ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年02月04日

シュタットフェルトのバッハ:ゴールドベルク変奏曲

 昨日のNTV「謎を解け!まさかのミステリー」で、小学生が学校で大便を我慢することの解決法が問題になっていた。私の頃は、男子が大をすると「女便」 と言ってからかわれた。これはまだ男女の区別がない便所があったころだから仕方ない気もする。私は言われても全然気にしなかったが。
 最近は、「くせ〜」と言ってからかうらしい。家で誰もがすることを学校でするとそんなに珍しいのか。解答は、男子トイレ「も」全部個室にして大小の区別 を分か らなくしたということだ。男子小便器は、後ろからズボンを引っ張り上げるいたずらもされやすいし、その方がいいかもしれない。最近は小を座ってする男も増 えたらしいし。


 スターデジオ、先週は補足したように、マーラー「巨人」ザンダーの新譜 よりフルニエのドヴォルジャークを貼るべきだった。いずれ、クラシックのレビューもHPへ置きたいので、放送内容にあまりこだわらずに好きなCDをレ ビューしていきたくもある。しかし、チェス記事に比べて手抜きになってきた(汗。

 438ch新譜は、マルティン・シュタットフェルト(ピアノ)でバッハのゴールドベルク変奏曲があった。ピアノでありながらチェンバロをかなり意識した 演奏で、各変奏の後半のリピートは必ずといって右手をオクターブ上げている。チェンバロの上鍵盤だけを弾くイメージだが、毎度のことだと飽きてくる。
 グールドはむしろ超絶的なノンレガートタッチでチェンバロを意識させた。オクターブ移動は、パルティータのメヌエットなどここぞというところだけでやっ ている。マルティンは、カノンのリピートの経過的なパッセージでも即興処理をしているのが独創的だ。

 440ch、田部京子(ピアノ)特集は、シューベルトのソナタ21等以前に聴いた曲が多いが、やはり吉松隆の協奏曲「メモ・フローラ」がいい。これほど 肩が凝らないのに格調高い曲が他に思い浮かばない。たしか吉松が田部を想定した作ったこれを以下に推奨したいが、amazonにないのでゴール ドベルク変奏曲にする。
バッハ:ゴールドベルク変奏曲
B000BNM8MY シュタットフェルト(マルティン) バッハ

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 14:37| Comment(9) | Classical Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田部京子さん、けっこう好きです。5、6枚持ってます。吉松さんのプレイアデス舞曲集だったかな、これは図書館で借りて(笑)焼きました。
Posted by kanedaitsuki at 2006年02月04日 18:58
 おっと、御存知でしたかあ。プレイアデスはたしか未聴ですわ。日本人の現代作曲家は他に武満をよく聴きますが、どちらも元来クラシック畑の人ではないんですよねえ。
Posted by 水野優 at 2006年02月04日 23:23
日本人作曲家だと、一柳慧のピアノソロ曲(タイトル忘れた)が好きで繰り返し聴いていたんですが、その曲の入ったアルバムを引越しの際に紛失してしまいました。残念。
Posted by kanedaitsuki at 2006年02月05日 12:01
 あらまあ。 現代物は、私より詳しいみたいですねえ。私も?ピアニストはけっこう日本人の方が好きです。日本の録音がおおむねオンマイクでドライだということも大きいですが。
Posted by 水野優 at 2006年02月05日 19:45
現代音楽は幼少の頃(笑)少々凝った程度で今はほとんど購入したりしてません。昔買ったのをたまに聴いたり。だからぜんぜん詳しくはないんです。

私はノイズ(ハナタラシ、非常階段、メルツバウ等)のような超濃いインディーズから、アイドルポップスまで広く浅く聴く方です。
フェイバリットはWalkabouts。「フォークロック」とでも呼ぶべき曲調でしょうか。
今はBerryz工房にはまってます(笑)が、車で聴いてるのは昔のribbonのアルバム。「JESSICA」とかなかなかいい一枚だと思う。
深田恭子のアルバムは全体としてはいまいちですね。いい曲もあるけど。

マニアックなコメントですんません・・
Posted by kanedaitsuki at 2006年02月05日 20:04
ちと追加。

一柳のアルバムまだ売ってるようですので、さっそく購入手続きしました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F3NK/qid=1139137811/sr=1-5/ref=sr_1_2_5/249-1083405-6954703
タイトルは「タイムシークエンス」でした。

私の好きなピアニストは、評論家筋には非常に評判の悪いアルフレッド・ブレンデルです。ただし作曲家によってはひどい演奏が多いのは確か。
あとはホロビッツ、バックハウス、シフなどは普通に好きです。
Posted by kanedaitsuki at 2006年02月05日 20:10
 なるる。では現代音楽はおいといて、リボンのジェシカは(サウンド指向で何でも聴く)弟が持っているので知ってます。たしかファンファーレで始まりますね。

 私は基本的に顔フェチ(逆説的な皮肉)なので、昨日も「堂本兄弟」でゲストの肩越しに深キョンを眺めて満足してました。端正でもパーツ小さめの顔は遅れてきた'80年アイドルといえましょう。
 彼女にはクラシックピアノCDを替え玉演奏でもいいから出して、Jクラシックも席捲してほしいなあ(笑。

 アイドルが歌う意義すらなくなってきた昨今ですが、「堂本兄弟」や「歌笑HOTヒット10」での貴重なグラドルの歌唱も注目しています。やはり軒並み下手ですが、リリー・フランキーとライブもやってる安めぐみはバラードでいけそうな気がします。
 若槻嬢はもうCD出してるようですが、意外と普通に歌いますね(笑。

 ブレンデルはシューベルトの即興曲が好きです。
Posted by 水野優 at 2006年02月06日 13:44
>リボンのジェシカは(サウンド指向で何でも聴く)弟が持っているので知ってます。たしかファンファーレで始まりますね。

ファンファーレから始まるやつは「Knight」ですね。ジェシカは「たーなべー、たーなべー、田辺エージェンシー」というのではじまりますどす。
Posted by kanedaitsuki at 2006年02月07日 12:01
 あう。そういえばそれも聴いたような。最後の頃はカシマシ娘と言われてたからなあ(笑>リボン@田辺
Posted by 水野優 at 2006年02月07日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。