナイトをd2経由でb3から攻撃するか、d2からf1で防御に使う。黒は ...f6, ...g5から ...h5か、ナイトをe7からg6かf5へ繰り出す。この変化は通常激しい戦いとなる。


エクスチェンジ・ヴァリエーションだけの本がないので↓
Winning With the French
0713474149 Wolfgang Uhlmann Malcolm Gesthuysen

B T Batsford Ltd 2002-12
売り上げランキング : 388,053

おすすめ平均star
star最良のFrench入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。