ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2008年12月02日

邦画「神童」レビュー

 ピアノ演奏シーンを(音は差し換えとしても)けっこう役者本人がやっているという触れ込みだったので、スカパーで見た。たしかに、主演の成海璃子は、最 後のオケとモーツァルトのニ短調協奏曲を共演するところも要所を弾いている。松山ケンイチが弾いているところは引きでしか映らない。
 「のだめ〜」以後のクラシック音楽ネタ映像作品は、平易かつマニアもうならせるという難題をクリアしなければならなくなった。それまでがあまりにひどす ぎたからでもある。しかし、私が知らない曲が1つくらいあってほしかった(笑。

 松山の父親役が柄本明なのは納得のキャスティングだ。カメレオン俳優と呼ばれるほど様々なキャラをこなす松山だが、普通の役で大成するなら、最近しぶい 演技を見せている西島秀俊のようになるような気がする。と思ったら西島は亡くなった成海の父親役だった。
 ストーリーにも触れておくと…一浪しての音大受験で後がない松山が、知り合った天才ピアノ少女成海に手を握ってもらった加護で受験をパスする。成海の亡 くなった父と松山の担当教官が知り合いだったり、父の形見のグランドピアノが借金のかたに押さえられたり…。

 圧巻は、あり得ない話だが、来日した有名ピアニストのドタキャン代役に成海が上記のニ短調を弾くシーン。その後病気で倒れてしまうが、ラストは清々し い。

神童 [DVD]
成海璃子.松山ケンイチ, 萩生田宏治
神童 [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) 2007-11-21
売り上げランキング : 18133

おすすめ平均 star
star原作との落差に絶句
star才能を持つことの輝きと残酷さ
starラストにかけて駆け足に・・・

Amazonで詳しく見る
posted by 水野優 at 19:53| Comment(2) | Classical Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
わたしもようやく観ました。

ふつうに、楽しんで観てしまいましたが、
水野さんをはじめとして皆さん
原作との落差をがっかりされている方
多いですね…!
原作を読んでいなかったので…
読みたくなりました!

さそうあきらさんって
けっこう、なんというか
ヘビーな感じの漫画家さんですよね。
なので、わりとさらっとさわやかに
流れた感じの映画なので
ちょっと意外でした。
同じくさそうあきらさん原作の
「俺たちに明日はないっス」
観てみようと思いました。

わたしも
(原作読んでないうえでの感想ですが)
感想をUPしていますので
よかったら遊びに来てくださいね。

Posted by 永岡瑞季 at 2008年12月17日 06:14
 初めまして。コメントありがとうございます。シーサーがにぶくてなかなか永岡さんのコメントが表示されませんでした(汗。

 私も原作は未読です。しかも役名にすら触れなくてレビューになってませんね…。

 永岡さんのブログ拝見しました。「俺たちに明日はないっス」も。ストレートに内容が伝わってきますね。ってここに書いてもしょうがないのですが。
Posted by 水野優 at 2008年12月18日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。