ホームページは「チェストランス」です。古い記事では図の駒が表示されません。

2005年12月03日

マスターズ第8回:聖アマン−スタントン

 例の耳掛け式ワイヤレスヘッドホンは、耳掛けを改造してはさむ痛さは何とか軽減したが、やはり外の騒音に対してはほとんど無力である。下階(界)人のが さつな物音をシャットアウトするためにもソニーの密閉式を買って、それと併用する専用の改造眼鏡を用意するしかなかったか。


 横暴な素行とは違って、スタントンの棋風は奇妙なことに特に攻撃的というわけではなかった。他のトップ プレーヤーと同じく、相手の戦術戦略ミスにつ け込む(戦略はゲームの全体的プランで、戦術はそれを実現する個々の方法)が、ロマ ンティック時代の殴り合いとは一線を画した。
 真面目で正確な棋風、優れた知識と卓越した技術は、カフェ・レジャースでの聖アマ ンとのリターンマッチのときには、当時の標準レベルを 上回っていた。その第5 局が彼のスタイルを象徴している。クロックのない頃、聖アマンは9時 間半の末の疲労で39手目にブランダーが出てしまった。

聖アマン−スタントン 第5局 1843年、パリ

1. e4 c5 2. f4 e6 3. Nf3 Nc6 4. c3 d5 5. e5 Qb6 6. Bd3 Bd7 7. Bc2 Rc8 8. O-O Nh6 9. h3 Be7 10. Kh2 f5 11. a3 a5 12. a4 Nf7 13. d4 h6 14. Re1 g6 15. Na3 cxd4 16. Nxd4 Nxd4 17. cxd4 g5 18. Nb5 Bxb5 19. axb5 Rc4 20. Bd3 Rc8 21. Be2 gxf4 22. Rf1 Ng5 23. Bxf4 Ne4









2r1k2r/1p2b3/1q2p2p/pP1pPp2/3PnB2/7P/1P2B1PK/R2Q1R2 w k - 0 24

24. Rc1 Rxc1 25. Qxc1 Kd7 26. Qe3 Bg5 27. Bd3 Rg8 28. Bxe4 dxe4 29. Bxg5 hxg5 30. Qb3 g4 31. Rd1 gxh3 32. Qxh3 Qd8 33. d5 Kc8 34. Qc3+ Kb8 35. d6 f4 36. Qc5 e3 37. Qc2 Qh4+ 38. Kg1 Rc8 39. Qe2 Rh8 0-1

 おそらくスタントン最大の功績は、1851年に世界初の国際大会を実現させたことである。彼自身は振るわず4位に終わり、以後実戦から遠ざかっていく。シェークスピアの研究に没頭するようになり、1858,59年にモーフィーとのマッチを断る口実にもした。
 1857〜60年にかけて、サー・ジョン・ギルバートのイラスト付きの新しいシェークスピア集を出版する。64年には4巻組で再版された。そのテキスト は、当時としては学究的なもので、フォリオや初期のクォート版と照合 している。


 何の情報もないから書評はできない"The Chess Player's Handbook"↓は、プロジェクト・グーテンベルクに上げられていない。そこに上がっている"The Blue Book of Chess
Teaching the Rudiments of the Game, and Giving an Analysis of All the Recognized Openings
"は、序盤メインに話が進んでいる内容で、ちょっと訳す気にはなれない(汗。
The Chess Player's Handbook
1843820889 Howard Staunton

Hardinge Simpole Ltd 2003-05-06
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 水野優 at 13:56| Comment(3) | マスターズ(チェス近代史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聖アマン対スタントンのこの局をチェスベースで検索すると「C00」となっている。シシリアンがCに分類されるとは。こういうことはd4ではじまるゲームではありうる。
Posted by kathmanz at 2005年12月03日 22:33
 d4ゲームならよくあるということですよね。シシリアンのグランプリからフレンチへの移行はけっこうあるのかなあ。
 明日のチーム戦はおもしろいと思ってたんですけが、寒いというだけで気力なしです(汗。チームが未定のようですが、がんばってください。
Posted by 水野優 at 2005年12月03日 22:57
いつもお騒がせしてます。kathmanzです。たしかに言われてみればフレンチです。失礼(局面みろよっ。

「1.d4 Nf6」は「A」か「D」か「E」か決まらないですよね。移行もよくある。
Posted by kathmanz at 2005年12月04日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。