ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2006年01月09日

Waitzkin『Josh Waitzkin's Attacking Chess』

 ウェブ上でメンバーオンリーのコミュニティを作るには機能が多彩のmixiを教えても らったが、性別欄必須なので個人的には遠慮した。チェスの場合は サークル限定なら使えるだろうが、国境さえボーダレスに楽しめるチェスには向かないかもしれない。


「本書は、白と黒のエキサイティングなジャングルに読者を誘う…」−ガル リ・カスパロフ

 和訳を出せる見込みを考えるたびにため息が出る"Searching For Bobby Fischer"だが、実在の主人公Josh Waitzkinの"Attacking Chess"(240ページ、'95年、ファイアーサイ ド)を紹介する。子供の頃は全米を制覇した彼も今はIMに落ち着いている。
 19種の戦術(出版社レビューはstrategyとしているが)が攻撃を進展させる様を初歩から解説する。題材には著者自身のゲームを引用する。 私的には"Searching For Bobby Fischer"ラストで巧みにドローにする終盤ゲームを知りたいが、さすがに小学生のときのゲームは使ってないようだ。

裏表紙の一部訳:
 ジョシュ・ウェイツキンは6歳のときニューヨークのワシントン・スクエアでチェスを始め、ブルース・パンドルフィーニに見出され、師事した。13歳でナ ショナルマスター、16歳でインターナショナルマスターになる。全米学生チャンプには8回、'94年には全米ジュニアを制した。ニューヨーク市在住。

目次の訳:
謝辞
序文
1 メイト
2 フォーク
3 ピンと串刺し
4 二重の狙い
5 防御駒の除去
6 ディスカバリー
7 破壊
8 ポーンの猛攻と神風特攻隊(The Power Of The Kamikaze)
9 クイーンのはめ手
10 マイナーピースのはめ手
11 度胸
12 不満な形勢に甘んじない
13 序盤のはめ手
14 穏やかな攻撃手
15 ツヴィッシェンツーク
16 7段目とルック
17 メイトの包囲網
18 メイトへのサクリファイス!
19 総仕上げ
付録:代数式記譜法
索引

1 メイトの一部訳:
 読者は、チェスの技術を理解したと思うたびにそれが戒めでもあると分かってくるだろう。それがチェスの偉大な一面で、身に付けるのが難しい理由でもあ る。分 かったと思うたびに、自分が単に初心者にすぎないことを思い知らされる。私は11歳とのき、世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフの同時対局で指したゲー ムをドローにした。後で、チェス盤にサインをお願いすると、彼は少し考えてからこう書いてくれた。「黒と白のジャングルでの幸運を祈る」。そのときは、意 味がよく分からなかった。しかし今では、チェスが草木と影のだまし合う狂乱だと理解している。カスパロフのような天才にとってもそうであるように。

 レベルは初心者向けだが、こういう著者の経験談もあって楽しめそうだ。
Josh Waitzkin's Attacking Chess: Aggressive Strategies and Inside Moves from the U.S. Junior Chess Champion (Fireside Chess Library)
0684802503 Josh Waitzkin Fred Waitzkin

Fireside 1995-08
売り上げランキング : 628,449


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 13:28| Comment(2) | チェス(洋書評 その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MIXIは私も入ってます。たいていの話題にはもうコミュニティが出来てるんですが、いま検索したら「トランジェンダー」もありました。
Posted by maro_chronicon at 2006年01月09日 16:00
 どもです。そういうことも入会しないと分からないのはちと困りますねえ。
Posted by 水野優 at 2006年01月10日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。